× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ
今回のイチオシ記事は・・・
るーが行く!【シーラさんの公開講座~の巻】 かもめの本棚 広報宣伝担当
カモメのるー
知られざる着物秘話が明らかに

着物研究家のシーラ・クリフさん

 こんにちは。「かもめの本棚」広報宣伝担当・カモメのるーです。今回は、着物研究家で大学教授でもあるシーラ・クリフさんの公開講座を突撃取材! 梅雨の晴れ間がのぞく7月6日、会場になった十文字学園女子大学(埼玉県新座市)に行ってきました。「日本文化との出会いから30年~次世代に伝えたいこと~」をテーマに、自身の半生を振り返ったシーラさん。そこで知られざるエピソードが明かされた! のです。
 さわやかなグリーンの着物をまとったシーラさんが登場すると、約100人の聴講者はうっとり。冒頭、スクリーンに映し出された、若かりしころの振り袖姿もきれいで見ほれてしまいますが、なんとこれらの写真、初公開! 今日は秘蔵写真とともにどんな話が聞けるのか? ワクワク期待が高まります~。 

着物に出会ったころの写真を披露


 まずは、ファッションに目覚めた(!?)幼少期から。イギリスで生まれ育ったシーラさんは双子の姉妹で、いつもおそろいの服ばかりを着せられていたそう。でもそれが嫌で、「エスニック系や色柄の派手なスタイルを好んで着るようになりました」と、そのころから洋服へのこだわりは強かったといいます。
 美術と演劇を専攻していた学生時代は、絵を描くことが好きな女の子に成長。「人」と「布」に興味があって、描くのは風景より洋服の絵ばかりだったとか。

 そんな彼女が日本にやってきたのは大学生の夏休み。来日のきっかけは意外にも「空手」を学ぶためでした。英語講師をしながら青森や伊豆などをツーリングしたり、岩や山を登ったり、ときには小さなテントで野宿もしたりと、青春を謳歌します。

 予想以上にアクティブな方なんですね……。このときはまだ、このままずっと日本に滞在することになるなんて、思いも寄らなかったはず。人生って何が起こるかわからないものです。

 ある日、人生を変える出来事が起こりました。それは、デパートの呉服売り場を通りかかったときのこと。色鮮やかな着物に見とれていたら、「羽織ってみませんか?」と販売員さんから声をかけられたのです。勧められるがままに初めて着物に袖を通してみると、その美しさにひと目ぼれ。販売員さんの「素敵ですねー」「お似合いですー」という褒め言葉にも後押しされて、なんと高価な着物をお買い上げしてしまった! 「清水の舞台から飛び降りる」を実践した後は、モヤシとパンの節約生活を送る羽目に……。

シーラさんのイベントだけあって着物姿の人も見られた

 それからどうなったかって? 「せっかく買った着物なのにどうやって着ればよいのかしら」と、途方に暮れるシーラさんは着付け教室に通うことを決意! 昼は英語講師、夜はテンプル大学のマスターコースに加え着付け教室、さらには染め物教室にも通い始めます。「まさにフル回転の2年間でした」と振り返りながらも、当時のこんなエピソードを披露してくれました。

 それは、蚕の飼育にトライしたこと。着物について学ぶ傍ら、友だちに勧められて蚕を自宅で飼い、できた繭から糸を紡ぐところまですべてやりきったそう。「これも着物を知るためのいい経験でした」と語るシーラさんの、チャレンジ精神はさすが。

 こうして苦労の末に着付けを習得した後は、人に頼まれて着物を着せてあげる機会が増えていったそう。中でも、一度だけ来日したお母さんに振り袖を着せてあげたことは大事な思い出の一つ。「着物を人に着せてあげる喜びを知りました」と笑顔で話してくれました。
 その後、着付けができたことで活動の場が広がっていったのだから、着物を衝動買いしてしまったことは運命だったのかもしれませんね。

ヘアメイクにもこだわったファッションショーの衣装を紹介


 講演中、3人のお子さんの晴れ着姿など、さまざまなプライベート写真をエピソードとともに紹介してくれました。ファッションショーに出演したときの衣装は、ホースを巻いた宇宙人風やメークが奇抜なパンク系!! ユニークで斬新な着物コーデをノリノリで着こなす様子に会場からも笑みがこぼれました。

会場では、サイン入り写真集『SHEILA KIMONO STYLE』を限定販売!

 「100年着られる着物の魅力を、若い人にもっと知ってもらいたい」という言葉で講演を締めくくったシーラさん。今回明かされた秘蔵エピソード&写真はシーラさんが歩んだ日本での軌跡。着物の楽しさや魅力を彼女の半生を通して伝えてくれました。

 なお、最後の質疑応答ではシーラさんに質問したい人が続出! サイン会では一緒に写真を撮りたいファンにシーラさんが気さくに応じる場面もあって、会場中は終始、温かい雰囲気に包まれました。(おわり)


☆シーラさんのおしゃれセンスがキラリと光る、四季折々の着物コーデまとめた写真集

『SHEILA KIMONO STYLE』好評発売中!



☆シーラさんの日常を写真で紹介する

「シーラの着物ライフ12カ月」

コチラ

ページの先頭へもどる
【かもめのるー】
[名前] カモメのるー
[所属] かもめの本棚編集部
[年齢] 永遠の3歳
[サイズ]片手に乗るぐらい
湘南生まれの新宿育ち。「かもめの本棚」の広報宣伝担当。「かもめの本棚」の書籍や記事を皆さんにもっと知ってもらいたい! という思いを胸に、西に東へ飛び回っている。「これからも応援よろしくね」(るー)
新刊案内