望星 考える人の実感マガジン

会社概要

プライバシーポリシーについて

トップ 月刊望星とは 購読申し込み 投稿・投句 リンク集 メルマガ
ウェブ限定記事
今月の歌壇俳壇入選者
次号のご案内
バックナンバー
書籍
望星eブックス
次号のご案内

次号2018年1月号は12月15日発売になります。

書体の正体びっくり、楽しい活字の世界 

 この世は活字でできていると言っても過言ではありません。新聞も雑誌も本も、いま誰もが手にするスマホもパソコンも活字あってのものです。そこには多くの書体があります。書体の代表選手は明朝とゴシックですね。たとえばこの原稿の書体はリュウミンRといい、右端のタイトルはリュウミンHという書体で、明朝です。スマホ系はゴシックが主流。いまアナタの身の回りに存在する活字にはすべて名前があるのです。それはどのように作られるのか?

好評連載

●なんだこりゃ!?写真館/町田 忍
●落語を聴いてみたけど面白くなかった人へ/頭木弘樹・松田恵美

発行・東海教育研究所 発売・東海大学出版部
掲載記事・画像の無断転載を禁じます
Copyright © 2017 Tokai Education Research Institute / ALL RIGHTS RESERVED