× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ
美しいくらし
わたしの仕事道具 トラベルライター
坂井彰代
第11回 時を重ねても色あせない取材ノート


イラスト:高尾斉



 私のおすすめの村を紹介する書籍『フランスの一度は訪れたい村』(2019年11月刊行)の追加取材のために、3回フランスを訪れました。そのときに肌身離さず持ち歩いていたのが、この取材ノートです。約10年前から同じシリーズを購入するほどのお気に入りで、お店やホテル、観光スポットなどのリサーチしたことを書き込んだり、簡単な地図や誌面イメージをスケッチしたりするのに使っています。

 フランスの本づくりに携わって38年。記事や原稿を書き終えたあとは、取材ノートを読み返すことはほとんどありません。ですが、今回の本の執筆にあたって、久しぶりに過去の数冊を見返すことにしました。すると、「石畳の道がつるつるして滑りそう」「野生化したヤギがいる」とか、他愛もない言葉がたくさん残されていたのです。私自身も忘れていたくらいですから、旅先で感じたままを無意識に書き留めていたのでしょう。

 そのなにげない走り書きを目にしたとき、何年も前に体験したことがパッと脳裏によみがえってきました。中世の美しい町並み、花が一面に咲く田園風景、偶然出会った本場の味……まるで昨日のことのように思い出した情景やワクワクした気持ち。それをたどって言葉を紡ぐことで、一冊の本ができました。時間が経つにつれて薄れてしまう感動や気づきは、この取材ノートのおかげでいつまでも色あせません。


(構成:狭間由恵)


【参加申し込み受付中】

『フランスの一度は訪れたい村』刊行記念イベント

2020年1月24(金)19:00から銀座で開催


「フランスの村」シリーズの著者、坂井彰代さん(『フランスの一度は訪れたい村』)と寺田直子さん(『増補版フランスの美しい村を歩く』)によるトークイベントを銀座蔦屋書店で行います。”旅のプロ”の2人がそれぞれの著書の中から選りすぐりの”とっておきの村”を紹介しつつ、田舎旅の魅力を語ってくれます。本に書ききれなかった宿泊やアクセス、観光名所などの旅情報が満載です。日本に居ながらにして、「フランスの村」が楽しめるこの機会をお見逃しなく!
イベント詳細と申し込み方法は

こちら

ページの先頭へもどる
【さかい・あきよ】
徳島県生まれ。上智大学文学部卒業。オフィス・ギア主宰。「地球の歩き方」シリーズ(ダイヤモンド社)の『フランス』『パリ&近郊の町』などの取材・執筆・編集を初版時より担当。取材のため年に3~4回、渡仏している。著書に『パリ・カフェ・ストーリー』(東京書籍)、『パリ・メトロ散歩』(同)がある。
新刊案内