× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ
フランスの田舎暮らし12ヵ月

木蓮
3月 オレンジ


 私にとって春の色といえば、まさしく「黄色」。
 2月から3月にかけてマルシェを彩るレモンやオレンジの鮮やかな色は、鈍色の空の下で過ごした冬の終わりを告げて、やっと訪れる暖かな春を連想させるのです。

スティック状のオレンジピール

輪切りのオレンジピールにブラックチョコレートを合わせたオランジェット

 この時期の楽しみといえば、やはりオレンジやレモンを使ったピール。
 フランスではBIO(ビオ=有機、オーガニック)のオレンジやレモンが簡単に手に入るので、まとめてつくって保存すれば、お菓子づくりや鶏肉のソースに大活躍します。
 時にはブラックチョコレートにくぐらせ、オランジェットにしてお茶の時間の楽しみに。
 子どものころは、あのほんのりとした苦みが嫌いだったマーマレードも、今では大好物。オレンジピールを細かく刻んで入れたスコーンとともに楽しみます。
 今年は、イタリアに住む友人に教えてもらったお菓子にも挑戦。
 オレンジのさわやかな香りとともに、窓辺に訪れる野鳥たちを眺めながら、まだまだ離れられない暖炉の前で暖かな春を待ち望んでいます。(つづく)

オレンジピール入りのスコーン

イタリアの友人に教えてもらったオレンジケーキ



             【今回の“とっておき”は……】

 マントンのレモン祭り


 南仏コート=ダジュールにあるマントンでは、毎年2月中旬から3月初旬まで、「レモン祭り」が開かれます(写真は2017年のマントンのレモン祭り)。この時期に街を訪れると、駅に降り立った瞬間からさわやかな柑橘系の香りに包まれ、柑橘類が好きな私は幸せな気分に浸れます。
 それもそのはず。

レモン祭りが行われている会場は、一面のレモンやオレンジで埋め尽くされ、それらを使ったコンフィチュールやシロップなどの商品がところ狭しと並んでいます。
 こんなふうに、その土地ならではの特産品がいろいろあるフランスの地方。旅の思い出に買って帰り、料理やお菓子に使って、もう一度その香りや味を楽しみます。


(写真提供:木蓮)

★木蓮さんのブログ【フランス小さな村を旅してみよう!】
http://ameblo.jp/petit-village-france/

※WEB連載原稿に加筆してまとめた単行本『フランスの花の村を訪ねる』が(発行:東海教育研究所、発売:東海大学出版部)絶賛発売中です。
WEB連載「フランス 花の村をめぐるたび」はこちらをご覧ください。
WEB連載「フランスの花の村を訪ねる」はこちらをご覧ください。
ページの先頭へもどる
【もくれん】
フランスの「おへそ」にあたるオーヴェルニュ地方の人口200人に満たない小さな村に在住する日本人女性。フランス人の夫との結婚を機に渡仏。いきなり2人のフランス人娘の母親になり悪戦苦闘だったが、生来の自由気ままな性格と、さまざまな地域に接しているオーヴェルニュの地の利を生かし、名もなき小さな村を訪ねる旅にどっぷりはまる。「パリだけではないフランスの美しさを伝えたい」と、「フランスの小さな村宣伝大使」を自負し、訪ねた村々をブログで紹介している。花にあふれる美しい村の魅力を伝えるブログは、日本でも多くのファンがいる。
新刊案内