望星 考える人の実感マガジン

会社概要

プライバシーポリシーについて

トップ 月刊望星とは 購読申し込み 投稿・投句 リンク集 メルマガ
ウェブ限定記事
今月の歌壇俳壇入選者
次号のご案内
バックナンバー
書籍
望星eブックス
 

2018年9月号
発売日 2018年8月16日
定価(本体556円+税)


購入する

bannar
bannar
bannar
かもめブックス
    
ツイッターでフォローしてください

9月号の目次

特集

人生は濁っている!
——濁点、濁音、鼻濁音の世界
●謎多き世界、魅力は尽きません!
濁点はどこから生まれてきたのか?
立読みコーナー
山口謠司
●いつか全容は解明される?
オノマトペにおける濁点のチカラ 小野正弘
●「ゴジラ」対「コシラ」、どっちが大きい?
濁音がもたらす音のイメージとは 川原繁人
●鼻濁音は“美”濁音?
声に出してみる「濁音」 山根基世
●“言葉”最前線の現場から
濁点、濁音はどう扱われてきたのか? 塩田雄大
●言葉をより効果的に伝えるために

「濁音」「鼻濁音」使い分けのススメ

梶原しげる


口絵

●写真でチェック! 
 部族国家アメリカ
 
●なんだこりゃ!? 写真館 66
  「だるま弁当」の恐るべき顔力
町田 忍

●歳歳年年モノ同じからず 30
 「強力わかもと」

 
●今月のこの二枚
 「東京マガジンバンク」
 

インタビュー

縄文時代は結末のないミステリー小説立読みコーナー

望月昭秀

ジャーナル

すぐ上を旅客機が飛ぶ 
 周知が足りない羽田増便・新ルート計画
樫田秀樹
部族国家アメリカ 
 第2部 2 レイシズムとナショナリズム
福田伸生

対談

にっぽん そぞろ歩き 11
 「雑誌あればこそ」立読みコーナー
池内 紀・川本三郎

連載

●あの日・あの味 小佐田定雄
●クジラと日本文化の話 27 大隅清治
●路の記憶[33] 平川克美
●怪獣たちの言い分 18
 排除される少数派(上)
澤宮 優
●マタギの村から 5 大滝ジュンコ
●メディア分光器 水島久光
●今月の体当たり 27
  希望のコンビニ
ハンター・マサ

Books

忙中本あり閑中本あり
「庄野潤三の時間のなかにひたっていると」

島田潤一郎

●新刊紹介 宇田智子著『市場のことば、本の声』(評・松永裕衣子)/落合陽一著『デジタルネイチャー』(評・沢渡曜)/松原隆一郎著『頼介伝』(評・丸山純)

著者インタビュー

野嶋 剛
東海教育研究所
掲載記事・画像の無断転載を禁じます
Copyright © 2018 Tokai Education Research Institute / ALL RIGHTS RESERVED