望星 考える人の実感マガジン

会社概要

プライバシーポリシーについて

トップ 月刊望星とは 購読申し込み 投稿・投句 リンク集 メルマガ
ウェブ限定記事
今月の歌壇俳壇入選者
次号のご案内
バックナンバー
書籍
望星eブックス
新刊のご案内


新刊

『一寸のペンの虫』
三山 喬 著
四六判・並製・240ページ
定価(本体2,300円+税)
購入する


新刊

『東京おいしい老舗散歩』
安原眞琴 著
四六判・並製・208頁(カラー74頁)
定価(本体1,800円+税)
購入する


新刊

『恋と歌舞伎と女の事情』
仲野マリ 著
四六判・並製・288ページ
定価(本体1,850円+税)
購入する



『フランスの花の村を訪ねる』
木蓮 著
四六判・並製・256頁(カラー128頁)
定価(本体1,850円+税)
購入する


『働く文学』
奥 憲太 著
四六判・並製・272ページ
定価(本体1,800円+税)
購入する

『あんずとないしょ話』
蟹江 杏(絵と文)
A5判・並製・128ページ(オールカラー)
定価(本体2,400円+税)
購入する


『わが家の漢方百科』
新井 信 著/燻m将典(監修)
四六判・並製・368頁
定価(本体3,200円+税)
購入する


『はじめまして、子どもの権利条約』
川名はつ子(監修)/チャーリー・ノーマン(イラスト)
B5判・上製・88ページ(カラー80ページ)
定価(本体1,500円+税)
購入する


『メディア分光器』
水島久光 著
四六判・並製・304ページ
定価(本体2,200円+税)
購入する
既刊本はこちらへ
 

2018年3月号
発売日 2018年2月15日
定価(本体556円+税)


購入する

bannar
bannar
bannar
かもめブックス
    
ツイッターでフォローしてください

3月号の目次

特集

古書・品切れ・絶版に宝物あり!
●復刊が出版界を救う!?
これが書物の生きる道立読みコーナー 清田義昭
●小さな出版社に大きな存在感あり
ストックの中に潜む珠玉の本たち 島田潤一郎
●古本の町からカレーの町へ?
神保町の過去、現在、未来 東京古書組合
●読んでよし、ものとしても美しい
僕らが古書に魅かれるワケ立読みコーナー 石井紀男・坂崎重盛
〈エッセイとコラム〉
「懐かしがり」の不毛性について
〈書物復権〉共同復刊とは?
初見健一
編集部

口絵

●写真でチェック! 
  「古書店店主はけっこう忙しい!」
 
●なんだこりゃ!? 写真館 60
 踊る電話ボックス
町田 忍

●歳歳年年モノ同じからず 24
 「かっぱえびせん」

 
●今月のこの一枚
 「『アユタヤ日本人町の跡』の碑」
 

インタビュー

見えづらさを抱える子供たちの教育は?立読みコーナー 氏間和仁

歴史紀行

戦前・南洋の日本人町を歩く立読みコーナー
 第三部 アユタヤ日本人町
太田尚樹

対談

にっぽん そぞろ歩き 9
 「億劫を吹き飛ばす楽しきこと」
池内 紀・川本三郎

連載

●あの日・あの味 岡村稔久
●落語を聴いてみたけど面白くなかった人へ 35 頭木弘樹・松田恵美
●千年の百人一首 48 小林千草
●クジラと日本文化の話 21 大隅清治
●路の記憶[27] 平川克美
●怪獣たちの言い分 12
 信頼し合えない人間たちよ
澤宮 優
●メディア分光器 水島久光
●昭和異聞 12
 ルソン、死の行軍
清泉 亮
●今月の体当たり 22
 真っ赤から真っ青へ
ハンター・マサ

Books

忙中本あり閑中本あり
「北の国で紡がれた物語たちよ」
佐藤真一

●新刊紹介 吉田篤弘著『金曜日の物語』(評・松永裕衣子)、H・アーレント著/大久保和郎訳『エルサレムのアイヒマン』(評・沢渡曜)、樋口桂子著『日本人とリズム感』(評・丸山純)、富田克也・相澤虎之助著『バンコクナイツ潜行一千里』(評・佐藤康智)

発行・東海教育研究所 発売・東海大学出版部
掲載記事・画像の無断転載を禁じます
Copyright © 2018 Tokai Education Research Institute / ALL RIGHTS RESERVED