× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ
美しいくらし
フランスの小さな村を旅する 写真と文
木蓮
第8回 乾いた石造りの家と古い城塞跡【エゲーズ】


 ワインで有名なコート・デュ・ローヌのブドウ畑の中心にあり、アルデシュ峡谷を見おろす崖の上にあるエゲーズ。オクシタニー地方でありながら3つの県(ガール、アルデシュ、ヴォクリューズ)に隣接し、どこかプロヴァンスの香りがする乾いた石造りの小さな村です。

 村の中に入るとプラタナスの木陰が美しい広場「Jeu de Paume(ジュー・ドゥ・ポーム)」があり、ペタンクを楽しむ人たちの姿が。その横は11世紀からの歴史を有し、何度も改修されている美しいサン・ロック教会で、入り口にはたわわに実ったオリーブの木がありました。



 可愛い雑貨屋さんを見ながら路地を抜け、小さなトンネルをくぐると、今度は真っ青なアルデシュ川に広がる崖にはりついた中世の村の姿を堪能することができます。この遊歩道(カストゥラ通り)はお勧めの散歩道。
 エゲーズを訪れた日はとにかく暑く、喉が渇ききったため、白いキョウチクトウの花を楽しみながら村の中に戻り、ひと息つくことに。窓から見える店の外には、アーティストが路地に埋め込んだ作品があり、旅行者たちは珍しく下を向いて歩いていたのが印象的でした。小さな村に恋をし、移住してくるアーティストたちは多いそうです。



 「オーッ!!」。ちょうど村を一周して戻ってきたところで、広場から歓声が聞こえてきました。どうやらゲームに決着がついたのでしょう。長い夏の夜を楽しむ村人たちの声を聞きながら、この村を後にしました。(つづく)


★ParisからAiguèzeへの行き方
PARIS Gare de Lyon駅からTGVでMontélimar駅まで約3時間。特急列車に乗り換えBollène-la-Croisière駅まで約20分。そこからタクシーで約16km。乗換時間などを考慮して合計約4時間20分。


★木蓮さんのブログ【フランス小さな村を旅してみよう!】
http://ameblo.jp/petit-village-france/

※WEB連載原稿に加筆してまとめた『フランスの花の村を訪ねる』が絶賛発売中です。
WEB連載「フランス 花の村をめぐるたび」はこちらをご覧ください。
WEB連載「フランスの花の村を訪ねる」はこちらをご覧ください。
ページの先頭へもどる
【もくれん】
フランスの「おへそ」にあたるオーヴェルニュ地方の人口200人に満たない小さな村に在住する日本人女性。フランス人の夫との結婚を機に渡仏。いきなり2人のフランス人娘の母親になり悪戦苦闘だったが、生来の自由気ままな性格と、さまざまな地域に接しているオーヴェルニュの地の利を生かし、名もなき小さな村を訪ねる旅にどっぷりはまる。「パリだけではないフランスの美しさを伝えたい」と、「フランスの小さな村宣伝大使」を自負し、訪ねた村々をブログで紹介している。花にあふれる美しい村の魅力を伝えるブログは、日本でも多くのファンがいる。
新刊案内