× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ

NEWS

2019.05.08

下北沢B&Bで5/29『にっぽん醤油蔵めぐり』刊行記念イベント

『にっぽん醤油蔵めぐり』の刊行記念トークイベントを、5月29日(水)に下北沢の本屋B&Bで開催します。

当日は著者の高橋万太郎さんのほか、ゲストとして福岡県の「ミツル醤油醸造元」の城慶典さんを迎え、「博報堂ケトル」の日野昌暢さんが聞き役を務めます。タイプ別醤油のオススメの使い方や、味比べもできる即売会なども実施予定。めくるめく醤油の世界をぜひお楽しみください。

午後8時~10時(午後7時30分開場)。前売り1500円+1ドリンク、当日店頭2000円+1ドリンク。
★イベントの詳細やチケットの購入方法はコチラ⇒


2019.05.08

【新連載】シーラさんの気軽で楽しい着物ライフを拝見!

【シーラの着物ライフ12カ月】
May:Going to work


十文字学園女子大学教授、着物研究家/
シーラ・クリフ
撮影/Todd Fong(タッド・フォング)

着物研究家、シーラ・クリフさんの新連載がスタ―トしました。
仕事もプライベートもほぼ毎日着物で過ごすシーラさんの日常を紹介します。
5月は爽快に通勤するシーラさん。袴姿がお似合いです。

2019.04.26

ひとり出版者が本の販売を語る! 第4回は本屋編

【ひとり出版者の仕事】
第4回 四方良しの商いを目指して「本屋編」
暮ラシカルデザイン編集室/沼尻亙司さん


「カフェ編」につづく「本屋編」は、
地元に愛される本屋さんとの出会いや、
本と人をつなぐ心温まるエピソードを紹介してくれます。

2019.04.24

朝日新聞社のブックサイトで「空き缶本」が紹介されました

石川浩司さんの『懐かしの空き缶大図鑑』
朝日新聞社のブックサイト「好書好日」で紹介されました。
ユニークな図鑑ばかりを集めた連載「図鑑の中の小宇宙」をご覧ください!

2019.04.23

【LETTERS 古典と古楽をめぐる対話】更新

☆LETTERS 古典と古楽をめぐる対話
第2回 耳は意味を探してしまう(下)
小津夜景 × 須藤岳史

(須藤岳史より) それから、紀野恵の〈ことりと秋の麦酒をおくときにおもへよ銀の条がある空〉という歌も素敵です――

2019.04.22

【LETTERS 古典と古楽をめぐる対話】更新

☆LETTERS 古典と古楽をめぐる対話
第2回 言葉は意味を探してしまう(上)
小津夜景 × 須藤岳史

情感と呼ばれるものと、詩歌や音楽のつながりを探してゆく往復書簡の連載エッセイが始まりました。フランスで暮らしている俳人の小津夜景さんと、オランダで暮らしている音楽家の須藤岳史さんが言葉と音をめぐる思索の旅にいざないます。第2回の便りは、ハーグの須藤さんより。

2019.04.19

忍者の極意とは?【コラム:忍者の豆】を更新

☆駆け出し忍者のくノ一修行
【コラム:忍者の豆⑨】
イラストレーター・いずみ朔庵


忍者の極意とは見つからないことが第一です。ですが、もし見つかってしまったらどのようにして逃げるのでしょうか? 本文では紹介しきれなかった忍者マメ知識です。

2019.04.17

春夏秋冬の「着物スタイル」がいよいよ最終回!

シーラの着物スタイル12カ月
最終回 April -vol.2-

十文字学園女子大学教授、着物研究家/
シーラ・クリフ
撮影/Todd Fong(タッド・フォング)


この日のアクセサリーは大ぶりのイアリング。
動くたびに耳元でさりげなく揺れます。

2019.04.16

忍者屋敷で敵を倒せ!いずみ朔庵さんの【忍者修行】を更新

☆駆け出し忍者のくノ一修行
忍者修行 其の八 ~実践あるのみ!忍者屋敷で敵を倒せ!の巻㊦~
イラストレーター・いずみ朔庵


忍者屋敷で敵の襲来!? 修行の成果を生かして、制限時間内に隠された家宝を見つけつつ、敵を倒すことができるのでしょうか?

2019.04.15

チームワークで敵を倒せ!好評連載【忍者修行】を更新

☆駆け出し忍者のくノ一修行
忍者修行 其の八 ~実践あるのみ!忍者屋敷で敵を倒せ!の巻㊤~
イラストレーター・いずみ朔庵


これまで、一人前の忍者になるべくさまざまな修行をしてきた朔庵さん。今回は「敵を倒したい!」という願いを叶えるために、忍者屋敷に潜入します。

2019.04.12

【LETTERS 古典と古楽をめぐる対話】更新

☆LETTERS 古典と古楽をめぐる対話
第1回 モザイクの下で(下)
小津夜景 × 須藤岳史


(小津夜景より) 水浴びに余念のないアヒルになごみつつ、沖へ目をやると、沖はいつものようにくすくす笑っていました――

2019.04.11

言葉と音をめぐる往復エッセイの新連載がスタート

☆LETTERS 古典と古楽をめぐる対話
第1回 モザイクの下で(上)
小津夜景 × 須藤岳史


情感と呼ばれるものと、詩歌や音楽のつながりを探してゆく往復書簡の連載エッセイが始まりました。フランスで暮らしている俳人の小津夜景さんと、オランダで暮らしている音楽家の須藤岳史さんが言葉と音をめぐる思索の旅にいざないます。第1回の便りは、ニースの小津さんより。

2019.04.09

絶品ドリアンはどんな味?【新連載フルーツをめぐる冒険】更新

☆フルーツをめぐる冒険
第1話 ついにドリアンを食べる旅へ㊦
フルーツハンター・森川寛信


マレーシアのペナン島に出張で訪れた際、取引先に連れて行かれたドリアン屋台でそのおいしさに目覚めた森川さん。ついには週末+1~2日を駆使して、年数回はドリアンハンティングがメインの旅に出るように……。その味とは?

2019.04.08

新連載「フルーツをめぐる冒険」がスタート!

☆フルーツをめぐる冒険
第1話 ついにドリアンを食べる旅へ㊤
フルーツハンター・森川寛信


大手ゲーム会社に勤務する傍ら、海外出張や世界放浪、世界一周新婚旅行など、これまで訪れた国は50カ国以上! 「新しい場所を訪れたら、まだ見ぬ新しいフルーツを探すことを欠かしません」と語る森川寛信さんの新連載「フルーツをめぐる冒険」がスタートしました。第1回はフルーツの王様とも呼ばれるドリアンです。

ページの先頭へもどる