× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ
美しいくらし
わたしの仕事道具 東海大学医学部付属病院 鍼灸師
高士将典
第6回 磨き、高めて手をつくる


イラスト:高尾 斉



 私が専門としている鍼灸(しんきゅう)は、東洋医学の治療法の一つです。患者さんの体に手を当て、そこから伝わってくる微妙な反応(気)を確かめながら治療の仕方を考えていきます。そして、「ここだ!」と思った経穴(つぼ)に、細い治療用の針を打つ。さらにまた、その針先から指の先に伝わってくる気の感触を探り、必要ならもう少し刺激を加えていく。だから、私にとっていちばん大切な仕事道具は、この「手」そのものなんです。

 学生時代、薬学を学んでいたときに東洋医学を知り、漢方薬とともに治療の両輪とされる鍼灸に出合いました。仕事をしながら鍼灸を夜学の専門学校で学び、「手」で患者さんから治癒力を引き出す奥深さに、どんどん引き込まれました。

 治療に使う針はさまざまあり、長さや太さが微妙に異なります。最初は、とにかく患者さんに治ってほしい一心で、効果が出やすいとされる太目の針を使っていました。でもあるとき、末期のがん患者さんに向き合う中で、体力が落ちているときはほんの小さな刺激がひどくつらく感じるのだと、あらためて思い知ったのです。
 どうしたら、その患者さんを少しでも楽にしてあげられるのか。それなら、太さにこだわらずどんな針でも十分な治療効果が出せるよう、自分の「手」を磨いていけばいい――。
 そう思って、今日までやってきました。

 今ですか? やっと一人ひとりの症状(身体の状態)に合わせて自在に治療ができるようになった……なんて思っているのは自分だけかも? まだまだですけれど(笑)。
 私たちは患者さんにとってベストな治療ができるよう、技術を高めていくことを、「手をつくる」と表現します。今は「手ができつつある」といったところでしょうか。鍼灸師としての研鑽は一生続くもの。そういう意味では、これからもずっとこの「手」をつくり続けていこうと思っています。
(構成:白田敦子)

高士将典さんの関連書籍&記事

☆東海大学医学部付属病院東洋医学科で治療にあたる新井信教授と高士将典鍼灸師が、大学病院ならではの知見豊富な臨床にもとづく具体的な症例を用いて、約150種類の漢方薬・生薬の処方と代表的な50種の“つぼ”を紹介。胃もたれ、ストレス、月経トラブル、更年期症候群などの不快な自覚症状にアプローチする。場合によって西洋医学の見方を補足するなど、わかりやすく治療法を説明する家庭の漢方医学決定版、『わが家の漢方百科』を好評発売中です。

☆鍼灸治療って、実際はどんなことをするの? そんな疑問にも答える東海大学医学部付属病院の漢方外来の受診体験記「漢方外来に行ってみた!」も併せてご覧ください。


【東海大学医学部専門診療学系漢方医学】http://kampo.med.u-tokai.ac.jp/

【イラストレーター:高尾 斉(たかお・ひとし)】
1951年島根県生まれ。Web、PR誌、会員誌、雑誌等などのイラストやデザインを手がける。趣味はベランダガーデニング、下手なフットサル。
[ホームページ]http://hitpen.net/
ページの先頭へもどる
【たかし・まさのり】
1958年神奈川県生まれ。昭和薬科大学生物薬学部卒業。東京衛生学園鍼灸マッサージ科卒業。明治国際医療大学大学院鍼灸研究科伝承鍼灸学専攻卒業。薬剤師、鍼灸師。東海大学医学部付属病院東洋医学科鍼灸外来。全日本鍼灸学会認定鍼灸師。総合医療学会認定師。
新刊案内