望星 考える人の実感マガジン

会社概要

プライバシーポリシーについて

トップ 月刊望星とは 購読申し込み 投稿・投句 リンク集 メルマガ
ウェブ限定記事
今月の歌壇俳壇入選者
次号のご案内
バックナンバー
書籍
 
表紙

『東北魂  ぼくの震災救援取材日記』

山川 徹 著

東北で生まれ育ち、歩き続けてきた著者が、東日本大震災発生直後、ふるさとの救援に駆けつけてから10ヵ月間に体験した出会いと別れ。元ラガーマンや捕鯨船員、泣き虫和尚、地域出版社「荒蝦夷」の人々……。震災以降の東北の真の姿を描く、渾身の人間ドキュメント。写真=亀山亮。


2012年3月2日 発売
四六判・並製 296ページ
定価(本体1,800円+税)
ISBN978-4-486-03742-2
購入する

目次

T 荒蝦夷の三・一一

七十二時間
ふるさとへ
覚悟
肩に刻まれた痛み ほか

U 忘れられない光景のなかで

東北人の我慢強さって何?
尾浦へ
捕鯨基地・鮎川
別れの挨拶 ほか

V 激しい雨

泣き虫和尚
ただ、待つしかない
季節の移ろいと海
鎮魂の夏祭り
クジラの町へ ほか



戻る

発行・東海教育研究所 発売・東海大学出版部
掲載記事・画像の無断転載を禁じます
Copyright © 2014 Tokai Education Research Institute / ALL RIGHTS RESERVED