× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ

NEWS

2018.11.07

深まる秋の装いは?「シーラの着物スタイル」11月更新

【シーラの着物スタイル12カ月】
November -vol.1-
十文字学園女子大学教授、着物研究家/
シーラ・クリフ
撮影/Todd Fong(タッド・フォング)


オレンジや黄色に色づく紅葉を楽しむシーラさん。着物にも秋の色を取り入れます。

2018.11.05

新刊『SHEILA KIMONO STYLE』の魅力を紹介!

☆かもめ新刊ナビ
新刊『SHEILA KIMONO STYLE』の魅力を紹介!
かもめの本棚編集部


 10月下旬に全国の書店で発売になった、新刊『SHEILA KIMONO STYLE』の見どころを、編集部がピックアップして紹介します!



2018.11.03

お茶飲料は数字が勝負だ! 「今週の缶コレ」更新

エッセイ【石川浩司の缶コレランニング】
今週の缶コレ10月22日~11月2日「お茶缶②」


お茶飲料の中から、缶ドリンク名に数字が入ったものを厳選しました。7から1000まで、それぞれ数字の意味に注目してくださいね。

2018.11.02

かもめのメルマガ26号を配信しました

新しい時代のシニア層・アッパージェネレーションを元気にする4つのカラーグループ
が発表されたそうです。それにちなんで、今回のテーマは、「大人を元気にする色は?」。さて、あなたはこの秋、何色に染まりますか? ぜひお読みください。バックナンバーはコチラから。新規登録はコチラから。この秋、かもめ通信を読んで、ちょっと変身しませんか? 

2018.10.31

次のお休みに醤油蔵見学はいかが? 【にっぽん醤油蔵めぐり】更新

☆にっぽん醤油蔵めぐり
「職人醤油」代表・高橋万太郎
第3回 進取の気性と信念と(弓削多醤油・埼玉県)


 食べたり遊んだりしながら気軽に楽しく醤油造りを体験できる産業観光施設「彩の国 醤遊王国」が併設されている弓削多醤油。そこでは日々、「安心でおいしい醤油を」との信念で、国産の原料を使用した木桶仕込み醤油造りが行われています。

2018.10.30

毎日新聞に新刊『SHEILA KIMONO STYLE』の広告が掲載!

新刊『SHEILA KIMONO STYLE』の広告が、10/26の毎日新聞朝刊1面に掲載されました。好評発売中の『東京おいしい老舗散歩』も同時掲載です。


2018.10.26

フランスの美しい田舎とワインを紹介!木蓮さんの新連載スタート

☆フランスの美しい田舎と小さな村ワイン
第1回前編 中世の面影残す要塞の村【ラヴァルダン】
写真と文:木蓮


フランスの真ん中オーヴェルニュにある小さな村での日々の営みを、「フランスの田舎暮らし12カ月」で好評連載中の木蓮さんの新連載が始まりました! テーマはずばり、《フランスの美しい田舎》と《小さな村ワイン》。第1回は中世の面影残す要塞の村、ラヴァルダンです。

2018.10.25

新刊『SHEILA KIMONO STYLE』が発売になりました!

着物に関する研究を続けながら、その魅力を国内外に広めることをライフワークにしているイギリス人のシーラさん。そんな彼女の個性がキラリと光る、古着やアンティークを中心とした私服の着物コーディネートを紹介する写真集『SHEILA KIMONO STYLE』が、本日発売になりました。キュートで個性的なシーラ流の着物スタイルを、ぜひご覧ください!

★WEBマガジンで好評連載中【シーラの着物スタイル12カ月】はコチラ


2018.10.25

仲野マリさんのフランス文学紀行、最終回を更新!

☆パリ、40年ぶりの文学紀行
最終回(下) タンソンヴィルの方へ
エンタメ水先案内人・仲野マリ


プルーストといえば「マドレーヌの逸話」。長編小説『失われた時を求めて』を読んだことがなくても、このマドレーヌのエピソードだけはなんとなく知っているという人も多いのではないでしょうか? 仲野さんのフランス文学紀行、最終回はプルーストに迫ります。


2018.10.24

へちま祈祷会や谷中の串揚げ料理店へ「るーが行く!」更新

るーが行く!【老舗散歩ツアーを取材する~の巻その2】
第2回 中秋の名月は谷中で願いごとを

日暮里で寺めぐりをした後、谷中に移動してきたツアー参加者たちは
お地蔵さまで林立する浄名院へ。
年に1度開催されるヘチマ祈加持祈祷法要を見学します。
お楽しみのランチまでもうすぐ!

2018.10.22

プルーストの名作の舞台へ【仲野さんのフランス文学紀行】更新

☆パリ、40年ぶりの文学紀行
最終回(上) イリエ=コンブレーの方へ
エンタメ水先案内人・仲野マリ


大学生のとき、たった1週間だけ訪れたパリ。それから40年の時を経て憧れの地を再訪し、1カ月もの長逗留をしたエンタメ水先案内人の仲野マリさん。今回のフランス行きの最大の目的は、イリエ=コンブレー再訪だったそうです。ここは、プルーストの長編小説『失われた時を求めて』に出てくる「コンブレー」という町のモデルとなった地。フランス文学紀行、いよいよ最終回です。


2018.10.20

各地のリンゴジュースをピックアップ! 缶コレ更新

エッセイ【石川浩司の缶コレランニング】
今週の缶コレ 10月15日~10月19日「リンゴジュース」


リンゴの生産地で製造されたリンゴジュースを厳選して紹介します。
地域色あふれるパッケージにも注目してくださいね。

2018.10.19

るーが十五夜ゆかりの寺を訪ねる老舗散歩ツアーに密着!

るーが行く!【老舗散歩ツアーを取材する~の巻その2】
第1回 花鳥風月を愛でる日暮里寺めぐり


「かもめの本棚」広報宣伝担当・カモメのるーが体当たり取材を行う「るーが行く!」
今回は、中秋の名月(9月24日)に開催されたツアー「『東京おいしい老舗散歩』著者と歩く、江戸お月見散歩(谷中編)」に密着しました。
江戸の風情にふれるお月見散歩の様子をお届けします!

2018.10.17

黄金色やからし色で秋を演出!「着物スタイル」更新

【シーラの着物スタイル12カ月】
October -vol.2-
十文字学園女子大学教授、着物研究家/
シーラ・クリフ
撮影/Todd Fong(タッド・フォング)

ツタが絡まる佇まいから季節の移ろいを感じるシーラさん。”秋”を着物で表現します。

ページの先頭へもどる