望星 考える人の実感マガジン

会社概要

プライバシーポリシーについて

トップ 月刊望星とは 購読申し込み 投稿・投句 リンク集 メルマガ
ウェブ限定記事
今月の歌壇俳壇入選者
次号のご案内
バックナンバー
書籍
望星eブックス
新刊のご案内


新刊

『フランスの小さな村を旅してみよう』
木蓮 著
A5判・並製・192ページ(オールカラー)
定価(本体2,300円+税)
購入する


新刊

『はじめまして、子どもの権利条約ワークブック』
川名はつ子(監修)、チャーリー・ノーマン(イラスト)
B5判・並製・64ページ(2色)
定価(本体800円+税)
購入する


新刊

『町田忍の手描き看板百景』
町田 忍 文・写真
A5判・並製・240頁(カラー112頁)
定価(本体2,200円+税)
購入する



『フランスの一度は訪れたい村』
坂井彰代 著
四六判・並製256頁(カラー127頁)
定価(本体1,900円+税)
購入する



『増補版 フランスの美しい村を歩く』
寺田直子 著
四六判・並製 280頁(カラー102頁)
定価(本体2,000円+税)
購入する



『七転び八起きのキャリアデザイン』
小倉克夫 著
四六判・並製・216ページ
定価(本体1,400円+税)
購入する



『にっぽん醤油蔵めぐり』
高橋万太郎 著
四六判・並製・272ページ
定価(本体1,400円+税)
購入する



『前に進む力—KeepGoing』
両角 速 著
四六判・並製・192ページ
定価(本体1500円+税)
購入する
既刊本はこちらへ
 

2021年2月号
発売日 2021年1月15日
定価(本体600円+税)

購入する

bannar
bannar
bannar
かもめブックス     
ツイッターでフォローしてください

2月号の目次

特集

海の呼吸
——アナタはその型を知ってますか?
●「誰もいない海」では、いけません
地球四十六億年の事件簿と海 立読みコーナー 藤岡換太郎
●世界は波で満ちている
どうして海は波打っているのか? 保坂直紀
●プラなし生活をはじめるしかない!
私たちはもはやプラごみを食べている? 中嶋亮太
●私たちの暮らし方は海の未来に直結している
「海の恵み」をこれからも望みますか? 山本智之
●豊かな日本文化は海がつくった
もっと上手に海と付き合っていこう! 山田吉彦
●世界の海には、まだお宝が眠っている!
「今日こそ見つけてやるぞ!」 八重野充弘
《ミニコラム》

むかしむかしイルカは陸にいた

不思議な深海魚の世界

村山 司

福井 篤


口絵

●虫めづる奇人の回想 24
  親子で地団駄を踏んだわけ
小松 貴
●南伸坊の「2まいの絵」 23
  写真の視覚体験が作り出した新しい絵画
南 伸坊

●雑草三千里 8
 白粉花(オシロイバナ)

藤井義晴

インタビュー

荒れた里山を価値ある場に 立読みコーナー 堀崎 茂

B級実録

割烹着な人びと
  奇妙なうわっぱりをめぐる冒険 16
加藤ジャンプ

ジャーナル

刑務所と読書
 元“半グレ”の「塀の内外」をつなぐプロジェクト 3
汪  楠

訪問記

荷風の庭 庭の荷風 8 坂崎重盛

往復書簡

本のゆくえ 7 立読みコーナー
 2020年12月

島田潤一郎
篠田宏昭

連載

●路の記憶 61
 「俳人一茶の愛した旅籠町——湯田中温泉」

平川克美
●怪獣たちの言い分 47
 「ガラダマの再来とコロナ——ガラモン」
澤宮 優
●大草原のつむじ風 25
 「ミルクの民」
大西夏奈子
●働く映画  10
 「侍は何のために戦ったのか——『七人の侍』」
奥 憲太
●歌が“伴走者”だったころ 9
 「しんみりと「独酌」を愉しむ」
細田真生
●メディア分光器 141
 「戦争と災害と感染症」
水島久光

Books

●新刊紹介 甲斐信枝著『あしなが蜂と暮らした夏』(評・松永裕衣子)/斎藤文彦著『忘れじの外国人レスラー伝』(評・佐藤康智)/小笠原博毅・福嶋聡著『パンデミック下の書店と教室』(評・沢渡曜)

東海教育研究所
掲載記事・画像の無断転載を禁じます
Copyright (C) 2021 Tokai Education Research Institute / ALL RIGHTS RESERVED