× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ

NEWS

2021.06.18

画家・蟹江杏さんの個展GINZA SIXで6月24日(木)から

『あんずのあいうえお』『あんずとないしょ話』の著者で、画家の蟹江杏さん。新作の個展が6月24日(木)から30日(水)まで、東京銀座のGINZA SIXにあるアールグロリュー ギャラリー・オブ・トーキョーで開催されます(詳細はギャラリーHPを参照)。

太陽と星の色を持つ画家、蟹江杏さんの新作を初公開。あたたかな眼差しで万物を包み込み、独自の視点と感情とともに画面に落とし込む杏さんの線と色の魔法の世界をお楽しみください。

2021.06.18

読者が選んだ第1位の村は?【フランスの小さな村】更新!

☆行ってみたいフランスの小さな村
第5回 失った「なにか」を思い起こす美しい村【ルールマラン】
木蓮


読者アンケートで映えある第1位に輝いた村は、木蓮さんにとっても特別な思い出のつまった村。今、あらたなファンが増えつつある作家アルベール・カミュが眠っているプロヴァンス・リュベロン地方の村です。

2021.06.17

【廃墟をめぐるインタビュー】最終回はオススメツアーも紹介!

☆廃墟から「未来」が見える
【最終回 あなたを変える廃墟への旅】
「J-heritage」代表・産業遺産コーディネーター/前畑洋平


産業遺産の保存活動や、廃墟を愛するファンのためのツアー企画などに取り組んでいる前畑洋平さんへのインタビュー。最終回は初心者にもおすすめの廃墟ツアーも紹介してもらいます。多様な課題を抱える未来へのヒントになるかもしれませんよ。

2021.06.15

【廃墟インタビュー】更新。廃墟マニアってどんな人たちなの?

☆廃墟から「未来」が見える
【第3回 マニアのディープな世界】
「J-heritage」代表・産業遺産コーディネーター/前畑洋平


産業遺産コーディネーターの前畑洋平さんに聞く廃墟の魅力。3回目は、人知れず廃墟を愛でてきた「廃墟マニア」の話題から、日本の近代化を支えた産業遺産としての廃墟、さらにその保存や記録と現在の私たちのかかわりについて聞きました。

2021.06.11

忘れられていたルノワールの絵画【南仏観光案内】更新

☆ニースっ子の南仏観光案内
第13回 ルノワールの面影が残る美術館【カーニュ・シュール・メール】
ルモアンヌ・ステファニー


晩年にリュウマチがひどく、健康のために冬は暖かいところで過ごすことをすすめられたルノワールは1907年に南仏に到着。カーニュで土地を見つけて一軒家を建て、1908年から住み始め、亡くなる1919年まで毎年冬をこの地で過ごしました。

2021.06.09

廃墟をめぐるインタビュー更新。廃墟と産業遺産の違いとは?

☆廃墟から「未来」が見える
【第2回 廃墟が文化財を変える!?】
「J-heritage」代表・産業遺産コーディネーター/前畑洋平


きれいに建物が補修されて見学路が整えられている富岡製糸場、軍艦島やマヤカンのように朽ちた景観のまま保存されるもの、そして戒めと悲しみの記憶を留める原爆ドーム・・・文化財の保存や整備のあり方が多様になってきたようです。

2021.06.08

楽しく学べてすぐに実践できる情報が満載!メルマガ配信

ますます進む少子高齢化。だからこそ、誰もが健康で自分らしく心豊かに暮らせる“今とこれから”を考えたいですね。「面白かった!」「眠くならなかったのは初めて!」と中高生をも感動させたトークの名手によるセミナーをはじめ、楽しくてすぐに役立つ情報満載です。メルマガ56号をぜひお読みください。
★バックナンバーはコチラから。
★新規登録はコチラからどうぞ!

2021.06.07

【新連載】トラベル・ジャーナリスト寺田さんの伊豆大島だより

☆伊豆大島ぐらし
第1回 カフェの名前はHav Cafe
トラベル・ジャーナリスト/寺田直子


好評発売中『フランスの美しい村を歩く』の著者・寺田直子さんは、100カ国近い国を訪れ、1年の半分近くを国内外の宿泊施設で過ごしてきたトラベル・ジャーナリスト。この春、寺田さんから「伊豆大島に拠点を移しました!」と思いがけない便りが届きました。海風にのせて島ぐらしの日々をつづる新連載の始まりです!

2021.06.04

【新連載】廃墟の魅力を探るインタビューです!

☆廃墟から「未来」が見える
【第1回 “マヤカン”を知っていますか?】
「J-heritage」代表・産業遺産コーディネーター/前畑洋平


マヤカンは「廃墟の女王」と呼ばれる古いホテル。それがなんと国の登録有形文化財になると聞き、保存に取り組むNPO代表の前畑洋平さんにインタビュー。廃墟の魅力について4回にわたり聞きます。

2021.06.02

雨の夜のお散歩はキラキラコーデ【シーラの着物ライフ-6月】

☆シーラの着物ライフ12カ月
June:Glitter on a rainy night
十文字学園女子大学教授、着物研究家/シーラ・クリフ


帯や草履、バッグもキラキラ。雨の夜の街に映えるコーディネートとは?

2021.05.26

老舗蔵に新風吹き込む跡取り兄弟【味噌蔵めぐり】更新

☆にっぽん味噌蔵めぐり
【第9回 新桶で仕込む、兄弟の新しい挑戦(足立醸造・兵庫県)】
実践料理研究家・みそ探訪家/岩木みさき


兵庫県の山間にある老舗蔵では、蔵を継いでいく兄弟が若手桶職人チームとともに、農薬・肥料を使わない農法で栽培した大豆と玄米で木桶仕込みの味噌を造り始めました。

2021.05.24

【イタリアの美しい村】をめぐる新連載がスタート!

☆忘れられないイタリアの美しい村
第1回 ぶどう畑を見おろす小さな村【モンテフィオラッレ】
トスカーナ自由自在/中山久美子


美しい村をめぐる新連載がスタートしました。今回の旅はイタリア。南北に細長く、四季の変化に富んだイタリアではどんな村に出合えるのでしょうか?
ウェブサイト「トスカーナ自由自在」でさまざまなイタリア情報を発信するトスカーナ州在住の中山久美子さんが、思い出深いシーンや見どころを交えながら村を案内してくれます。

2021.05.20

メルマガ配信。子どもの権利について考えます

子どもと過ごす時間が増えたり、思うように親と会えなかったり・・・ままならぬ日が続く今こそ子どもの権利について考えませんか?素敵な本屋さんでのイベントやワークショップのご案内をお届けします。メルマガ55号をぜひお読みください。
★バックナンバーはコチラから。
★新規登録はコチラからどうぞ!

2021.05.19

もう一度行きたい!天空の村【フランスの小さな村】更新

☆行ってみたいフランスの小さな村
第4回 天空の村は花の村【コルド・シュル・シエル】
木蓮


読者アンケートで選ばれた「行ってみたい村」トップ5の隠れた見どころを、『フランスの小さな村を旅してみよう』の著者・木蓮さんが順番に紹介していく連載の第4回。今回はアンケートで第2位となった「天空の村」コルド・シュル・シエルを紹介します。

ページの先頭へもどる