× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ

NEWS

2017.10.20

連載【読者モニターと行く初めての歌舞伎見物】がスタートしました!

【読者モニターと行く初めての歌舞伎見物】
「第1回 さあ、歌舞伎座へ」

「ホンモノの歌舞伎を観てみたい!」というアナタにぴったりな特別連載
【読者モニターと行く初めての歌舞伎見物】が始まりました。

新刊『恋と歌舞伎と女の事情』の著者・仲野マリさんが、初心者のための歌舞伎見物をわかりやすく教えてくれます。第1回は、仲野さんと歌舞伎座未体験という読者モニターの加藤珠由さんが、歌舞伎座地下2階で待ち合わせるところから。入場前にここであるものを買っていくようですよ!?

2017.10.17

「受け継ぎ、伝える精進料理」最終回を更新しました

☆受け継ぎ、伝える精進料理
三光院「竹之御所流精進料理」後継者 西井香春さん

最終回 御所ことばを精進料理に残す

 「三光院」で味わえる竹之御所流精進料理は、3人の女性が伝統を丁寧に手渡しし、80年間守り続けてきたもの。インタビューの最終回は、現在、その唯一の後継者である香春さんが次の世代へ伝えていきたいことを教えてもらいます。

2017.10.16

『恋と歌舞伎と女の事情』がもっと面白くなる!【新刊ナビを更新】

☆新刊ナビ『恋と歌舞伎と女の事情』
第2回 装丁(表紙デザイン)の秘密に迫る

好評発売中の新刊『恋と歌舞伎と女の事情』の見どころを紹介する「新刊ナビ」。第2回は、書籍の“顔”ともいえる表紙にズームイン!

2017.10.13

【フランスの花の村こぼれ話】いよいよ最終回!

☆フランスの花の村こぼれ話
木蓮さん
最終回 虹のふもとへ

最近の不安定な天気は困ったものですが、一方で東京あたりでも「虹が見えた!」と感動の投稿が増えているようです。それでも、なかなか見ることができない虹のふもと。『フランスの花の村を訪ねる』で紹介できなかったフランスの大空を彩る虹。必見です!

2017.10.12

【申し込み受付中】「子どもの権利条約」川名はつ子教授が銀座・教文館で講演します

好評発売中の絵本『はじめまして、子どもの権利条約』の著者・川名はつ子教授が、11月19日に銀座の教文館6階ナルニア国で講演します(要事前申し込み)。子どもの基本的人権を国際的に保障することを目的とした「子どもの権利条約」について、学び、考える、絶好の機会です。

◆日時:2017年11月19日(日)午後2時~3時30分
◆会場:銀座・教文館6階ナルニア国内 ナルニアホール
◆定員:40名(要事前申し込み。定員に達した時点で受付終了)
◆参加費:1000円

※講演会の詳細・申し込み方法はコチラをご覧ください。


2017.10.11

尼寺料理の真髄に迫る「受け継ぎ、伝える精進料理」第3回を更新

☆受け継ぎ、伝える精進料理
三光院「竹之御所流精進料理」後継者 西井香春さん

第3回 竹之御所精進料理の魅力

3人の女性が守り受け継いできた三光院の竹之御所流精進料理。御所ゆかりの尼寺料理ならではの魅力とは?

2017.10.10

【10/14開催】中倉彰子さんの将棋教室開講記念「子ども向け将棋交流大会」参加者募集中

WEBマガジン連載【将棋×子育てのイイ関係】の著者・中倉彰子さんがプロデュースする「いつつ将棋教室 東京府中校」が11月に開講! 
オープンを記念して、2017年10月14日(土)に子ども向け「いつつ将棋交流大会」が開催されます。

当日は、女流棋士・中倉彰子二段が大会の審判が務め、対局を見守ります。
参加対象は、将棋が指せる小学生以下のお子さんならOK。
希望者はコチラからお申し込みくださいね。(事前申込必要、各回先着20名)

□日時:10月14日(土)
     1部 10:15-12:00(10:00開場)
     2部 13:45-15:30(13:30開場)
□場所:東京都府中市宮町1丁目19-10 大内ビル
    (京王線府中駅から徒歩1分)

2017.10.09

『フランスの花の村を訪ねる』の著者・木蓮さんが来日しました

『フランスの花の村を訪ねる』の著者でフランス在住の木蓮さんが来日しました。9月22日から24日まで開催された旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン」でセミナーを実施。東京と神戸では出版記念パーティーも開催され、多くの読者の皆さんと交流しました。詳しくはコチラへ

2017.10.06

歌舞伎公式サイト「歌舞伎美人」のスマホ版に広告を出稿中です

新刊『恋と歌舞伎と女の事情』のWEB広告を、歌舞伎公式サイト「歌舞伎美人(かぶきびと)」のスマートフォン版に出稿中です。2017年10月18日まで。ぜひご覧ください。そして、WEB広告をポチッと押してもらえればさらにうれしいです。

2017.10.06

花の香りのフロマージュ?! 【フランスの花の村こぼれ話】更新です

☆フランスの花の村こぼれ話
木蓮さん
第4回 フロマージュその2 カンタル

サレール村では、村の名を冠したサレール以外にもカンタルという名のフロマージュも生産しています。『フランスの花の村を訪ねる』には載っていないおいしい話をそっとご紹介します。

2017.10.05

フィッティング・コンシェルジュの庄司博美さんが『婦人画報』で紹介されました

発売中の『婦人画報』11月号(ハースト婦人画報社発行)の特集「美と粋を育む街、銀座。」で、連載「好きこそ服の上手なれ。」に登場したフィッティング・コンシェルジュの庄司博美さん(Artisan salon de giso代表)が紹介されています。記事には洋服の魔術師・庄司さんが銀座の若旦那・若女将と一緒に取り組んでいる邦楽の稽古の様子や、お気に入りのフレンチ・レストランも。「え? フィッティング・コンシェルジュって何?」というあなた。ぜひ連載からお読みくださいね。

2017.10.05

女流棋士・中倉彰子さんの【将棋×子育てのイイ関係】第3回(下)更新しました!

女流棋士・中倉彰子さんの【将棋×子育てのイイ関係】
「第3回 美しさへのこだわり(下)」

美しいマナーや所作は教えられたものではなく、将棋に親しむことで自然と身につくのだそう。今回は、将棋をテーマにした映画での経験談も飛び出します。

素敵なイラストは、育児漫画家の高野優さんです。

2017.10.04

尼寺の住職たちの教えとは?「受け継ぎ、伝える精進料理」を更新

☆受け継ぎ、伝える精進料理
三光院「竹之御所流精進料理」後継者 西井香春さん

第2回 時代を紡いできた人

室町時代から600年余りにわたって受け継がれてきた竹之御所流精進料理を供する尼寺・三光院。この竹之御所流精進料理を武蔵野の地に根づかせた初代住職・祖栄禅尼、国際化を進めた二代目・香栄禅尼の功績を、三代目となる香春さんにうかがいます。

2017.10.03

女流棋士・中倉彰子さんの【将棋×子育てのイイ関係】の第3回を更新しました!

女流棋士・中倉彰子さんの連載【将棋×子育てのイイ関係】
「第3回 美しさへのこだわり(上)」


美しい将棋とは? 真剣勝負だからこそ、勝敗の枠を超えた美しさが存在する。美を追求する伝統文化に迫ります。

イラストは育児漫画家の高野優さん。今回も「クスッ」と笑えます!

ページの先頭へもどる