× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ
今回のイチオシ記事は・・・
るーが行く!【フランスの村を味わいたくなる~の巻】 かもめの本棚 広報宣伝担当
カモメのるー
本屋B&Bで「一度は訪れたい村」刊行記念イベント開催 ㊦
 ますます盛り上がる『フランスの一度は訪れたい村』刊行記念トークイベント後半の様子を、前回に引き続き広報宣伝担当カモメのるーが報告します! 「村とワインのおいしい関係」をテーマに、2月20日に下北沢・本屋B&Bで開催された同イベント。著者の坂井彰代さんが新刊の中からワインの生産地として知られる村をピックアップし、フランスやイタリアの小さな村で造られたワインを専門に扱うオンラインショップ『moulla』のソムリエ・堀澤和弘さんが、その村にまつわるワインを紹介するものです。二人からルールマランとヴェズレーという2つの村の観光スポットとワインを教えてもらい、実際にテイスティングをしたところでイベントの前半が終了。さて、後半はどんな話が聞けるのでしょうか?

坂井彰代さん(左)と堀澤和弘さん


チーズとワインのマリアージュも


 イベント前半を終えて15分の休憩タイムになる前に、会場を埋めるフランス好き&ワイン好きの皆さんにうれしいサプライズ。ワインにぴったりなマリアージュのお相手が紹介されたんです! それは、ヴェズレーのあるブルゴーニュ・フランシュ・コンテ地方の名を冠した「コンテチーズ」。フランスを代表する熟成ハードチーズです。

試食用のコンテチーズにはかわいいフラグのピックが

 この日はコンテチーズの普及・販売促進などのプロモーションを手がける株式会社旭エージェンシーの采女宏美さんが来場し、チーズについて説明してくれました。采女さんからは、参加者の皆さんに試食用のチーズも特別に提供。ありがとうございました! また、休憩タイムには本屋B&Bさんのご厚意で、店内のドリンクメニューとしてムーラさんのロゼワイン「フォンテーヌ・デュ・ルール」(ドメーヌ・ド・ペコラ)も特別販売されました。

オクシタニーの村々とヴォルディさんの赤ワイン


 チーズとワインのマリアージュを堪能した休憩タイムが終わり、プログラムの後半は広大なオクシタニー地方から5つの村を紹介。フランス南西部にあるこの地域は、「フランスの最も美しい村」に登録されている村々が点在し、世界遺産や観光名所も多いのだそう。「新刊では『美しい村』のほか、絶景や教会、それに食やワイン、祭りなどのアイコンを表記して各村の見どころを紹介しています。ぜひ利用してください」と坂井さんが案内してくれました。

★坂井さんおススメの南仏オクシタニー地方にある5つの村はコチラ↓↓↓


 そして、いよいよ最後のワインの登場です! 人口130人のミネルヴ村でドメーヌを営むヴォルディさん一家が造る赤ワイン、「キュヴェ・ルネ」です。「ワインには、家族の名前を付けることも多いんですよ」と堀澤さん。さて、ヴォルディ家の〝ルネ〟とは誰なのかというと……。
 「〝ルネ〟はヴォルディ家で飼われている犬の名前なんです」と堀澤さんが言うと、会場の皆さんからドッと笑いが起きました。「愛犬もブドウ畑の鳥を追い払う働き者で、家族の一員なんですね」と堀澤さん。ヴォルディさん一家がブドウを家族総出で手摘みするところからワインができるまでを紹介する動画も披露され、試飲のワインに特別な味わいを加えてくれました。

エチケット(ラベル)に描かれているカーネーションのイラストが美しい「キュヴェ・ルネ」(ドメーヌ・ヴォルディ)

ヴォルディさんとは百貨店のワインフェアで来日したときに会ったことがあるんだ。愛犬のルネにも会いたいなあ!


 楽しい時間はあっという間で、締めくくりは2人から村とワインのとっておきのアドバイス。「村のレストランでは郷土料理と、それにあう地酒のようなワインに出会う楽しみがあります」と坂井さん。堀澤さんは、「地元のワインは店の人に相談しながら買うといいし、もし〝外れたな〟と思っても、それもまた旅の一興です」と話してくれました。

 この日は会場に、「かもめの本棚」のフランスシリーズの推薦をいただいているフランス観光開発機構のソーシャル・ネットワーク担当マネージャー・佐子なつ美さん、そして『フランスの一度は訪れたい村』の写真を撮ってくれた伊藤智郎さんも駆け付けてくれました。ありがとうございました! 終了後も会場にはサイン会に長蛇の列。ちょっとほろ酔い気分で名残惜しそうな皆さんを包み込むように、ワインの夕べは更けていきました。(おわり)

本とワインのマリアージュ、楽しんでいただけましたか? またお会いしましょう!


★『フランスの一度は訪れたい村』刊行記念イベント第1弾 @銀座蔦屋書店

「るーが行く! フランスを旅したくなる~」

もぜひ読んでネ!

好評発売中! 「フランスの村」人気シリーズ☆


『フランスの一度は訪れたい村』


著者/坂井彰代
 フランスの多彩な魅力を知るトラベルライターが、心が震える絶景、おいしい村ワイン、絵画の舞台など、フランス各地に点在する個性あふれる12地方30村の見どころを豊富なカラー写真とともに紹介。大人の旅心を誘う「フランス村巡りの案内書」です。

『増補版 フランスの美しい村を歩く』


著者/寺田直子
“旅のプロ”が案内するフランスの通な旅の入門書として好評を得た2016年版から3年半。パリからアクセスがよいフランス北西部の風光明媚な5つの村を新たに取材。歴史や芸術、食の魅力にあふれる、いま訪れるべき全35の村を収録し、内容がさらに充実しました。

『フランスの花の村を訪ねる』


写真・文/木蓮
 フランス在住の人気ブロガーが案内する、色とりどりの花であふれる小さな村。フランスの地方自治体を対象とした「花の町と村コンクール」で、レストランを星の数で評価するように4つ花から1つ花に認定された「美しい花の町と村」を中心に、四季折々のとっておきの景色が見られる30の村を厳選。詩情あふれる写真とともに紹介します。
ページの先頭へもどる
【かもめのるー】
[名前] カモメのるー
[所属] かもめの本棚編集部
[年齢] 永遠の3歳
[サイズ]片手に乗るぐらい
湘南生まれの新宿育ち。「かもめの本棚」の広報宣伝担当。「かもめの本棚」の書籍や記事を皆さんにもっと知ってもらいたい! という思いを胸に、西に東へ飛び回っている。「これからも応援よろしくね」(るー)
新刊案内