× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ
美しいくらし
フランスの美しい田舎と小さな村ワイン 写真と文
木蓮
第1回後編 ワイン造りは人生そのもの【ラヴァルダン】
 ラヴァルダンの村を散策した後に木蓮さんが向かったのは、この村の近くにあるパトリス・コランのドメーヌ(ワイン醸造所、ワイナリー)。優しいマダムと、ワイン造りへの情熱あふれる9代目の息子さんが迎えてくれました。

 パトリス・コランは1735年から農業に従事し、1900年にエミリアン・コラン氏が6ヘクタールの敷地と2頭の馬を使いワイン造りを本格的にスタートさせたという、現在9代目の歴史あるドメーヌです。私が訪れたのは、今年の収穫最盛期。とてもお忙しいはずなのに、マダムがブドウ畑の中で様々な品種の説明をしてくださいました。

 その横では、ブドウ収穫専用のトラクターがピノ・ドニスを収穫していきます。収穫前のブドウをいくつか試食させていただきましたが、それぞれに味が違うのがよくわかりました。シュナン・ブラン(ピノー・ド・ラ・ロワール)を口に入れると、甘みの中にも、少し酸味を感じましたが、マダムによると酸と糖分のバランスが大切なそうで、「収穫にはまだ少し早いわ。一番最後にしましょう」と話していたのが印象的でした。

 収穫したばかりのブドウは本当にみずみずしく……。

ロワール地方固有の黒ブドウ、ピノ・ドニス

ロワール地方原産のシュナン・ブラン



 「今年のブドウは、質、量ともに最高よ!」
 パトリス・コランはオーガニック製法にこだわったドメーヌですが、自分たちが育てているブドウに対しての絶対的な自信と愛情を、ひしひしと感じました。

 カーブの中を見学した際、9代目となる息子さんに説明していただきましたが、傍で聞いていたマダムの嬉しそうだったこと!
 「これ、日本に送るやつだよ」。息子さんはそう言いながら、ルミアージュ(瓶の底に溜まっている澱を、ボトルを少しずつ左右に回しながら立てていき、瓶口の近くに集めること)の説明を楽しそうにしつつ、カーブの中をくまなく案内してくださいました。

 次に向かったラヴァルダン村からほど近いヴァンドームにあるブドウ畑の中で、私が「息子さんは若いうちに素晴らしい仕事に出合って幸せですね!」と話すと、マダムが「ほんとうにそうね! でも……、彼はワイン造りを仕事とは思ってないわ。彼の人生そのものなのよ!」と目を細めて話していらっしゃったのが、今も強く私の記憶の中に残っています。

 家に帰ってから、パトリス・コランのロゼスパークリング「ペルル・グリーズ」を飲んでみました。私はアルコールがそれほど得意ではないため、辛口はあまり飲まないのですが、こちらは口当たりもよく非常に飲みやすかったので、正直びっくり。フルーティーな香りもよく、後味もさわやかでした。うちの夫は、ロワール近辺のワインが苦手だといつも言っていたのですが、とてもに気に入り、「おいしい!」と何度も言っていました。
 

 美しい景色を眺めながら育つブドウたち。
 ワインとともに、こんな景色を思い出していただけますように……。



☆ソムリエおすすめ! ラヴァルダンの小さなワイン☆



ペルル・グリーズ

「ペルル・グリーズ」


ドメーヌ(生産者):パトリス・コラン

 固有品種ピノ・ドニスを、暖かい地方独特の「メトッドリュラル(田舎方式)」で発酵させた希少なロゼスパークリングワイン。フレッシュで心地よい酸味は日本の家庭料理にもマッチします。

◆ラヴァルダンの小さなワインの詳細は?


ソムリエ・堀澤和弘さんの「ワインコラム」はコチラ⇒

◆このワインに合う料理は?


木蓮さんの「おすすめレシピ」はコチラ⇒

協力:株式会社グラムスリー「moulla(ムーラ)」
http://www.moulla.jp/


★木蓮さんのブログ【フランス小さな村を旅してみよう!】
http://ameblo.jp/petit-village-france/

※WEB連載原稿に加筆してまとめた『フランスの花の村を訪ねる』が(発行:東海教育研究所、発売:東海大学出版部)絶賛発売中です。
WEB連載「フランス 花の村をめぐるたび」はこちらをご覧ください。
WEB連載「フランスの花の村を訪ねる」はこちらをご覧ください。

ページの先頭へもどる
【もくれん】
フランスの「おへそ」にあたるオーヴェルニュ地方の人口200人に満たない小さな村に在住する日本人女性。フランス人の夫との結婚を機に渡仏。いきなり2人のフランス人娘の母親になり悪戦苦闘だったが、生来の自由気ままな性格と、さまざまな地域に接しているオーヴェルニュの地の利を生かし、名もなき小さな村を訪ねる旅にどっぷりはまる。「パリだけではないフランスの美しさを伝えたい」と、「フランスの小さな村宣伝大使」を自負し、訪ねた村々をブログで紹介している。花にあふれる美しい村の魅力を伝えるブログは、日本でも多くのファンがいる。
新刊案内