× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ

NEWS

2019.03.18

缶コレ界きっての3人による夢の鼎談がスタート

鼎談:空き缶に夢を乗せて
第1回 合わせて100年、5万本!

石川浩司(ミュージシャン) × 町田 忍(庶民文化研究家) × 清水りょうこ(清涼飲料水評論家)


ミュージシャン・石川浩司さんの約3万缶におよぶコレクションの中から、厳選した空き缶650缶を紹介する『懐かしの空き缶大図鑑』。この本の刊行を記念して、缶コレ界きっての3人による夢の鼎談が実現! 4回にわたってその模様を紹介します。

2019.03.15

旬の素材でお吸い物がつくりたくなる。【醤油蔵めぐり】更新

☆にっぽん醤油蔵めぐり
「職人醤油」代表・高橋万太郎
第12回 京都の味を支える「花咲か爺さん」(澤井醤油本店・京都府)


京都の中心部にある澤井醤油本店。京都御所にほど近く、新町通りと中長者町通りの角にある店は、間口が狭く奥に細長い京町家造りになっています。京都の老舗料亭も愛用する、この蔵の醤油とは?

2019.03.13

『懐かしの空き缶大図鑑』はココが面白い! 新刊ナビを更新

新刊『懐かしの空き缶大図鑑』のココに注目!
かもめの本棚編集部


元「たま」でミュージシャンの石川浩司さんの新刊『懐かしの空き缶大図鑑』が2019年3月に発売になりました。
34年間、3万缶もの膨大なコレクションは自称・世界一!
その集大成ともいえる『懐かしの空き缶大図鑑」の注目点を紹介します。

2019.03.08

Yahoo!書籍フェアに『フランスの美しい村を歩く』も参加

「Yahoo! ニュース 個人」を執筆する各分野の専門家(オーサー)による書籍100冊以上を専用の棚で展開するフェアが、3月31日(日)まで東京と関西の丸善・ジュンク堂書店(下記)で開催中。期間中は、オーサーのひとりでもある寺田直子さんの著書『フランスの美しい村を歩く』も個性豊かな書棚を彩ります。ぜひお立ち寄りください。

※丸善丸の内本店(2F新刊・話題書付近)、ジュンク堂池袋店(下写真、5Fビジネス書新刊付近)、M&J渋谷店(レジ前の新刊・話題書付近)、ジュンク堂大阪本店(2Fレジ横付近)、M&J梅田店(エレベーター横、新刊・話題書付近)、ジュンク堂三宮店(5Fエスカレーター横付近)

2019.03.07

朝日新聞に新刊「杏さんの絵本」&「空き缶図鑑」の広告が掲載!

新刊『あんずのあいうえお』と『懐かしの空き缶大図鑑』の広告が、3/7の朝日新聞朝刊1面に掲載されました。
版画家・蟹江杏さんの絵本『あんずのあいうえお』
ミュージシャン・石川浩司さんの『懐かしの空き缶大図鑑』
どちらも全国の書店で絶賛発売中!

2019.03.07

春のお出かけはエレガントに。シーラさんの着物連載を更新

シーラの着物スタイル12カ月
March -vol.1-

十文字学園女子大学教授、着物研究家/
シーラ・クリフ
撮影/Todd Fong(タッド・フォング)


この日は、青地に白い羽が描かれた着物でお出かけ。
花柄の刺繍入りで春らしい装いです。

2019.03.04

【醤油蔵めぐり】は福島で天然醸造の醤油を造る若夫婦が登場! 

☆にっぽん醤油蔵めぐり
「職人醤油」代表・高橋万太郎
第11回 醤油蔵と青空が広がるリンゴ畑(鈴木醤油店・福島県)


京都の中心部にある澤井醤油本店は、間口が狭く奥に細長い京町家造り。店内にはきれいに石畳が敷き詰められ、その横に木桶が並んでいます。

2019.03.01

絵画のような美しさ!画家シスレーが描いた村へ

「フランスの一度は訪れたい村」
第1回 印象派画家たちが愛した水辺の風景「ラ・ブイユ」(下)
トラベルライター 坂井彰代


さまざまな角度から風景画ような美しさを体感する坂井さん。
セール川の眺めながらの朝食のあとは川辺をお散歩。セーヌ川を行き交う渡し舟にも乗船します。

2019.02.28

一生に一度は訪れたいフランスの村を紹介する新連載!

「フランスの一度は訪れたい村」
第1回 印象派画家たちが愛した水辺の風景「ラ・ブイユ」(上)
トラベルライター 坂井彰代さん


「フランス小さな村の教会巡り」に続く、トラベルライター坂井さんの新連載。
今回紹介するのは、一度は見て、ふれてみたい至極の村。
第1回は画家・シスレーゆかりの村を訪ねます。

2019.02.27

広報宣伝担当・カモメのるーが新作絵本の舞台裏をレポート!

☆るーが行く!【絵本『あんずのあいうえお』創作の舞台裏に迫る~の巻】
版画家・蟹江杏さんのトークショーを取材!

かもめの本棚 広報宣伝担当:カモメのるー


今回ボクが取材したのは、新刊『あんずのあいうえお』の一般販売に先立って、1月30日~2月5日に開催された「蟹江杏作品展~『あんずのあいうえお』絵本原画展」。会期中の2月2日に実施されたトークショーの模様をレポートします!

2019.02.26

ぬまっちの運命を変えた文書とは?「ひとり出版者」更新

「ひとり出版者の仕事」
第2回 『ぜんぶパー』からの起死回生でひとり出版者は始まった
暮ラシカルデザイン編集室 沼尻亙司


リトルプレス第1号『房総カフェ〜扉のむこうの自由を求めて〜』はこうして完成した……。
ひとり出版者を立ち上げるきっかけになった5年前のエピソードを振り返る!

2019.02.22

フランス・木蓮さんの【美しい村とワイン連載】最終回です!

☆フランスの美しい田舎と小さな村ワイン
最終回 崖の急斜面に建つ美しい村【バラジュック】
写真と文:木蓮


全4回にわたってお届けしてきた木蓮さんの「フランスの美しい田舎と小さな村ワイン」の連載も、残念ながら今回で最終回。村に沿ってアルデシュ川が豊かに流れるバラジュックの絶景と、そこで育まれたおいしいロゼワインを紹介します。

2019.02.21

新刊絵本『あんずのあいうえお』の見どころをピックアップ!

☆新刊絵本『あんずのあいうえお』の魅力に迫る
かもめの本棚編集部


新刊絵本『あんずのあいうえお』が、2019年2月21日より発売になりました。伸びやかな線と豊かな色彩で人気を集める版画家・蟹江杏が描く、ひらがな50音の世界。この絵本の見どころを編集部がピックアップして紹介します!

2019.02.18

「梅」をテーマにした着物コーデ。シーラさん2月更新

シーラの着物スタイル12カ月
February -vol.2-

十文字学園女子大学教授、着物研究家/
シーラ・クリフ
撮影/Todd Fong(タッド・フォング)

紫色の銘仙と淡いグリーンの帯で大人な雰囲気に。
着物、帯、半襟も梅の花の模様です。

ページの先頭へもどる