望星 考える人の実感マガジン

会社概要

プライバシーポリシーについて

トップ 月刊望星とは 購読申し込み 投稿・投句 リンク集 メルマガ
ウェブ限定記事
今月の歌壇俳壇入選者
次号のご案内
バックナンバー
書籍
望星eブックス
新刊のご案内


新刊

『町田忍の手描き看板百景』
町田 忍 文・写真
A5判・並製・240頁(カラー112頁)
定価(本体2,200円+税)
購入する


新刊

『フランスの一度は訪れたい村』
坂井彰代 著
四六判・並製256頁(カラー127頁)
定価(本体1,900円+税)
購入する


新刊

『増補版 フランスの美しい村を歩く』
寺田直子 著
四六判・並製 280頁(カラー102頁)
定価(本体2,000円+税)
購入する



『七転び八起きのキャリアデザイン』
小倉克夫 著
四六判・並製・216ページ
定価(本体1,400円+税)
購入する



『にっぽん醤油蔵めぐり』
高橋万太郎 著
四六判・並製・272ページ
定価(本体1,400円+税)
購入する



『前に進む力―KeepGoing』
両角 速 著
四六判・並製・192ページ
定価(本体1500円+税)
購入する



『懐かしの空き缶大図鑑』
石川浩司 著
A5判・並製・160ページ(オールカラー)
定価(本体2,200円+税)
購入する


『あんずのあいうえお』
蟹江 杏 著
A5判変型・上製・96ページ(オールカラー)
定価(本体3,000円+税)
購入する



『SHEILA KIMONO STYLE』
シーラ・クリフ 著
タッド・フォング 撮影
A5判・並製・112ページ(オールカラー)
定価(本体1,500円+税)
購入する
既刊本はこちらへ
 

2020年7月号
発売日 2020年6月15日
定価(本体600円+税)

購入する

bannar
bannar
bannar
かもめブックス     
ツイッターでフォローしてください

7月号の目次

特集

続・愛しの愛三岐
——美食と微妙食の万華鏡
●座談会
美食あり微妙食あり愛三岐 立読みコーナー 三重さん・愛知さん・
岐阜さん(発言順)
●豆味噌でつながる東海の食文化
独自のグルメは超A級の郷土食文化 大竹敏之
●濃尾平野の豊かな恵みに支えられて
「名古屋めし」の真相に迫る Swind
●東西の歴史と文化を飲み込んだ地
三重の食文化はまさにカオスである 編集部
〈資料〉

データで見る愛三岐
愛三岐を食べ尽くせるか!
路線図マップ(愛知県・三重県・岐阜県)
光秀も応援してる岐阜の食



口絵

●虫めづる奇人の回想 17 
  嗚呼、フンコロガシ 4
小松 貴
●南伸坊の「2まいの絵」 16
  「少年的」、「少女的」
南 伸坊

●雑草三千里 1
 爪草(ツメクサ)と白詰草(シロツメクサ)」

藤井義晴

インタビュー

ゲンゴロウを通し、自然との向き合い方を考える立読みコーナー 北野 忠

B級実録

割烹着な人びと
  奇妙なうわっぱりをめぐる冒険 9
加藤ジャンプ

ジャーナル

移植ツーリズムの深い闇 最終回
高橋幸春
戦前・南洋の日本人町を歩く
 からゆきさんの町サンダカン 上 立読みコーナー
太田尚樹

訪問記

荷風の庭 庭の荷風 1 立読みコーナー 坂崎重盛

連載

●路の記憶 53 「ラジオデイズが生まれた玉翠楼の夜(後編)」 平川克美
●怪獣たちの言い分 40
 「しのびよる魔性 エレキング」
澤宮 優
●大草原のつむじ風 18 「元日本留学生たちが国政に出馬」 大西夏奈子
●働く映画  3 「終わりの仕事と初めの仕事
  ——『山の郵便配達』」
奥 憲太
●歌が“伴走者”だったころ 2
 「あまりにも堂々としてるストーカー」
細田真生
●本のゆくえ 17 「傷ついた書籍」 島田潤一郎
●メディア分光器 134 「新しい日常とは何か」 水島久光

Books

●新刊紹介 唐沢孝一著『身近な鳥のすごい食生活』(評・松永裕衣子)/P・ジョルダーノ著、飯田亮介訳『コロナの時代の僕ら』(評・沢渡曜)/及川智早著『変貌する古事記・日本書紀』(評・佐藤康智)

東海教育研究所
掲載記事・画像の無断転載を禁じます
Copyright © 2020 Tokai Education Research Institute / ALL RIGHTS RESERVED