× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ
駆け出し忍者のくノ一修行
イラストレーター
いずみ朔庵
忍者修行 其の五 ~能ある忍者は爪を隠す、古文書に秘められた謎の巻㊤~
 好きなのに、長い間私が“忍者”に足を踏み入れなかったのは「真実を知りたくなかったから」というのも理由のひとつ。超人的な身体能力、強靭な精神、できればイケメンであって欲しいという理想の忍者は存在せず、実際は地味な仕事をコツコツこなしていたんだろうな、と想像するからです。
 歴史には「時代考証」がつきものですが、「忍者は手裏剣を投げなかった」「くノ一はいなかった」等々、そういうものに縛られると頭の中で自由に妄想が出来ないじゃん!私はとんだり跳ねたり分身したりする忍者が好きなの!と思ってしまうんですね。
 江戸の風俗を調べたりするのは好きなのに、忍者に関しては架空のヒーローを好む。ずっと見て見ぬフリをしていました。

 そんな時、三重大学で2018年度から「忍者・忍者学」を学べるというニュースが入ってきました。大学で忍者? まさか、卒業したら忍者になれるのでしょうか。現実がアニメや漫画に追いついたような話です。

高尾善希先生。今回はインタビューのみなので、忍び装束である必要はないのですが……

 どんな事を教えてもらえるのか調べない手はありません。同大学で忍者学を教えている先生の1人、高尾善希(たかお・よしき)准教授(以後、先生と記載)が今回のターゲットです!

 「忍者学の教員の1人として、私は主に古文書を教えています。最近“忍者部”も作りました」。三重大学で忍者学を教えている先生は3名。忍者を学問として考えること自体が新しいので、さまざまな分野の先生が集まって、学生と共に研究に取り組んでいます。驚いたのは、架空の忍者、つまり小説やゲームに出てくる忍者像も研究対象になっているということ。

私も忍び装束である必要はありませんけどね

 歴史物の創作というのは「江戸時代なのに髷をしてないのはおかしい」「この時代にこんなに女性が自由に動けるはずがない」など、常に「時代考証」とのぶつかり合いがあります。私も史実を調べるのが好きな一方で、創作は創作として楽しんでもいいんじゃないかなぁ、と考えています。だからこそ、いかにもケンカしそうな分野を一緒に学べるというのは、他の歴史学にはない画期的な出来事ではないかと思うのです(つづく)。


画:いずみ朔庵



◆今日の忍者さん



名前:高尾善希
忍者歴:0年(ナシ)
忍者の好きなところ:能力を隠すところ
得意技:古文書読み
コスチュームのポイント:
三重大学に【経費で】購入してもらいました

高尾善希先生の著書
『忍者の末裔』
(KADOKAWA/1,700円+税)

Q:忍者にとって大切なものは?
A:真面目
Q:忍者の活動に使って欲しいと1億円もらいました。あなたなら何に使う?
A:史料収集

高尾先生の個人ブログ「江戸時代研究の休み時間」
http://takaoyoshiki.cocolog-nifty.com/edojidai/

【朔庵亭 いずみ朔庵イラストレーションギャラリー】
http://www.sakuan.net/
ページの先頭へもどる
【いずみ・さくあん】
歴史や時代物をはじめ、着物や和柄など日本文化に関するイラストを得意とし、時代小説の挿絵や装画などを中心に活動中。担当した装画には、『お文の影』(宮部みゆき)、『ぼんくら同心と徳川の姫』シリーズ(聖龍人)、『恋と歌舞伎と女の事情』(仲野マリ)などがある。和雑貨メーカーへのデザイン提供や江戸解説も行うなど、“江戸が好きすぎるイラストレーター”として活動中だが、実は幼いころから大の忍者好き。2017年には「甲賀流忍者検定」初級に首席で合格し、現在は一人前の忍者になるために修行中。著書に『財布でひも解く江戸あんない~マンガで辿る江戸時代に暮らしと遊び』(誠文堂新光社)がある。
新刊案内