望星 考える人の実感マガジン

会社概要

プライバシーポリシーについて

トップ 月刊望星とは 購読申し込み 投稿・投句 リンク集 メルマガ
ウェブ限定記事
今月の歌壇俳壇入選者
次号のご案内
バックナンバー
書籍
望星eブックス
新刊のご案内


新刊

『働く文学』
奥 憲太 著
四六判・並製・272ページ
定価(本体1,800円+税)
購入する


新刊

『あんずとないしょ話』
蟹江 杏(絵と文)
A5判・並製・128ページ(オールカラー)
定価(本体2,400円+税)
購入する


新刊

『わが家の漢方百科』
新井 信 著/燻m将典(監修)
四六判・並製・368頁
定価(本体3,200円+税)
購入する


新刊

『はじめまして、子どもの権利条約』
川名はつ子(監修)/チャーリー・ノーマン(イラスト)
B5判・上製・88ページ(カラー80ページ)
定価(本体1,500円+税)
購入する


新刊

『メディア分光器』
水島久光 著
四六判・並製・304ページ
定価(本体2,200円+税)
購入する



『世界まるごとギョーザの旅』
久保えーじ 著
四六判・並製・256ページ(カラー33ページ)
定価(本体1,800円+税)
購入する



『ビートルズのデザイン地図』
石塚耕一 著
四六判・並製・168ページ(カラー80ページ)
定価(本体1,850円+税)
購入する



『「考古学エレジー」の唄が聞こえる』
澤宮 優 著
四六判・並製・320ページ
定価(本体2,300円+税)
購入する
既刊本はこちらへ
 

2017年8月号
発売日 2017年7月15日
定価(本体556円+税)


購入する

bannar
bannar
bannar
かもめブックス 和食探偵が行く
    
ツイッターでフォローしてください

8月号の目次

特集

和食探偵が行く その4 ——「われら塩の子」の巻
●塩なくして生命なし
体の中に海を取り込む立読みコーナー 高梨浩樹
●揚げ浜式塩田を守り続けて
楽な作業は一つもない立読みコーナー 角花 豊
●マニアックな塩好きが、つくり手と使い手を結ぶ!
塩愛にあふれた人を育てる 青山志穂
●“健康のために減塩”は間違っている?
塩博士が語る「塩を悪者にしないで!」 橋本壽夫
●減塩にカツ!
問題の本質は量よりも質 白澤卓二
〈ミニコラム〉

戸越銀座の塩専門店
塩まつりに行ってきました
「塩の道」の物語

 

口絵

●写真でチェック! 
  「さかいで塩まつり」
 
●なんだこりゃ!? 写真館 53
 趣味のリサイクル園芸
町田 忍

●歳歳年年モノ同じからず 17
 「開明墨汁」

 
●今月のこの一枚
 「聖キンガの岩塩彫刻」
 
 

インタビュー

「世界に誇れる伊勢のビールを作る立読みコーナー 鈴木成宗

ジャーナル

戦前・南洋の日本人町を歩く
   マニラ麻を支えたダバオの日本人たち(下)
太田尚樹

徘徊

ニッポンの元祖・本家の町めぐり 7
 駒込・巣鴨プーラプラ編
南 伸坊・坂崎重盛

連載

●あの日・あの味 川瀬七緒
●落語を聴いてみたけど面白くなかった人へ 28 頭木弘樹・松田恵美
●千年の百人一首 41 小林千草
●クジラと日本文化の話 14 大隅清治
●路の記憶[20] 平川克美
●怪獣たちの言い分 5
 世間に抹殺された襟巻怪獣ジラース
澤宮 優
●メディア分光器 水島久光
●昭和異聞 8 国鉄解体の陰で 清泉 亮
●今月の体当たり 17 島国のパロディは世界一クール ハンター・マサ

Books

忙中本あり閑中本あり
「男とは、こうしてオジサンになっていく」
小野哲史

●新刊紹介 橋中今日子著『がんばらない介護』(評・松永裕衣子)、高田高史著『社史の図書館と司書の物語』(評・沢渡曜)、町田康著『ホサナ』(評・佐藤康智)

発行・東海教育研究所 発売・東海大学出版部
掲載記事・画像の無断転載を禁じます
Copyright © 2017 Tokai Education Research Institute / ALL RIGHTS RESERVED