× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ

試し読みする!
WEB連載の初回記事をお読みいただけます
 

『フランスの小さな村を旅してみよう』

木蓮 著

定 価 本体2,300円+税
判 型 A5判・並製
ページ 192頁(オールカラー)
発売日 2020年9月18日【予約受付中】
ISBN 978-4-924523-10-4

本の紹介
思いがけない場所で出会った小動物や花たち、路地に描かれた名もなき絵、生まれた土地を愛する心優しき人々……。小さな村には、心に残る出会いと発見がある。年間150カ所以上の小さな村を訪れているフランス在住の人気ブロガーが、これまで足を運んだ数えきれない村の中から特に心に残る55の「とっておきの小さな村」を厳選。コルス地方を含むフランス全土13地方を、みずみずしい視点で切り取ったオールカラーの写真とともに紹介する。ページをめくるだけで旅をした気分になれる一冊。

★初版限定!新刊発売記念Wプレゼントキャンペーン★
「当たるとうれしい読者プレゼント」&「必ずもらえる読者プレゼント(オリジナルポストカード1枚)」のW(ダブル)プレゼントキャンペーンを開催! ※初版限定特典のため、お早めにご予約&ご購入ください。

◎抽選で55名に! 当たるとうれしい読者プレゼント
『フランスの小さな村を旅してみよう』を購入して応募すると、フランスの小さな村に住む木蓮さん&フランスの最新観光情報を発信しているフランス観光開発機構がセレクトした、フランスゆかりのすてきなプレゼントが抽選で55名に当たります!(応募締切は2020年11月30日当日消印有効 ※初版限定で応募券が付いています)。

◎必ずもらえる読者プレゼント(オリジナルポストカード1枚)
『フランスの小さな村を旅してみよう』を購入すると、木蓮さん撮影のオリジナルポストカード全5種類のうちのいずれか1枚が付いてきます。※ポストカードのデザインは選べません。

▼新刊発売記念Wプレゼントキャンペーンの詳細はコチラ↓
https://www.tokaiedu.co.jp/kamome/contents.php?i=1134
著者紹介
[木蓮(もくれん)]
神戸出身。フランスの「おへそ」にあたるオーヴェルニュの人口200人に満たない小さな村に在住する日本人女性。フランス人の夫との結婚を機に渡仏。さまざまな地域に接しているオーヴェルニュの地の利を生かし、名もなき小さな村を訪ねる旅にどっぷりはまる。フランスの小さな村の美しさに魅了され、「パリだけではないフランスの美しさを伝えたい」と、訪ねた村々をブログで紹介。みずみずしい写真と住んでいる人間ならではの視点で人気を呼んでいる。著書に『フランスの花の村を訪ねる』(東海教育研究所)。

▼公式ブログ「フランス小さな村を旅してみよう」
https://ameblo.jp/petit-village-france/
▼WEBサイト「フランス小さな村を旅してみよう」
http://petit-village-de-france.com/
目次一覧
【ヌーヴェル・アキテーヌ地方】
魔法をかけられ時が止まったような村(アングル・シュル・ラングラン)
小さな小さな国境そばの村(アイノア)
朝焼けに染まる黄金のブドウ畑(サン・テミリオン)
海岸線を彩る漁師小屋(タルモン・シュル・ジロンド)
コロンジュ・ラ・ルージュ/モンパジエ/ラ・フロット

【オクシタニー地方】
霧の中の空飛ぶコルド(コルド・シュル・シエル)
マティスが愛したアンチョビの港町(コリウール)
乾いた石造りの家を巡る散歩道(エゲーズ)
サン・シル・ラポピー/ベルカステル/ヴィルフランシュ・ド・コンフラン

【プロヴァンス・アルプ・コート・ダジュール地方】
夢がぎゅっと詰まった女の子の隠れ家(ルールマラン)
コバルトブルーの絶景(ロクブリュヌ・カップ・マルタン)
紫の大地に抱かれて(ヴァランソル)
コクトーが愛したコート・ダジュールの楽園(イエール)
サン・ポール・ド・ヴァンス/トゥルトゥル/ボルム・レ・ミモザ

◆コラム 伝統を守り続けるファイアンス焼き

【コルス地方】
2つの教会が向き合うコルスの不思議な地(カルジェーズ)
バラ色のカランク・ド・ピアナ(ピアナ)

【オーヴェルニュ・ローヌ・アルプ地方】
マリア像に見守られた巡礼路の出発点(ル・ピュイ・アン・ヴレ)
ガレットの甘い香りに誘われて(ペルージュ)
ベス・エ・サン・タナステーズ/イヴォワール/トゥルヌミール

◆コラム オーヴェルニュAOPフロマージュ街道

【ブルゴーニュ・フランシュ・コンテ地方】
緑豊かなトリュフの里(ノワイエ・シュル・スラン)
満開の藤と光の道を求めて(ヴェズレー)
シャトーヌフ・アン・オクソー/フラヴィニー・シュル・オズラン

【グラン・テスト地方】
夢色の光をまとった童話の国(コルマール)
同心円状に広がるカラフルな花の村(エギスハイム)
セレスタ/タン/カイゼルスベルグ

◆コラム アルザスのガーデン&シャンブル・ドット

【サントル・ヴァル・ド・ロワール地方】
彼が恋した藤の花(アプルモン・シュル・アリエ)
私の小さな宝物(モントレゾール)
イエーヴル・ル・シャテル/ラヴァルダン/カンド・サン・マルタン

【ペイ・ド・ラ・ロワール地方】
白い大地の神秘的な朝焼け(ゲランド)
小説『モンソローの奥方』の舞台(モンソロー)
心地よい潮風に吹かれて(ピリアック・シュル・メール)

【ブルターニュ地方】
まぶたの奥に残るゼラニウムの赤(ロシュフォール・アン・テール)
中世の貿易で栄えた城塞都市(ディナン)
ロクロナン/ヴィトレ

【ノルマンディー地方】
バラが咲く清流の村(ヴール・レ・ローズ)
静かな森に残る3つの伝説(サン・セヌリ・ル・ジェレ)
ル・ベック・エルワン/リヨンス・ラ・フォレ

【イル・ド・フランス地方】
シスレーの魔法の絵の具(モレ・シュル・ロワン)
ゴッホの描いた心の色を求めて(オーヴェル・シュル・オワーズ)

【オー・ド・フランス地方】
2本のバラから始まる物語(ジェルブロワ)

◆知っておきたい! 小さな村を旅するヒント
 
NEWSNews一覧へ

2020.07.31

「かもめ通信」45号は新刊購入Wプレゼントのお知らせ!

2020.07.09

木蓮さんの新刊発売を記念したお得なプレゼントキャンペーン開催

2020.06.03

「日本農業新聞」で「醤油本」が紹介されました!

2020.04.21

「一度は訪れたい村」の坂井さんがFMヨコハマに出演 4/24&5/1

2020.03.12

【るーが行く!】更新。ワインとチーズのマリアージュ!
新刊案内
ページの先頭へもどる