望星 考える人の実感マガジン

会社概要

プライバシーポリシーについて

トップ 月刊望星とは 購読申し込み 投稿・投句 リンク集 メルマガ
ウェブ限定記事
今月の歌壇俳壇入選者
次号のご案内
バックナンバー
書籍
望星eブックス

『フランスの小さな村を旅してみよう』

木蓮 著

年間150カ所以上の小さな村を訪れている
フランス在住の人気ブロガーが
55の「とっておきの小さな村」を厳選。
オールカラーの写真とともに紹介する。
【初版限定特典付き】

2020年9月20日発売
A5判・並製・192ページ(オールカラー)
定価(本体2,300円+税)
ISBN 978-4-924523-10-4

購入する

[内容]

思いがけない場所で出会った小動物や花たち、路地に描かれた名もなき絵、生まれた土地を愛する心優しき人々……。小さな村には、心に残る出会いと発見がある。年間150カ所以上の小さな村を訪れているフランス在住の人気ブロガーが、これまで足を運んだ数えきれない村の中から特に心に残る55の「とっておきの小さな村」を厳選。ページをめくるだけで旅をした気分になれる一冊。

【初版限定特典付き】オリジナルポストカードを全員にプレゼント&抽選で55人に豪華賞品が当たる「Wプレゼントキャンペーン」。詳細はコチラ↓
https://www.tokaiedu.co.jp/kamome/france-present-2020/

[目次]

【ヌーヴェル・アキテーヌ地方】
  魔法をかけられ時が止まったような村(アングル・シュル・ラングラン) ほか
【オクシタニー地方】
  霧の中の空飛ぶコルド(コルド・シュル・シエル) ほか
【プロヴァンス・アルプ・コート・ダジュール地方】
  夢がぎゅっと詰まった女の子の隠れ家(ルールマラン) ほか
【コルス地方】
  2つの教会が向き合うコルスの不思議な地(カルジェーズ) ほか
【オーヴェルニュ・ローヌ・アルプ地方】
  マリア像に見守られた巡礼路の出発点(ル・ピュイ・アン・ヴレ) ほか
【ブルゴーニュ・フランシュ・コンテ地方】
  緑豊かなトリュフの里(ノワイエ・シュル・スラン) ほか
【グラン・テスト地方】
  夢色の光をまとった童話の国(コルマール) ほか
【サントル・ヴァル・ド・ロワール地方】
  彼が恋した藤の花(アプルモン・シュル・アリエ) ほか
【ペイ・ド・ラ・ロワール地方】
  白い大地の神秘的な朝焼け(ゲランド) ほか
【ブルターニュ地方】
  まぶたの奥に残るゼラニウムの赤(ロシュフォール・アン・テール) ほか
【ノルマンディー地方】
  バラが咲く清流の村(ヴール・レ・ローズ) ほか
【イル・ド・フランス地方】
  シスレーの魔法の絵の具(モレ・シュル・ロワン) ほか
【オー・ド・フランス地方】
  2本のバラから始まる物語(ジェルブロワ)

◆コラム
オーヴェルニュAOPフロマージュ街道
伝統を守り続けるファイアンス焼き
アルザスのガーデン&シャンブル・ドット

◆知っておきたい! 小さな村を旅するヒント

[木蓮(もくれん)

神戸出身。フランスの「おへそ」にあたるオーヴェルニュの人口200人に満たない小さな村に在住する日本人女性。フランス人の夫との結婚を機に渡仏。さまざまな地域に接しているオーヴェルニュの地の利を生かし、名もなき小さな村を訪ねる旅にどっぷりはまる。フランスの小さな村の美しさに魅了され、「パリだけではないフランスの美しさを伝えたい」と、訪ねた村々をブログで紹介。みずみずしい写真と住んでいる人間ならではの視点で人気を呼んでいる。著書に『フランスの花の村を訪ねる』(東海教育研究所)。

戻る

東海教育研究所
掲載記事・画像の無断転載を禁じます
Copyright © 2020 Tokai Education Research Institute / ALL RIGHTS RESERVED