× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ
美しいくらし
イラストレーター
いずみ朔庵
【コラム:忍者の豆】②
 「忍者」という呼び方は、歴史小説家などが作品の中で使い始めたことで戦後に一般化された言葉。もとは地域や流派によりさまざまな呼び名がありました。有名なのは「伊賀者」「甲賀者」、ほか「透破(すっぱ)」「乱破(らっぱ)」「風魔」など。彼らを雇う大名が名づけたものもあります。特ダネなどをすっぱ抜く「すっぱ」の語源はこの「透破」から来ています。
 流派によって特徴もさまざま。そのルーツには正式に雇われた武士のほか、野武士や盗賊、修験道などがあげられることから、それぞれの得意分野を生かして活動をしていました。
 忍者の起源は日本古来のもの、大陸から伝わったものなどいくつかの説がありますが、日本最古の忍者の伝承として、聖徳太子が物部氏と争った時に活躍した大伴細人(おおとものさびと)という人物に「志能便(しのび)」という名前を授けたという逸話があります。

画:いずみ朔庵




◎浅草エンタメバス『サムライ&忍者 サファリ』◎



集合時間:1便 9:50 / 2便 12:50
出発時間:1便 10:00発 / 2便 13:00発 ※土・日曜運行
所要時間:70分
予約:2日前の22:00まで
募集人員:1便あたり20名(最少催行人員1名)
旅行代金:大人4,500円/子ども4,000円
集合場所:住所:東京都台東区浅草2-5-5 浅草六区セントラルスクエア
企画実施会社:株式会社 JTB
申し込み・問い合わせ:セグラスツアーデスク TEL:03-5830-7627
※JTB店舗でもお申込みいただけます。(プランコード:1JGF818-Cをお伝え下さい)
Web申し込みはこちらから↓
https://opt.jtb.co.jp/kokunai_opt/p/p1021040/


【朔庵亭 いずみ朔庵イラストレーションギャラリー】
http://www.sakuan.net/
ページの先頭へもどる
【いずみ・さくあん】
歴史や時代物をはじめ、着物や和柄など日本文化に関するイラストを得意とし、時代小説の挿絵や装画などを中心に活動中。担当した装画には、『お文の影』(宮部みゆき)、『ぼんくら同心と徳川の姫』シリーズ(聖龍人)、『恋と歌舞伎と女の事情』(仲野マリ)などがある。和雑貨メーカーへのデザイン提供や江戸解説も行うなど、“江戸が好きすぎるイラストレーター”として活動中だが、実は幼いころから大の忍者好き。2017年には「甲賀流忍者検定」初級に首席で合格し、現在は一人前の忍者になるために修行中。著書に『財布でひも解く江戸あんない~マンガで辿る江戸時代に暮らしと遊び』(誠文堂新光社)がある。
新刊案内