× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ
美しいくらし
フランスの一度は訪れたい村 トラベルライター
坂井彰代
最終回 雨露に濡れた礼拝堂を訪ねて「サン・セヌリ・ル・ジェレ」(下)

赤く色づく町並み

 村の中央を貫くメインストリートの両側には、中世の面影を残す家々が並んでいます。その壁面は紅葉したツタの葉で覆われ、村全体が秋色に染まっていました。歩いていると、もう一つモノトーンの壁を彩るものがありました。アジサイです。といっても、もちろん満開の時期は過ぎて、今やドライフラワー状態になっています。ブルターニュ地方の村、ロクロナンで知りましたが、北部の地方ではアジサイは夏の盛りに咲くようで、秋には花の形を残した姿になるのですね。シックな色合いに変化したアジサイも、なかなか味わいがありました。

ドライフラワーのようになったアジサイ

 シーズンオフだからこそ出会えた風景をカメラに収めながら、この村で「見たい」と思っていた場所を探します。それはある写真で見た小さな礼拝堂。その素朴な姿に心惹かれるものがあったのです。
 南へと延びるレグリーズ通りをどんどん下っていくと、村外れの一画で目指す礼拝堂を見つけました。どうしてこんなところに? と思わずにいられない草むらの隅っこにポツンと建っています。サン・セヌリ・ル・ジェレの絵葉書をつくるなら間違いなく登場する、幻想的な佇まいです。

 そばに置かれた工事用のコーンに一抹の不安を覚えながらも、雨露に濡れた草を踏みしめながら、サルト川の水辺に建つ礼拝堂にたどり着きました。不安は的中。礼拝堂は改修工事中で、中に入ることはできません。扉の張り紙に書かれた日程を見ると、とっくに工事は終わっているはずですが、急な延期はフランスではよくあることです。11~12世紀につくられた礼拝堂の内部には、フレスコ画などが残っているとのこと。内部が見られなかったのは残念ですが、礼拝堂の秘密めいた雰囲気は、扉を閉ざした状態のほうがより一層感じられそうな気がします。

サルト川のほとりに建つ小さな礼拝堂


 礼拝堂のそばを流れるサルト川の対岸を見ると、うっそうと茂る木々の合間に、小さなほこらのようなものがありました。これは、村の名前の由来となった聖セヌリも喉を潤したという泉なのだとか。今も水が湧き出ているか確認できなかったのですが、眼の病気に効くという言い伝えがあるそうです。

 礼拝堂から再び草むらを横断して柵の外に出たときには、靴下までぐっしょり濡れていました。「ノルマンディーの雨」は、靴底を濡らした冷たい露や、紅葉に彩られたサン・セヌリ・ル・ジュレの風景とともに、記憶に残ることでしょう。


【サン・セヌリ・ル・ジェレの行き方】
パリのモンパルナス駅から高速列車TGVで約1時間分のル・マン駅下車。そこから車で北へ約1時間。


(写真:伊藤智郎)

トラベルライター・坂井さんの連載「フランスの一度は訪れたい村」が最終回となりました。旅先で出会った美しい風景、かわいい雑貨屋さん、地元のおいしい名物などを、見たまま感じたままを軽快につづる坂井さん。ガイドブックでは伝えきれない村の見どころを、まるで一緒に旅をしているかのような心地よいエッセイに詰め込んでくれました。伝統や文化、風土も異なる地方色豊かなフランスの村巡り。村ごとのさまざまな魅力にふれる坂井さんの旅はこれからも続きそうです。(編集部)

【11月22日から発売開始】
トラベルライター・坂井彰代さんの連載が本になりました!

 フランスの村巡りをつづった連載「フランス小さな村の教会巡り」「フランスの一度は訪れたい村」をもとに加筆して書籍化! 新刊『フランスの一度は訪れたい村』として2019年11月22日(木)から発売になりました。
 本書で取り上げる村は、フランス本土12地方に点在する30の村。これまでに約100回も渡仏し、100カ所以上の村を訪ね歩いた坂井さんの、特に印象に残る村ばかりを集めました。名画を生んだ芸術家ゆかりの村、大地を見下ろす天空の城塞都市、逸話が残る美食の里など、時を経てもさらに輝き続ける村の魅力を、豊富なカラー写真とともに旅人目線で紹介します。新刊の詳細は

こちら



ページの先頭へもどる
【さかい・あきよ】
徳島県生まれ。上智大学文学部卒業。オフィス・ギア主宰。「地球の歩き方」シリーズ(ダイヤモンド社)の『フランス』『パリ&近郊の町』などの取材・執筆・編集を初版時より担当。取材のため年に3~4回、渡仏している。著書に『パリ・カフェ・ストーリー』(東京書籍)、『パリ・メトロ散歩』(同)がある。
新刊案内