× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ
美しいくらし
フランスの花の村こぼれ話
木蓮
最終回 虹のふもとへ


 皆さんは、「虹のふもと」を見たことがありますか?

 日本に住んでいたころ、私も虹を見ることなんて1年に1回あったかどうか。それがオーヴェルニュに住むようになり、二重の虹を見るのは日常茶飯事になりました。
 ちなみに、1次の虹(主虹)と、その外側に見える2次の虹(副虹)では、色の順番が逆になります。それも、フランスで二重の虹を見て初めて知ったこと。
 主虹は赤がいちばん外側なのに、副虹は赤がいちばん内側になっているのをとても不思議に思い、慌ててネットで調べたのです。

 そして、何よりも私が驚いたのは、虹のふもとが見えること。
 そう、それだけ大地が広く、何もないってことなんです。もちろん、虹のふもとにたどり着くことなんてことはありませんが、大地から空に伸びる虹のふもとを見たときは、感激しました。

 虹は、ときに雲ににじんで幻想的に空を彩ります。虹の内側にもうひとつ繰り返すように虹が見える「過剰虹」という現象もよく見かけます。
 今まで見た中で最も印象的だったのは、朝、起きたときに見た虹。まだ空が明けきらず、オレンジ、ピンク、青が混ざり、そこに現れた虹は下の部分だけ幻想的に輝いていました。

 皆さんも、虹が見えたら少し手を止めて空を見上げてみてください。
 そこにはきっと、自然がプレゼントしてくれた、とっておきの景色が見えることでしょう。

――木蓮さんの著書『フランスの花の村を訪ねる』では紹介しきれなかった村の素顔、いかがでしたか? 最後に虹を見上げたのは、いつのことだったかな……そんなふうに思ったあなた。ぜひ『フランスの花の村を訪ねる』を読んでくださいね。きっと心に刻まれる風景が見つかるはずです。

(写真提供:木蓮)

★木蓮さんのブログ【フランス小さな村を旅してみよう!】
http://ameblo.jp/petit-village-france/

※WEB連載原稿に加筆してまとめた単行本『フランスの花の村を訪ねる』が(発行:東海教育研究所、発売:東海大学出版部)が絶賛発売中です。
WEB連載「フランス 花の村をめぐるたび」はこちらをご覧ください。
WEB連載「フランスの花の村を訪ねる」はこちらをご覧ください。
ページの先頭へもどる
【もくれん】
フランスの「おへそ」にあたるオーヴェルニュ地方の人口200人に満たない小さな村に在住する日本人女性。フランス人の夫との結婚を機に渡仏。いきなり2人のフランス人娘の母親になり悪戦苦闘だったが、生来の自由気ままな性格と、さまざまな地域に接しているオーヴェルニュの地の利を生かし、名もなき小さな村を訪ねる旅にどっぷりはまる。「パリだけではないフランスの美しさを伝えたい」と、「フランスの小さな村宣伝大使」を自負し、訪ねた村々をブログで紹介している。花にあふれる美しい村の魅力を伝えるブログは、日本でも多くのファンがいる。
記事一覧
新刊案内