× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ

NEWS

2017.06.02

ギョーザ裏話を更新!第5回の舞台はスロバキアです

☆ととら亭のギョーザ裏話
「旅の食堂ととら亭」店主 久保えーじさん
第5回 スロバキアの「ピロヒー」

ととら亭のポリシーは、旅の料理をアレンジしないで再現すること。でも、ときには例外もあります。“旅のメニュー”として2017年1月から3月までお店で出したスロバキアのピロヒーもその一つ。その理由は・・・

好評発売中の『世界まるごとギョーザの旅』の著者・久保えーじさんによるギョーザづくりの裏話の第5回です。

2017.06.01

杏さん&石川さん「旅」のトークショーの模様を紹介【イチオシ記事を更新】

☆蟹江杏×石川浩司トークショー・開催報告
ハプニングこそが旅の醍醐味

新刊『あんずとないしょ話』の著者で版画家の蟹江杏さんと、ミュージシャン(元たま)の石川浩司さんによるスペシャルトークショーの模様を紹介。新作版画の題材でもある“旅”をテーマに、旅先での楽しみ方や思い出に残る旅、旅の必需品などについて語り合いました。

2017.05.31

【フランスの花の村を訪ねる】を更新しました

☆「フランスの花の村を訪ねる」
第3回 【チューリップの思い出】(下) 木蓮さん

花に囲まれる暮らしを楽しんでいる在住の木蓮さん。チューリップの花束に秘められた宝物のようなエピソードです。

2017.05.30

【フランスの花の村を訪ねる】木蓮さんが大切にしているチューリップの思い出です

☆「フランスの花の村を訪ねる」
第3回 【チューリップの思い出】(上) 木蓮さん

例え特別な日ではなくても、花束を贈ったりもらったりするのは忘れられない瞬間。ある日、下の娘さんからチューリップの花束をもらった木蓮さんの思いは・・・。

2017.05.29

毎日新聞に『あんずとないしょ話』の広告が掲載されました!

新刊『あんずとないしょ話』『メディア分光器』の広告が、5/26毎日新聞朝刊に掲載されました。

2017.05.29

ギョーザ裏話を更新!第4回の舞台はポーランドです

☆ととら亭のギョーザ裏話
「旅の食堂ととら亭」店主 久保えーじさん
第4回 ポーランドの「ピエロギ」

今回ご紹介するのは、ポーランドのピエロギ。一説によれば中国のジャオズがロシアに伝わってペリメニになり、それがさらにポーランドへ伝播して根づいたそうです。さて、「ととら亭」ではこのギョーザをどのように再現したのでしょうか?

好評発売中の『世界まるごとギョーザの旅』の著者・久保えーじさんによるギョーザづくりの裏話の第4回です。

2017.05.27

「東京ぶらり老舗散歩」更新!甘味処「竹むら」であげまんじゅうと桜茶を

☆東京ぶらり老舗散歩
江戸文化研究家 安原眞琴さん
第5回 御茶ノ水から秋葉原まで神田川を下る②


福寿神社でたくさんの狸の像に癒されたあとは、昭和5年(1930)創業の甘味処「竹むら」で、名物のあげまんじゅうと桜茶を堪能します。

2017.05.26

ギョーザ本の久保えーじさんが、浜美枝さんのラジオ番組に出演します

『世界まるごとギョーザの旅』の著者・久保えーじさんが、文化放送のラジオ番組「浜美枝のいつかあなたと」にゲスト出演します。5月28日(日)午前10時30分~11時。
◆ラジオ番組の詳細はコチラ

2017.05.26

「東京ぶらり老舗散歩」更新!第5回はオタクの聖地・秋葉原を散策!

☆東京ぶらり老舗散歩
江戸文化研究家 安原眞琴さん
第5回 御茶ノ水から秋葉原まで神田川を下る①


今回は秋葉原周辺のタイムトラベルへ。湯島聖堂で江戸時代の大学生の「キャンパスライフ」に思いを馳せます。

2017.05.25

「TOKYO偉人さんぽ」きりたにさんのグループ展が開催中!

「TOKYO偉人さんぽ」連載中のイラストレーター・きりたにかほりさんが参加するコラージュによる6人展「Millage Collage Assemblage vol.5」が、東京・北青山のgallery DAZZLEで開催中です。5月28日(日)まで。12時~19時(最終日は17時まで)。

コラージュ(仏: 英: collage)とは現代絵画の技法の一つで、フランス語の「糊付け」を意味する言葉。切って貼ることでの意外性を楽しめるグループ展です。

2017.05.25

【新刊のご案内】連載「ママとパパには内緒だよ」をまとめた新刊書が出ました

連載「ママとパパには内緒だよ」と連載「あんずとないしょ話」を加筆してまとめた新刊『あんずとないしょ話』が2017年5月22日に発売されました(発行:東海教育研究所、発売:東海大学出版部)。大人は知らない子どもの本音を鮮やかに描き出す、版画家・蟹江杏さん初の版画エッセイです。

2017.05.25

石川さんと杏さんが考える「子どもとの接し方」とは?【対談最終回を更新】

☆子どもの世界は無限大
石川浩司(ミュージシャン)×蟹江 杏(版画家)
最終回 小さくたって一人の人間

いかにも子どもらしい部分と、人間として自分たち大人と同じ部分……一見すると両極端に思える2つの側面が子どもたちにはあった、と振り返る2人。対談の最終回は、そんな石川さんと杏さんが考える「子どもとの接し方」を教えてもらいました。

◆蟹江杏さん初となるエッセイ集『あんずとないしょ話』の詳細はコチラ

2017.05.24

【職人醤油のつくり方】更新しました

☆職人醤油のつくり方
職人醤油代表 高橋万太郎さん
第8回 揺るがぬ信念が支える“田舎の香ばしさ”(下)


多くの料理人に重用される醤油を育む漆塗りの樽。そこには、伝統と最先端の技術を融合させる斬新なアイデアが満ちあふれていました。

2017.05.23

蕎麦どころの味を支える醤油とは? 【職人醤油のつくり方】新章です。

☆職人醤油のつくり方
職人醤油代表 高橋万太郎さん
第8回 揺るがぬ信念が支える“田舎の香ばしさ”(上)


「濃縮還元のジュースと果物を搾ったジュース。この違いはなんだと思う?」不意打ちの問いかけから始まった信州・松本にある大久保醸造店との出合い。驚くことばかりの蔵は、本質的な美味しさを求める大久保さんの醤油愛と信念があふれていました。

ページの先頭へもどる