× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 イベント・キャンペーン 新刊・既刊案内 お問い合せ
美しいくらし
忘れられないイタリアの美しい村 トスカーナ自由自在
中山久美子
第2回 カラフルな街並みと美しい海が織りなす絶景【ヴェルナッツァ】

海辺の村、ヴェルナッツァ


 イタリア人は本当に海が好き。それは砂浜がきれいなビーチのみならず、入れるところがあればどこからでも……。まさか32才にもなって岩に寝そべり、水中眼鏡をかけて魚を追いかけるとは、スポーツ好きの私でさえも思いもよらない経験でした。しかも世界遺産であるチンクエテッレの村で、とは。どれだけ贅沢なことなんでしょう!

 チンクエテッレはイタリア北部・海岸沿いを東西に伸びるリグーリア州の東の端っこ。海の断崖にそびえたつ5つの村、モンテロッソ・アル・マーレ、ヴェルナッツァ、コルニリア、マナローラ、リオマッジョーレの総称です。最東端のリオマッジョーレから海沿いに10キロほど下ったポルトヴェーネレと周辺の小島とともに、1997年に世界遺産に指定されており、一帯はチンクエテッレ国立公園になっています。

 私は20代に留学した語学学校の遠足で来るまでその存在すら知らなかったのですが、美しい海に溶け込んだカラフルな街並みに感動し、その3年後に夫とともに再訪しました。時期は9月初旬、まだ暑いとはいえ、いわゆるビーチに行くわけでもないのに、「水着とバスタオルは持っていくぞ」と張り切る夫。そして冒頭のように私もすっかり海水浴に夢中になってしまったのです。
 本当はもう1つか2つ別の村にも行く予定が、結局、ヴェルナッツァで1日のんびり過ごすことになりました。日本にいたころは忙しく動き回る旅行が多かったのですが、こんなふうにノープランで思いのままに過ごす楽しさを知ったのも、この時からかもしれません。

 そんな思い出が詰まったヴェルナッツァ。「チンクエテッレの5つの村の中で1つだけ行けるとしたら?」と聞かれると、真っ先に「ヴェルナッツァ!」と答えるほど、私の一番のお気に入りの村です。それはきっと海や村の景観だけでなく、歴史ある教会や塔などの見どころも多いからでしょう。

 まず私たちが海水浴をした岩場の手前にあるのが、サンタ・マルゲリータ教会。丸屋根の鐘楼が可愛らしい、ヴェルナッツァのシンボル的な教会です。11世紀までに建立されましたが、その後、数々の改築が加えられ、現在の入口はなんと後陣の左横。教会の顔であるファサードは、裏の路地や海沿いの細道をつたって行かなければ見られない面白い造りになっています。教会にひとたび入ると、それまでの色彩豊かな建物や人々のにぎわいがウソのような静寂の別世界に。アーチの窓から見える海がひときわ輝いて見えます。

サンタ・マルゲリータ教会


 そして、もう1つの見どころはドーリア城。村の一番高い所、海上70mの断崖絶壁の上に建設された要塞です。港の一角にある階段から登っていくのですが、ラビリンスのような細い路地にワクワク、急な階段に心臓バクバクを急上昇させてくれます。

ドーリア城

重厚感漂う石の要塞


 ヴェルナッツァは1080年から記録に残る村。イタリアが多くの都市国家に分かれていた中世、現在のリグーリア州にあたるジェノヴァ共和国下で、当時のライバルであるもう1つの海洋国家・ピサ共和国との戦いの場にもなったそうです。

 このドーリア城はまさに防衛の要。現在は塔しか残っていませんが、海岸線の岩の形に添った不規則な基礎は当時のままです。歴史好きの方はそこから海を見渡すと、中世の航海や海上戦を想像して大興奮してしまうことでしょう。

 海の眺望から目線を少し下げると、村の中心部が見えます。街並みの背後には、DOC(統制原産地呼称)の白ワイン・チンクエテッレのぶどう畑。新鮮なシーフードとともに、冷えた地元の白ワインをいただくとおいしさが倍増しますよ。

 村の中だけでも楽しめることはたくさんあるのですが、村を離れる前にぜひ見てほしい景色があります。駅を挟んで旧市街の向こう側、駅の高架下をくぐり、右の方へ上がる坂道を上って行ってください。徒歩でたった5分ほどの場所に、海に突き出したヴェルナッツァの形状がよく分かるパノラマポイントがあります。



 2014年夏、当時、日本の高校2年生だった姪っ子を連れてヴェルナッツァを訪れました。彼女は海外に憧れていたもののイタリア好きという訳でもなく、「フィレンツェ以外で行きたい所は?」の問いに、「コロッセオとピサの斜塔」という返事のみ。観光地の王道中の王道しか知らなかった彼女に、なんとかそれ以外のイタリアも知って欲しい! と叔母心からピサとチンクエテッレをくっつけて2泊3日の旅を企画したのです。
 帰国のためにローマの空港へ送るとき、「どこが一番よかった?」と彼女に尋ねると、間髪入れず「チンクエテッレ!」と答えた姪っ子。その笑顔がうれしくて、夕日に染まるヴェルナッツァの村と、それを無言で見つめていた彼女の顔を思い出すたびに、次はどの村に連れて行ってやろうか? と妄想してしまう叔母なのでした……。(つづく)


★ヴェルナッツァへのアクセス
チンクエテッレ各村への出発点は、ピサやジェノヴァから電車で約1時間のラ・スペツィア駅。チンクエテッレ・エキスプレスで、ヴェルナッツァは4駅目、所要時間は18分です。春~秋は船も出ており、国立公園内のトレッキングコースで周ることもできます。

【トスカーナ自由自在】https://toscanajiyujizai.com/
ページの先頭へもどる
【なかやま・くみこ】
兵庫県出身。28歳でフィレンツェ留学、のち現地で結婚。現在はフィレンツェ北部の田舎で、夫・息子2人の4人暮らし。さまざまな分野の取材・視察・ビジネスのコーディネイトと通訳を一貫して行う。趣味の個人旅行とトスカーナ愛が高じて、ウェブサイト「トスカーナ自由自在」を2015年に開設。ありのままの日常生活を紹介するとともに、郷土料理や祭り、生産者、小さな村などイタリア各地の魅力を発信している。
新刊案内