× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ
美しいくらし
おうちで旅気分 育児漫画家・イラストレーター
高野 優
第1回 ペーパーインセンスの残り香
 1年365日。雨の日もあれば、晴れの日もある。うれしい日もあれば、少しイライラしてしまう日も……。毎日は当たり前のように過ぎていくけれど、身近にあるささいなコトやモノに目を向けると、平凡な1日がいつもと違った景色に見えるかもしれません。育児漫画家の高野優さんが、ふとした瞬間に感じる「小さな幸せ」をエッセーと楽しい漫画でつづる新連載「おうちで旅気分」がスタートしました。日々の暮らしを旅するように新鮮な気持ちで明るく過ごしませんか? 


 旅と香りは、いつだってワンセット。
 二十歳になったばかりの頃、往復の切符だけを手配して、海外へひとり旅にでた。決まっているのは、到着と出発の空港がイギリスということだけ。
 成田空港へ到着すると、イギリスのヒースロー空港へ向かう便にオーバーブッキングがあったようで、振り替え可能な乗客を探すアナウンスがひっきりなしに流れていた。便の変更に協力すると、フレックストラベラー制度で謝礼金やマイルがもらえる。

 自由な時間だけは限りなくあるバックパッカーだけど、お財布の中身は若干不自由。それならばと勇んでカウンターへ行くと、便だけではなく行き先もイギリスからフランスへ変わるらしい。一瞬ためらったけれど、アクシデントも旅の醍醐味だと思って快諾をした。

 シャルル・ド・ゴール空港へ到着後、ガイドブックに載っていたアパルトマン(アパート)へ電話をかけてはみたものの、英語が通じなくて焦りが募る。フランス語はちんぷんかんぷんなので、自分の拙い発音と語彙を嘆きつつも、短い英単語を並べてなんとか予約へこぎつけた。

 映画のセットのようなパリの街並みに圧倒されつつアパルトマンへたどり着くと、オーナーらしき女性が部屋を案内してくれた。簡単な英語とジェスチャーで部屋と家電の説明をしたあと、胸ポケットから厚紙を取りだして片手で器用に折り畳み、灰皿の上で火を点けた。ぼうっと音をたてながら、ほんの数秒で生成り色の紙は真っ黒な灰になり、残ったのは癖のある香りだけ。

 紙のお香があるなんて! いつまでも続く残り香は、長旅で緊張していた気持ちを静かにほぐしてくれた。1週間ほどお世話になりチェックアウトを終えると、オーナーがお釣りと一緒に紙のお香をわたしの手の平に乗せて、きっと誰もが知るフランス語を口にだして微笑んだ。

 時が流れた今でも紙のお香に火を点けるたびに、アパルトマンの壁紙の柄と、ドアにはめ込まれたステンドガラスが目に浮かぶ。そして、燃えながら香る紙を眺めていたわたしをちらりと見て、眉と口角を上げたオーナーの姿を。紙のお香がペーパーインセンスという名前だと知ったのは、帰国してずいぶん経ってからのこと。
 どうしてだかこのお香を使うと、背筋がしゃんと伸びて大人の女性になったような気分になる。年齢だけなら、もう十分立派な大人なのに。あの日、オーナーが呟いたフランス語は「bon voyage」。
 
 気軽にどこへも行けない今だからこそ、家の中で過ごしながら、今日も香りで旅をする。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆




高野優さんのオフィシャルブログ「釣りとJazzと着物があれば。」

【高野優さん☆過去の記事を紹介!】
個性について考える「白熱!個性論」親子編では、3人の子育てを経験した親目線の思いをインタビューしました。女流棋士の中倉彰子さんが将棋の魅力をつづった「将棋×子育てのイイ関係」で全10回のイラストを担当。「わたしの仕事道具」第1回では思い出の旅アイテムを紹介してもらいました。こちらも併せてお楽しみください。

ページの先頭へもどる
【たかの・ゆう】
育児漫画家・イラストレーターであり、社会人、高校生の三姉妹の母。
2008年のNHK Eテレ『土よう親じかん』と、2009年のNHK Eテレ『となりの子育て』で司会を務め、2013年のNHK Eテレ『ハートネットテレビ』や2020年のNHK Eテレ「ウワサの保護者会」にゲスト出演。2016年は日本テレビ『スッキリ!!』ではコメンターとしても活躍する。2014年開催の第62回日本PTA全国研究大会記念講演や2019年開催の第53回全国保育士会研究大会基調講演に登壇。日本マザーズ協会のベストマザー賞文芸部門を受賞(2015年)、講演会講師派遣「スピーカーズ」のスピーカーズアワード教育・育児部門で大賞を受賞(2018年・2019)。『思春期コロシアム』(東京新聞社)『よっつめの約束』(主婦の友社)『HSP! 自分のトリセツ』(1万年堂出版)など、著書は40冊以上になり、台湾や韓国等でも翻訳本が発売中。
新刊案内