× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 イベント・キャンペーン 新刊・既刊案内 お問い合せ
美しいくらし
伊豆大島ぐらし トラベル・ジャーナリスト
寺田直子
第13回 初めてのワンオペ繁忙期
 今年のゴールデンウイーク(GW)は、3年ぶりで緊急事態宣言でもまん延防止期間でもない大型連休となり、伊豆大島にも多くの観光客の皆さんがお見えになりました。
 開業以来、新型コロナウイルスとともに過ごしてきた「Hav Cafe」。昨年のGWは臨時休業や入店の人数規制などを設けながらの営業だったため、今年はカフェにとって初めての集客ピークとなりました。

 実際、GW中は連休初日から波浮港にもたくさんの観光客の姿がありました。前半はちょっとお天気が悪かったのですが、それでもカフェ前の昭和の面影を残す商店街には、散策や写真を撮るカップル、ご家族連れ、ひとり旅の方がひっきりなしに往来。話に聞くところでは、船と飛行機、宿やレンタカーなどは満室・満杯だったようで、「レンタカーが予約できなかったのでバスでまわっています」といった観光客の方もいらっしゃいました。おそるべしGW……。

 通常、Hav Cafeは土曜日から火曜日の週4日営業ですが、今年のGWはそれに加えて6日間の特別営業をプラス。計10日間をワンオペレーションで決行しました。ワンオペでどこまでできるかチャレンジしたかったのと、GW中の観光客に対応する島内の飲食店数があきらかに足りないことがわかっていたからです。
 特にHav Cafeのある南部地域は飲食店が絶対的に足りません。波浮港にもゲストハウスや1棟貸しのお宿が増え、食事を希望される宿泊者も増えています。そんな方たちのために、少しでも利便性あるおもてなしができればとの思いもありました。

 結果として、期間中は想像以上に大勢の方がご来店。たっぷり多めに仕込んであったピザトーストや大島牛乳なども、最後は品切れ状態に。そして、私の体力も後半は息切れ状態に……。
 大型連休の営業は初めてとはいえ、ワンオペの限界、来客数見込みの甘さなど多くの課題が残されました。今年の夏休みはコロナ前のようなレジャー客数が期待されるだけに、Hav Cafeとしても今後の対応策が必須。いろいろと思考する日々なのです。

 観光客が戻ってくることは、伊豆大島に限らず日本の経済を回すことを考えればうれしいことです。半面、コロナ禍以前に戻るだけの現状にも疑問を感じています。なぜならコロナ禍によるさまざまな気づきは、薄利多売、今回のようなGWやお盆、年末年始といった繁忙期の一極集中といった観光産業が抱えてきた産業構造や収益構造を、変える機会でもあったはず。
 遠出をせずに近場で楽しむマイクロツーリズムや、混雑する密を避けるためにピークシーズンを外した「ずらし旅」など、新型コロナウイルスの影響によって生まれた旅形態は、これまでの観光産業が取り組むべきジレンマの解消につながるものでもあります。この2年以上に及ぶ経験を活かさずに元に戻るだけでは、地方の活性や観光産業の未来につながらないと危惧しています。


 GW中、Hav Cafeにはたくさんのお客さまがお越しいただいたものの、同時に多くのお客さまに満席のためお断りすることにもなりました。コーヒーを淹れ、調理で手いっぱいでお客さまとゆっくり会話する時間もありませんでした。これは私の望むおもてなしのスタイルではありません。
 伊豆大島のゆったりとした空間と時間を心から楽しんでもらうこと。そのためにはどういう滞在を提供すべきなのか――。
 多くを学び、課題を与えられたGWでした。(つづく)

定価2,200円(税込)

好評販売中!
『増補版 フランスの美しい村を歩く』



 フランス観光開発機構の推薦に基づき、トラベル・ジャーナリストの寺田直子さんが厳選した美しい30の村々の魅力を紹介して好評を得た『フランスの美しい村を歩く』。増補版はさらに、パリからアクセスがよく歴史や芸術、食の魅力にあふれるフランス北西部の5つの村を新規取材・書き下ろしで加えました。アクセスや訪問ガイドも見直してパワーアップ。“旅のプロ”が案内するフランスの通な旅の入門書として、また、あたかも著者と一緒にまだ見ぬ村を訪ね歩くかのような紀行エッセイとして、読み応えのある一冊です。

◎『増補版 フランスの美しい村を歩く』の詳細はコチラ⇒


【寺田直子のハッピー・トラベルデイズ】
http://naoterada.exblog.jp/
ページの先頭へもどる
【てらだ・なおこ】
東京都生まれ。日本とオーストラリア・シドニーの旅行会社勤務後、編集プロダクションを経てフリーランスとして独立。これまでに90カ国以上を訪れ、年間150日は国内外のホテルに宿泊している。第13回フランス・ルポルタージュ大賞受賞。著書に『ホテルブランド物語』(角川oneテーマ21)、『泣くために旅に出よう』(実業之日本社)、共著に『ロンドン美食ガイド』(日経BP社)などがある。2021年より伊豆大島に移住し、Hav Cafeを営みつつ執筆活動を続けている。(撮影:峯 竜也)
新刊案内