× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ

NEWS

2017.08.03

朝日新聞に新刊『フランスの花の村を訪ねる』の広告が掲載されました

るーの足元にご注目! 新刊『フランスの花の村を訪ねる』と、好評発売中の『フランスの美しい村を歩く』の広告が、8/3の朝日新聞朝刊に掲載されました。

2017.08.03

新刊『フランスの花の村を訪ねる』が全国発売! 第1回は、本の見どころを紹介します。

新刊を紹介する「新刊ナビ」を開設!
新刊『フランスの花の村を訪ねる」の刊行を記念して、第1回は「フランスの村」シリーズを一挙紹介します。
 
編集部イチオシの「見どころベスト3」をお見逃しなく!

2017.07.28

☆夏休み特別企画☆「るーが行く!」 いよいよ最終回!

最終回 杏&るーの「軽井沢ぶらり避暑地散歩」

豊かな自然に囲まれた軽井沢現代美術館でのひと時を楽しんだ、るーと杏さん。2人は軽井沢のメインストリートへと繰り出します。今回は特別に、杏さんイチオシのお店も紹介します。

2017.07.27

☆夏休み特別企画☆「るーが行く!」第2回を更新しました。

第2回 絵本の世界が広がる杏ワールドへGO!

「家族で楽しめる」という作品展第二期の見どころを、るーが杏さん本人にインタビュー。初の版画エッセイ『あんずとないしょ話』の反響についても聞きました。

2017.07.26

『アンチエイジング読本』の著者・石井直明先生の健康コラムが『秋田魁新報』に!

『アンチエイジング読本』の著者・石井直明先生の健康コラムが、7月24日の『秋田魁新報』に掲載されました。一つひとつの細胞を元気にして老化のスピードを抑えるために大切なのは、やはりバランスのよい食事。まだの人は入手して、お手元にある人はもう一度、『アンチエイジング読本』をじっくり読んでくださいね。

2017.07.26

☆夏休み特別企画☆「るーが行く!【蟹江杏作品展を取材する~の巻】」第1回

第1回 軽井沢現代美術館までひとっ飛び

広報宣伝担当・カモメのるーが、版画家・蟹江杏さんの作品展を突撃取材! 東京を飛び出し軽井沢へと向かいました……。

2017.07.25

安原眞琴さんの「東京ぶらり老舗散歩」更新! 料理好きが集まる「かっぱ橋」へ

☆東京ぶらり老舗散歩
江戸文化研究家 安原眞琴さん
第7回 浅草通りの今、昔②


江戸の大火で生まれた寺町を巡ったあとは、料理好きがあこがれるかっぱ橋道具街へ。愛らしい河童にも出会えます。

2017.07.24

安原眞琴さんの「東京ぶらり老舗散歩」更新! 第7回は上野から浅草へ

☆東京ぶらり老舗散歩
江戸文化研究家 安原眞琴さん
第7回 浅草通りの今、昔①


意外に近い上野と浅草。地下鉄銀座線に沿って地上を散歩した後は、江戸っ子の夏の味「どぜう」を堪能します。

2017.07.21

「TOKYO偉人さんぽ」の原画展が開催されます【7/28~8/2】

WEBマガジン「かもめの本棚」で1年間にわたって連載した、イラストレーター・きりたにかほりさんの「TOKYO偉人さんぽ」の貼り絵を一堂に集めた原画展が、2017年7月28日(金)から8月2日(水)まで、表参道の「ギャラリーニイク」開催されます。詳細はコチラへ。

2017.07.19

東日本大震災を乗り越えた結束の蔵【職人醤油のつくり方】更新です

☆職人醤油のつくり方
職人醤油代表 高橋万太郎さん
第10回 〝あるもの探し〟で地域と共に育む醤油(下)


「想像をこえると笑いしか出てこなかった」――。未曾有の災害を前に蔵の再建と従業員の雇用確保を即断。1年足らずで復活した醤油づくりを支えたのは、ないものねだりでなく〝あるもの探し〟をする前向きな取り組みでした。

2017.07.18

『アンチエイジング読本』の著者、石井直明先生がNHKのBS番組に登場!

『アンチエイジング読本』の著者、石井直明先生がNHK BSで20日放送予定の「美と若さの新常識」(午後9時~10時)に出演します! テーマは「若返りの秘薬! ビタミンCの実力」。アンチエイジングドックの西崎泰弘先生も登場します。
◆BSテレビ番組の詳細はコチラ
予習・復習はもちろん『アンチエイジング読本』で!

2017.07.18

【職人醤油のつくり方】陸前高田と共に生きる蔵を紹介します

☆職人醤油のつくり方
職人醤油代表 高橋万太郎さん
第10回 〝あるもの探し〟で地域と共に育む醤油(上)


昔ながらの丸大豆醤油の復活に先鞭をつけた東北の蔵。地域の子どもたちと大豆を育てるなどの取り組みは、危機を乗り越えるための結束の礎となりました。

2017.07.13

いよいよ最終回! 歌舞伎連載「恋と歌舞伎と女の事情」

☆恋と歌舞伎と女の事情
エンタメ水先案内人 仲野マリさん
最終回 新版歌祭文~野崎村  野に咲く花の恋と意地~お光ちゃんの選択④

約1年間続いた歌舞伎連載も、これにて遂に最終回。歌舞伎史上最も愛されるスピンオフキャラともいえる「野崎村」のお光ちゃんが下した恋の結末とは?

2017.07.12

退路を断たれたお染の苦悩とは? 歌舞伎連載「野崎村」③を更新

☆恋と歌舞伎と女の事情
エンタメ水先案内人 仲野マリさん
最終回 新版歌祭文~野崎村  野に咲く花の恋と意地~お光ちゃんの選択③

大店の一人娘・お染と手代・久松の恋は、外から見れば「財産目当ての逆タマ狙い」とも「わがままお嬢様の気まぐれ」にも映るかもしれませんが、この二人、真剣です。さらに、お染には誰にも言えない秘密が……。

ページの先頭へもどる