× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ
フランスの田舎暮らし12ヵ月
写真と文
木蓮
9月 シャンブル・ドット


 フランスで田舎暮らしをする私にとって、「旅」は多くの刺激を与えてくれます。

 旅の楽しみ方はいくつもありますが、とりわけ私にとっての楽しみは、各地にある小さなホテルやシャンブル・ドットに滞在することです。

丹精込めた庭を歩くのも楽しい

 もともと、インテリアの仕事をしていたこともあり、フランスのホテルやシャンブル・ドットのインテリアを見るのは大好き! 各地で、オーナーさんのセンスが伝わるインテリアや、丹精込めた庭に出合うと、村を歩く時間を削っても、素敵な部屋の写真や中庭の写真を撮影することに、ついつい時間をかけてしまいます。


インテリアにもオーナーのセンスが光る

 日本ではあまり使われないビビッドなカラーを取り入れた独特なインテリアも、オーナーのセンスが光り、フランスの田舎にはお似合いです。

 オーナーさんたちとの出合いはさまざま。一期一会となることもありますが、フランスにきたばかりのころ、言葉がままならないまま旅をする私のことを、娘のように温かく見守ってくださったご夫妻もいらっしゃり、素晴らしい旅の記憶とともに、今でも大切な友人として親しくしていただいています。

 そんな中、今年の誕生日には、あるシャンブル・ドットで私の誕生日を祝っていただきました。
 気取らない家庭料理と美味しいワイン……。

誕生日のディナー

 何よりもうれしかったのは、私のために白バラの真ん中に赤いバラを入れ、日の丸を作ってくれたことでした。
 オーナーのご友人も訪ねてくださり、英語やフランス語を交えながら皆さんと空けたワインは、最高の思い出となりました。

 多くのオーナーさんたちとお話ししてみると、皆さんシャンブル・ドットをやり始めたきっかけはさまざま。
 もともとパリに住んでいて、老後は田舎でゆっくり暮らそうと思った方や、子供たちが巣立ったことをきっかけに、住んでいた所よりもっと田舎に家を買い替え、建物を自分たちの手でリノベーションして始められたり……。


家庭に招かれたような温かさも魅力

 どのオーナーさんたちも、うらやましいほど夫婦仲がよく、お互いのことを尊重し合っていることを強く感じます。フランスの男性はことさら奥さまのことを褒めるのが上手! 奥さまがいないところでも、「彼女は本当に料理が上手なんだ」とか、「今まで本当に素晴らしい仕事をしてきたんだよ」とか、「彼女はいつでも人のために一生懸命なんだ」と自慢してくれます。

「田舎で暮らすには何が必要ですか?」
 この質問をすると、皆さん口々に「やっぱり、動物がいないとね~。家族の一員なんだ」とおっしゃいます。

広い庭先にはシカが遊びにくることも

 その言葉通り、多くのシャンブル・ドットには犬や猫だけでなく、ロバや羊、馬、ニワトリなど、どこにいっても多くの動物と出合います。
 時には、庭先に野生動物がひょっこり遊びにくることも……。

 今年訪ねたシャンブル・ドットやホテルはすでに45件をこえ、どの地方にも忘れがたい思い出ができました。
 さて、今年もあと数カ月。
 これからまた、どのような出合いがあるのか楽しみです!


【今回の“とっておき”は……】
シャンブル・ドット


手づくりのジャムなど朝食も楽しみのひとつ

 シャンブル・ドット(Chambre d'hôte)の「Chambre」は部屋(寝室)、「hôte」はオーナーという意味。さまざまなタイプがありますが、一般的には家庭のゲストルームを宿泊者に提供していて、オーナーさんも同じ建物の中、もしくは敷地の中に住んでいるため、家庭に招かれたような温かさが魅力の一つとなっています。
 ホテルに比べてると部屋が広く、ゆったりと過ごせるので、ヨーロッパでは人気が高く、シャンブル・ドット専用のサイトもあるほど。多くは朝食付きで、比較的ホテルよりも安価に滞在できるのも魅力ですが、基本的に車がないと不便な郊外にあることが多く、日本人には訪れにくいかもしれません。それでも、インテリアにはオーナーの好みが色濃く出ていることが多く、庭も可愛いので、特に女性にはとても好まれています。
 オーナーの考え方やセンスが直接出るため、どのシャンブル・ドットに泊まるか、じっくり選びましょう。


★木蓮さんのブログ【フランス小さな村を旅してみよう!】
http://ameblo.jp/petit-village-france/

※WEB連載原稿に加筆してまとめた『フランスの花の村を訪ねる』が(発行:東海教育研究所、発売:東海大学出版部)絶賛発売中です。
WEB連載「フランス 花の村をめぐるたび」はこちらをご覧ください。
WEB連載「フランスの花の村を訪ねる」はこちらをご覧ください。
ページの先頭へもどる
【もくれん】
フランスの「おへそ」にあたるオーヴェルニュ地方の人口200人に満たない小さな村に在住する日本人女性。フランス人の夫との結婚を機に渡仏。いきなり2人のフランス人娘の母親になり悪戦苦闘だったが、生来の自由気ままな性格と、さまざまな地域に接しているオーヴェルニュの地の利を生かし、名もなき小さな村を訪ねる旅にどっぷりはまる。「パリだけではないフランスの美しさを伝えたい」と、「フランスの小さな村宣伝大使」を自負し、訪ねた村々をブログで紹介している。花にあふれる美しい村の魅力を伝えるブログは、日本でも多くのファンがいる。
新刊案内