望星 考える人の実感マガジン

会社概要

プライバシーポリシーについて

トップ 月刊望星とは 購読申し込み 投稿・投句 リンク集 メルマガ
ウェブ限定記事
今月の歌壇俳壇入選者
次号のご案内
バックナンバー
書籍
望星eブックス
表紙

『大都会で最期の日々を送るには
 ホームドクターと考える「老後入門」』
土屋輝昌著

団塊世代、60代必読! 
「幸せな老後」のための、
医療と介護の「入門書」。
制度や施設、サービスなどの基礎情報と
「考え方」を、
医師で介護施設運営者の著者が解説、
アドバイスをしていく。



2015年7月10日発売
四六判・並製・245ページ
定価(本体1,700円+税)
ISBN978-4-486-03790-3
購入する

[内容]

いまはまだまだ元気でも、人はだれでも歳をとれば病気にかかる。
いずれは身体も衰えて、思うようには動けなくなる。
そんなとき、高齢者が「医療」と「介護」について知らなかったら、
その人(あなた)は、どうなるだろう?
間違った医療や介護を受けないために、幸せな晩年を迎えるために、
いまから知っておきたい制度や施設の基礎知識、そして情報——。
この本は、これから老後を迎えるあなたが、著者と一緒に考える
医療と介護の「入門書」です。

[目次]

まえがき
第一章 超高齢社会はこんなにつらい
第二章 大都会なら安心か?
第三章 訪問診療医が見た都市生活の弱点
第四章 老後の「難題」を乗り越えて
第五章 知っておきたい「医師」と「ケアマネ」のこと
第六章 幸せな終末期に向かって
第七章 病気との「つきあい方」を知る
第八章 支援や介護が必要になったら
第九章 失敗しない施設・サービズの選び方
第十章 心温まる環境で暮らし
あとがき

[土屋輝昌(つちや・てるまさ)
1960年、東京都生まれ。1990年東京大学大学院医学博士課程修了、医学博士号取得。東京大学医科学研究所、ハーバード大学医学部で遺伝子の研究に従事。帰国後、東京・福生市の(ひかりクリニック)と地元・港区(麻布光輝クリニック)に、土・日・祝日も外来診療と訪問診療に対応できる医療機関を開設・運営。独居の高齢者や終末期の患者のために、青山メディケア(サービス付き高齢者向け住宅・看護小規模多機能型居宅)と麻布メディケア(居宅介護支援事務所・ヘルパーステーション)を開設・運営。「心温まる医療と介護」をめざして、日々奮闘中。医療法人社団光輝会理事長。

戻る

発行・東海教育研究所 発売・東海大学出版部
掲載記事・画像の無断転載を禁じます
Copyright © 2014 Tokai Education Research Institute / ALL RIGHTS RESERVED