× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ
美しいくらし
おうちで旅気分 育児漫画家・イラストレーター
高野 優
第4回 明日は明日の風が吹く


 三人の子どもたちが幼い頃、出張があるときは友人宅にお願いをしていた。仕事が終わったあとは自宅へ直行。とんぼ帰りどころか、とんぼより早いので、まさに電光石火帰り。

 観光が有名な場所だと後ろ髪がごっそり引かれるので、鏡の中のわたしは気が抜けた落ち武者のよう。すぐに友人宅へ迎えに行き、競うように話す子どもたちの言葉に耳を傾けながら、夢の世界へといざなう。いつかこの子たちが大きくなったら、出張先で地元の名産品に舌鼓をうったり、温泉にも寄ってみたい。そんな日は来るのかなぁと小さな寝顔を眺めながら、わたしまでうとうとと夢の中。

 そして「そんな日」が訪れた。  
 はじめて子どもたちだけで自宅で過ごす夜は、出張先から何度も電話をかけて嫌がられたほど。楽しみと心配を天秤にかけると、心配の方がずっと重いので、温泉に寄ったところでカラスの行水で終わってしまう。ゆっくりと楽しめるようになったのは、ここ数年のこと。

 それなのに、コロナ禍で講演会は軒並み延期になってしまった。ずっと家でごろごろしていると「たまには出かけたら?」と疎ましがられるように。1秒でも速くと、息急き切って迎えに行ったあの頃。あんなに走った理由はただひとつ。子どもたちの喜ぶ顔が見たいだけ、ただそれだけだった。

 さ、今日はどこの地へ飛ぼうか。去年の師走に講演で伺った別府市の温泉は、身体の芯まで温まり、心がほどけて、1年間のご褒美のようなひとときだった。その日を思いだして、別府温泉にしよう。終わりが見えない毎日は不安だけど、明日は明日の風が吹くと呟きながら、気持ちは遥か九州へひとっ飛び。
 別府では自宅のお風呂に温泉を引けるとのこと。蛇口をひねったら温泉が出てくるなんて楽園! ちなみに、愛媛県の松山空港にあるオレンジバーでは、蛇口をひねるとみかんジュースが出てくる。都市伝説じゃなくてホントの話。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆



高野優さんのオフィシャルブログ「釣りとJazzと着物があれば。」

【高野優さん☆過去の記事を紹介!】
さまざまな個性を考える「白熱!個性論」親子編では、3人の子育て経験をもとに親が向き合うわが子の個性についてインタビューしました。女流棋士の中倉彰子さんが将棋の魅力をつづった「将棋×子育てのイイ関係」で全10回のイラストを担当。「わたしの仕事道具」第1回では心に残る旅アイテムを紹介してもらいました。こちらも併せてお読みください。
ページの先頭へもどる
【たかの・ゆう】
育児漫画家・イラストレーターであり、社会人、高校生の三姉妹の母。
2008年のNHK Eテレ『土よう親じかん』と、2009年のNHK Eテレ『となりの子育て』で司会を務め、2013年のNHK Eテレ『ハートネットテレビ』や2020年のNHK Eテレ「ウワサの保護者会」にゲスト出演。2016年は日本テレビ『スッキリ!!』ではコメンターとしても活躍する。2014年開催の第62回日本PTA全国研究大会記念講演や2019年開催の第53回全国保育士会研究大会基調講演に登壇。日本マザーズ協会のベストマザー賞文芸部門を受賞(2015年)、講演会講師派遣「スピーカーズ」のスピーカーズアワード教育・育児部門で大賞を受賞(2018年・2019)。『思春期コロシアム』(東京新聞社)『よっつめの約束』(主婦の友社)『HSP! 自分のトリセツ』(1万年堂出版)など、著書は40冊以上になり、台湾や韓国等でも翻訳本が発売中。
新刊案内