望星 考える人の実感マガジン

会社概要

プライバシーポリシーについて

トップ 月刊望星とは 購読申し込み 投稿・投句 リンク集 メルマガ
ウェブ限定記事
今月の歌壇俳壇入選者
次号のご案内
バックナンバー
書籍
望星eブックス

『はじめまして、子どもの権利条約ワークブック』

川名はつ子(監修)
チャーリー・ノーマン(イラスト)

スウェーデンの画家が描いたイラストを見ながら、
子どもたちが自分の権利について自由に想像し、
言葉にして書き込めるワークブック。
大人や子ども同士で話し合う経験を通じて
「子どもの権利条約」への理解を深める一冊。

2020年9月20日発売
B5判・並製・64ページ(2色)
定価(本体800円+税)
ISBN978-4-924523-09-8

購入する

[内容]

子どもの基本的人権を国際的に保障することを目的に、1989年に国際連合で採択された「子どもの権利条約」は、生きる権利、守られる権利、育つ権利、参加する権利を4つの柱に、子どもたちを守っていこうとするものです。本書では全54条の中から、日本で暮らしている子どもたちの日常に関係する条文、子どもたちに正しく理解してもらいたい条文、そして、海外の子どもたちの状況に思いをはせることができる条文、合わせて10の条文を掲載。スウェーデンの画家チャーリー・ノーマンが描いたイラストを見ながら、子どもたちが自分の権利について自由に想像し、言葉にして書き込み、それをもとに話し合うことで、「子どもの権利条約」への理解を深める手助けとなるワークブック。

 

[目次]

子どもの権利条約について
このワークブックの使い方
保護者・指導者の方へ

前文
第31条 ゆっくり休み、自由な時間には遊んだり、読書したり、芸術にふれることができる権利
第28条 教育を受け、学ぶことができる権利
第24条 健康で生き生きとくらすための権利
第2条 だれのことも、どんなときも差別をしないやくそく
第19条 親からの虐待や放任から守られる権利
第12条 子どもが自由に意見を言い、意見を大切にしてもらえる権利
第23条 障害のある子どもたちが幸せに生きていける権利
第3条 子どもにとって、もっともよいことを考える
第20条 家庭環境をうばわれても、子どもにとってふさわしい環境で生活できる権利
第38条 子どもが、戦争にまきこまれることがないように守る

考えてみよう!<いちばん大切だと思った条文は?>
作ってみよう!<こんな条文があったらいいな>

子どもの権利条約(国際教育法研究会訳)

[監修:川名はつこ(かわな・はつこ)

早稲田大学里親研究会代表。早稲田大学人間科学学術院元教授。お茶の水女子大学文教育学部卒業。博士(医学)帝京大学。社会福祉士。太平出版社編集部、帝京大学医学部助手、帝京平成短期大学福祉学科講師を経て、2003年4月から2019年3月まで早稲田大学。専門は子ども家庭福祉(養子里親制度・障害児)。

イラスト:チャーリー・ノーマン

国立ストックホルム美術工芸デザイン大学卒業。同大学やスウェーデン国内のデザイン学校などで、グラフィックデザインやコピーライトに関する教鞭をとるかたわら、フリーのイラストレーターとしても活躍。新聞、雑誌、広告、教育教材などに作品を提供している。子ども支援専門の国際NGO「Save the Children」がスウェーデン国内で発行した「子どもの権利条約研修テキスト」のイラストを担当。

戻る

東海教育研究所
掲載記事・画像の無断転載を禁じます
Copyright © 2020 Tokai Education Research Institute / ALL RIGHTS RESERVED