望星 考える人の実感マガジン

会社概要

プライバシーポリシーについて

トップ 月刊望星とは 購読申し込み 投稿・投句 リンク集 メルマガ
限定記事を公開
今月の歌壇俳壇入選者
次号のご案内
バックナンバー
書籍
特集

食の〝国粋主義〟宣言


「正しい伝統食」を取り戻せ!


日本人は、移り変わる季節のなかで、
その土地ならではの食材を反映させて、
シンプルながら奥行きに満ちた食文化を築いてきた。
長い歴史のなかで
日本人の健康を支えてきた
伝統食の底力を、いまこそ見直したい。

2009年8月号
発売日2009年7月15日
定価(本体552円+税)


購入する

8月号の目次

口絵

季節を告げる年中行事④ ブドウの里、甲府盆地の盂蘭盆 長沢利明
ハッピーエンドレス 長尾みのる

特集

食の〝国粋主義〟宣言 「正しい伝統食」を取り戻せ!

●食の王国日本よ、立ち上がれ

伝統食は〝民族の宝〟である立読みコーナー 小泉武夫

●直接、子どもたちに教えるしかない

主食の乱れは行き着くところまで来た 幕内秀夫

●食卓は冗談かと思えるほど混乱している

日本人の食は、なぜここまで来たのか? 合瀬宏毅

●食べるものがまともなら、人はまともになる

子どもたちに食の幸福な記憶≠ 清水信子

●食は生命の歴史と共にある

人間は何を食べてきたのか? 片野 學

望星インタビュー この人の“実感”を聞きたい

「環境教育」で何が変えられるか 立読みコーナー 小澤紀美子

ジャーナル

夢路の果て「毛沢東暗殺犯」にされた日本人(下) 三山 喬
韓国の〝田舎〟を歩く 金 容権

連載

●銀輪ノ翁、東都徘徊ス④ 立読みコーナー 伊藤 礼
●カラスと髑髏 現代史の源流をさがす冒険④ 吉田 司
●ぼくは都会のロビンソン(最終回) 久島 弘

連載コラム

●百年の日本語 『明暗』夫婦の言語力学 小林千草
●あの日・あの味 森まゆみ
●本邦初演 いごこち談義 安原喜秀
●メディア分光器 水島久光
●街の記憶 安房文三
 

戻る

発行・東海教育研究所 発売・東海大学出版部
掲載記事・画像の無断転載を禁じます
Copyright © 2014 Tokai Education Research Institute / ALL RIGHTS RESERVED