× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ
かもめ新刊ナビ 注目の新刊を紹介!
『恋と歌舞伎と女の事情』
かもめの本棚編集部
第2回 装丁(表紙デザイン)の秘密に迫る

 好評発売中の新刊『恋と歌舞伎と女の事情』の見どころを紹介する「新刊ナビ」。第2回は、書籍の“顔”ともいえる表紙を取り上げます。実は今回の書籍の表紙まわりには、パッと見ただけではわからない秘密(?)が隠されているのです。

新刊『恋と歌舞伎と女の事情』
コチラ
から購入できます。

【秘密その1】構図に凝ってみました

 ピンク色の帯を巻いた表紙まわりでまず目につくのは、女性の乱れた足、そして川の流れを思わせる着物の裾。あれっ? と思って裏返してみても、そこに見えるのは役者絵を握った手とかんざし。で、肝心の顔は?? ゆっくりピンク色の帯を外してみてください。夢見る江戸の女の子が現れます。この艶やかなカバー装画を描いてくれたのは、江戸が大好きなイラストレーター・いずみ朔庵さん。著者の仲野マリさんとデザイナーさんと何回も打ち合わせを重ねたうえで、完成した作品です。

【秘密その2】せっかくだから、表紙カバーも外してみてください

 帯を外したら、次は表紙カバーも外してみてください。書名と著者名が入った表表紙の右下に、女の子の顔。……そうです。イラストは同じものなのですが、表紙カバーとは違うレイアウトデザインになっています。(表紙と表紙カバーのデザインの違いを楽しんだ後は、表紙カバーを元どおりに付けていただけると、うれしい……)

【秘密その3】ピンク色にも意味があります
 表紙カバーに巻かれているピンク色の帯。この「ピンク」にも秘密があります。その答えは……ピンク色は著者・仲野マリさんのイメージカラーなのです(笑)。

 いかがでしたか? ちなみに、WEBマガジンの連載を彩った、いずみ朔庵さんが描くヒロインのイラストも、モノクロ掲載ではありますが全作品を書籍に収録してあります。こちらもぜひ、堪能してください。

新刊『恋と歌舞伎と女の事情』
コチラから購入できます。

【イラストレーター・いずみ朔庵さんからのメッセージ】

 今回、私が書籍の表紙カバー用に描いた着物の女の子は、歌舞伎好きで、恋に恋している江戸時代後期の大店の娘さん。鮮やかな振り袖の周囲には、役者絵が散らばっています。実はこの女の子、著者の仲野マリさんをイメージして描いたものなのです。歌舞伎の話となると、いつも心から楽しそうに話してくれる仲野さんは、年下の私が言うのも変ですが、キュートでかわいい女性。そのイメージを表紙イラストに反映させました。結果として、イラストレーター・いずみ朔庵の新たな方向性が出せたのではないかと思っています。
【朔庵亭 いずみ朔庵イラストレーションギャラリー】
http://www.sakuan.net/

【書籍のもとになったWEB連載記事の一部を公開中!】
連載「恋と歌舞伎と女の事情」
第1回 東海道四谷怪談㊤ 長女・お岩の結婚~優等生の誇りと誤算~
死ぬに死にきれず、化けて出るほど恨めしい彼女の思いは、いったいどこからくるのか?
そこに作用した彼女の性格とともにひもといていきます。

最終回 新版歌祭文~野崎村  野に咲く花の恋と意地~お光ちゃんの選択①
結婚式当日に恋の迷路に入り込んでしまうお光ちゃん。
彼女はどういう決断をすることになるのでしょう。

ページの先頭へもどる
【編集部からのお知らせ】
☆ただ今、制作中!
12月中旬に、新刊『東京おいしい老舗散歩』(安原眞琴著)が発売になります。気軽に入れる東京の老舗と下町めぐりの楽しみを、江戸文化研究家の著者が案内する12カ月の散歩エッセイです。お楽しみに!
記事一覧
新刊案内