× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ
美しいくらし
「仕上げ」のハワイ コラムニスト・旅行作家
山下マヌー
第2回 これまで知らなかった“ハワイの顔”
 日本人にとって最も身近な外国といってもいいハワイ。そのイメージは? と聞かれると、多くの人から即、「常夏の島!」と答えが返ってきそうです。でも、ちょっと待って。実は、「雪も降る」って知ってますか? 私たちが普段、抱いている印象とは全く違う顔を持つハワイ。実はそこにこそ、知られざる本当の姿があるのかもしれません。「ハワイならこの人!」という山下マヌーさんに、その魅力を掘り下げてもらいます。

ハワイ島マウナ・ケア山頂からの日の出


―― 前回、マヌーさんからリピーターの人たちでも「オアフ島のワイキキ一辺倒で、ホテルもなじみのところという人が圧倒的に多い」と聞きました。見知った環境で安心して旅をしたいという、リピーターならではの心の表われだと思います。でも今回は、そこから一歩踏み出し、知られざる魅力に触れられるような“仕上げのハワイ”について教えていただきたいです。

 「ハワイは地球の縮図」と言われているのをご存じですか? 講演会などでもよく話すのですが、地球の気候は熱帯雨林気候からツンドラ気候まで、一説によると17に分類されますが、そのうちの約3分の2がハワイに存在しているといわれています。太平洋の真ん中の小さな島々に、地球のほとんどの気候帯があるというのはすごいことですよね。この話をすると、皆さん驚きます。

―― ということは、もしかして雪も降るんですか?!

 もちろん! ハワイ島にあるマウナ・ケア山は標高4,205mで、富士山より約500mも高い。例年12月ごろから雪が降って、年によってはゴールデンウイーク近くまで残っています。
 空気が澄んでいるから星もすごくきれいで、山頂はいわば「太平洋でいちばん宇宙に近い場所」と言えるのです。雪と夕日と地球の影(日没後に太陽と反対の空に地球の影が映し出される現象)という絶景を超えた超絶景から夜空にきらめく満天の星まで。地球が見せてくれる素晴らしい光景を目の当たりにすれば、どんなに心の汚れた人でも1カ月は素敵な人になりますよ(笑)。
 この壮大な風景を見た人の中には、帰国後に会社を辞めたり、引きずっていた恋に終止符を打ったりと、知人の中だけでも人生を一変させたという人も少なくありません。人の心を動かす力を持っている、そんな場所でもあるのでしょう。

雪をいただくマウナ・ケア山


―― ロマンチックな光景が目に浮かびます! 私もこれまでの人生で汚れてしまった内面の汚れを落としに、マウナ・ケア山に登りたくなりました(笑)。そこで自分が何を感じるのか……これも、“仕上げのハワイ”にぴったりのプランですね。でも、頂上まで行くのは大変ではないですか?

海まで流れ込むキラウェア火山の溶岩流

素朴な風情もあるハワイ島のビーチ

 ガイド付きツアーを利用すれば車で頂上まで連れて行ってくれるので、歩きに自信がない人でも大丈夫ですよ。ツアー料金は200ドルほどと決して安くはありませんが、ホテルから頂上までの所要時間は1時間半~2時間ほど。それくらいでハワイ諸島で最も高い火山に登り、自分と素直に向き合えるのだとしたら、行く価値はあると思いませんか?
 せっかくハワイ島に行くなら、もう1カ所、ハワイ最大のパワースポットであり、地球と自然の力強さを感じられるキラウエア火山も見逃してほしくないポイントですね。

 ハワイ島へは日本から直行便も出ているし、オアフ島の中心地であるホノルルのホテルに比べて宿泊費も抑えられます。因みにホノルルのアパート1ルームの料金が、ハワイ島のアパートの3ベッドルームの料金が同じぐらいと言われています。 ブラックサンドビーチやハプナビーチなど、様々な表情を持つビーチはワイキキとは全く異なる雰囲気。島の自然と調和した、ハワイ本来のリゾート感覚を味わえるのではないでしょうか。

―― 島によって印象が違うんですね。「これが最後のハワイ」なら、日本からも気軽に行くことができてダイナミックな自然に触れられるハワイ島の旅も、断然アリです! ところで、マヌーさんがお好きな島は?

 個人的には最北端にあるカウアイ島かな。世界でいちばん多く雨が降る島で、緑が多く田舎の風情がいいんです。この島は、カメハメハ大王が、ある意味、最後まで興味を示さなかった島です。そのため大規模な開発がされることもなく、手つかずの山林や湿地も多く残り、島を一周できる道路もない。
 そんなカウアイ島のポイプというリゾートエリアに、“ハワイでもっともロマンチックなホテル”と呼ばれ、全米でも人気の高い「コア・ケイア・ホテル&リゾート」があります。低層階のブティックホテルで、ホテルの敷地からビーチまで遮るものが何もないという贅沢感は、ワイキキではありえない光景。静かで穏やかな空気感が漂い、いつか大切な人と行きたいホテルですね。(つづく)

コア・ケイア・ホテル&リゾート


―― にぎやかで楽しくて遊び方を心得ているホノルルもいいけれど、オアフ島以外に、これまで行ったことのない島を訪れてみるのもステキです。最終回は、ハワイとのアクティブな付き合い方について、さらに深めます。

(写真提供・山下マヌー、構成・宮嶋尚美)

【山下マヌー公式ブログ】http://lineblog.me/yamashitamanoue
ページの先頭へもどる
【やました・まぬー】
編集者を経てコラムニスト、旅行作家に。海外渡航回数350回超。海外に関する著作は60冊をこえ、その多くがロングセラーに。最新刊『山下マヌーのハッピーハワイ(得)マニュアル』ほか、ハワイ関連本は累計100万部をこえる、快適ハワイ旅行の第一人者。ハワイのみならずアジア各地から欧米都市部まで幅広く“マヌーさんならでは”の視点で旅を提案し続けている。
新刊案内