× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ

NEWS

2020.01.22

「本を届けたい!」ひとり出版者の思いを込めた小さな屋台

【ひとり出版者の仕事】
第11回 リヤカー屋台~商いという風景をつくる(下)
暮ラシカルデザイン編集室/沼尻亙司さん


古本市や書店、他県のイベントで販売した経験で気づいた理想のカタチとは?
本を作り、届ける「ひとり出版者」の思いに迫ります。

2020.01.21

フリージャーナル「m&n」で醤油本が紹介!

生活・環境・文化のフリージャーナル紙「m&n」に高橋万太郎さんの『にっぽん醤油蔵めぐり』が掲載されました。「m&n」は首都圏を中心に配布。地域性や多様性や職人の魅力など読みどころを紹介しています。

2020.01.21

ワイキキだけがハワイじゃない。“仕上げ”のハワイ更新!

☆“仕上げ”のハワイ
第2回 これまで知らなかった“ハワイの顔”コラムニスト・旅行作家/山下マヌー


まさか雪が降るなんて?! 何度行ってもまだまだ知らない“顔”があるハワイ。「そこにこそ本当の魅力がある」と山下マヌーさんは語ります。

2020.01.20

リヤカー屋台の魅力とは? 「ひとり出版者」更新

【ひとり出版者の仕事】
第11回 リヤカー屋台~商いという風景をつくる(上)
暮ラシカルデザイン編集室/沼尻亙司さん

編集室の本をマルシェで販売することに。可動性や収納性に優れた手づくり屋台の魅力を紹介します。

2020.01.17

「かもめ通信」39号はイベント情報満載です!

遅ればせながら、今年もメルマガ「かもめ通信」をよろしくお願いします!39号は、1月24日(金)に銀座蔦屋書店で開催されるトークイベントと2月20日(木)に下北沢・B&Bで開かれるフランスの村&ワイントークのご案内ををはじめ、西荻窪・ニヒル牛で開催中の石川浩司さん缶コレイベントなど、“かもめ尽くし”のワクワク満載です! メルマガに登録して、ぜひお読みください。「かもめ通信」のバックナンバーはコチラから。新規登録はコチラからどうぞ!

2020.01.15

村ワインが楽しめるトークイベントを下北沢で開催

書籍『フランスの一度は訪れたい村』の刊行記念イベント第2弾を、2月20日(木)に東京・下北沢にある本屋B&Bで開催。その詳細と申し込み方法を紹介します。

今回のテーマは「村とワイン」。著者の坂井彰代さんによる「ワイン村」トークほか、フランスやイタリアの小さな村で造られたワインを専門に扱うオンラインショップ『moulla』ソムリエ・堀澤和弘さんを特別ゲストにお招きして、村ワインの魅力をお伝えします。テイスティングも楽しめる、この機会をお見逃しなく!

2020.01.14

山下マヌーさんに“仕上げ”のハワイを聞く!【新連載スタート】

☆“仕上げ”のハワイ
第1回 大好きな海に散骨して!コラムニスト・旅行作家/山下マヌー


日本人旅行者の約4割がリピーターというハワイ。現在の人気はなんと散骨ツアーの下見なのだとか。でもその前に「ハワイに行くのはこれが最後!」となったら、どこへ行こうか、何をしようか……。ハワイの達人マヌーさんにあれこれ聞いちゃう新連載!

2020.01.10

【LETTERS 古典と古楽をめぐる対話】更新

☆LETTERS 古典と古楽をめぐる対話
第17回 未来を読むこと(下)
小津夜景 × 須藤岳史

(須藤岳史より)多くの長い物語をくぐり抜けることは、その物語を忘れてしまうことで、その営みを終えます。この終わりは新たな始まりでもあります――

2020.01.09

【LETTERS 古典と古楽をめぐる対話】更新

☆LETTERS 古典と古楽をめぐる対話
第17回 未来を読むこと(上)
小津夜景 × 須藤岳史

情感と呼ばれるものと、詩歌や音楽のつながりを探してゆく往復書簡の連載エッセイ。フランスで暮らしている俳人の小津夜景さんと、オランダで暮らしている音楽家の須藤岳史さんが言葉と音をめぐる思索の旅にいざないます。第17回の便りは、ハーグの須藤さんより。

2020.01.08

シーラさんの年末年始の過ごし方。「着物ライフ」更新

【シーラの着物ライフ12カ月】
January:Sewing on holidays

十文字学園女子大学教授、着物研究家/シーラ・クリフ
撮影/Todd Fong(タッド・フォング)

クリスマスやお正月は家族や友だちと楽しい時間を過ごしたシーラさん。でも、この休みの合間を利用してして、やっておきたいことがあるのです。大切な着物を長く保つために必要なこととは?

2020.01.07

石川浩司さんの空き缶コレクションが西荻窪に再来!

【ニヒル牛20周年記念企画「石川浩司のひとりでアッハッハー展」】

ミュージシャンで空き缶コレクターとしても知られる石川浩司さんの個展が
1月8日(水)~30日(木)、東京・西荻窪にある雑貨店「ニヒル牛」で開催されます。

著書『懐かしの空き缶大図鑑』(2019年3月発売)に登場する空き缶の展示ほか、
限定版CD、オリジナルグッズの販売など、楽しい企画が目白押し!

1月8日(金)・24日(金)・26日(日)に行われる石川さん出演のワンマントーク&ライブも注目! 熱い歌声と笑い(!?)を散りばめた迫力のパフォーマンスをお楽しみください。
※26日(日)のチケットは完売しました

【会期】1月8日(水)~30日(木)12:00~20:00(最終日は17:00まで)
【会場】ニヒル牛(東京都杉並区西荻北3-26-5)
    JR西荻窪駅から徒歩約7分

イベントの詳細は→こちら

2020.01.07

第4回はオーヴェルニュ地方最大の観光地【木蓮さんの連載を更新】

☆フランスの小さな村を旅する
第4回 マリア像に見守られた巡礼路の出発点【ル・ピュイ・アン・ヴレ】
写真と文 木蓮


オーヴェルニュ地方最大の観光地であるル・ピュイ・アン・ヴレは巡礼路の出発点。巡礼者たちは早朝、黒い聖母像をまつるカテドラルで始まるミサに参加し祝福を受け、正面の扉が開かれると同時に長い道のりに旅立ちます。

★好評販売中『フランスの花の村を訪ねる』の著者、木蓮さんの新連載・第4回です。

2019.12.27

【LETTERS 古典と古楽をめぐる対話】更新

☆LETTERS 古典と古楽をめぐる対話
第16回 ふわふわふうみ(下)
小津夜景 × 須藤岳史

(小津夜景より)さて、玉子のふわふわの口をすすいで、本当のふわふわ菓子の話をしましょう――

2019.12.26

【LETTERS 古典と古楽をめぐる対話】更新

☆LETTERS 古典と古楽をめぐる対話
第16回 ふわふわふうみ(上)
小津夜景 × 須藤岳史

情感と呼ばれるものと、詩歌や音楽のつながりを探してゆく往復書簡の連載エッセイ。フランスで暮らしている俳人の小津夜景さんと、オランダで暮らしている音楽家の須藤岳史さんが言葉と音をめぐる思索の旅にいざないます。第16回の便りは、ニースの小津さんより。

ページの先頭へもどる