× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ
LETTERS 古典と古楽をめぐる対話
俳人 × 音楽家
小津夜景 × 須藤岳史
第1回 モザイクの下で(上) (小津夜景より)
 物事や芸術に接したときに心に湧きおこる感情は、どこからやってくるのでしょうか? 情感と呼ばれるものと、詩歌や音楽のつながりを探してゆく往復書簡の連載エッセイがスタートしました。フランス・ニースで暮らしている俳人の小津夜景さんと、オランダ・ハーグで暮らしている音楽家の須藤岳史さんが、言葉と音をめぐる思索の旅へいざないます。


 毎日、外に出るたび、空と海のとても青いことに驚いてしまう。
 そして驚きつつ、「そういえば、私は青い空と海が大好きだったんだ。きのう思い出したばかりだったのに、どうして忘れていたのだろう。そうだ、こんど誰かに『お好きなものはなんですか』と訊かれたら『青い空と海です』と答えよう。よし。これ、すごく大事なことだから、ぜったい忘れないようにしないと」と強く心に誓い、すみやかに忘れる。
 毎日、変わらない輝きでもって私を出迎え、この世界のすばらしさを思い出させてくれる景色が、古びたアパルトマンの扉の外に広がっている。
 それと出会い、それを思い出し、そして忘れ、またそれと出会う日まで、ずっと忘れている。
 もうそれを思い出さないかもしれないと思いながら、いつまでもそれを忘れている。
 それがなんであるかを少しも知らないまま。


 前略。住みなれた古いアパルトマンの裏手へまわり、信号をひとつわたると、そこはコート・ダジュールの青い空と海です。今朝はいつにもましてけろりとしたお天気だったので、この町でいちばん大きな窓のレストランでクスクス・ランチを食べようと思いつき、春コートをはおると海辺の停留所からバスに乗って、ニース空港にある「コクシ・グルメ」を訪れました。ここはお菓子がとてもいい。フランスで育った、チュニジアの港町スファックスの伝統レシピ。つややかに水飴をまとい、花細工のように手が込んでいて、風変わりな意匠にうきうきします。
 おなかがいっぱいになったあとは、ウォーターボトルを片手に、空港に接するヴァールの河口でしばらく鳥を観察しました。ヴァールは南アルプスのカワイヨル峠付近にはじまる113.8キロの川で、ニースとサン=ローラン=デュ=ヴァールとのあいだを流れて地中海へとそそいでいます。ニースがフランスに併合される1860年まではサルデーニャ王国とフランスとの国境の役割も担っていたそうで、そう言われてみれば、たしかに西岸はプロヴァンス文化、東岸はイタリア文化の香りがいまも濃い。とはいえ私にとってこの川の重要性は、ふたつの文化のまじわる水域一帯が2006年に自然保護区に指定された好湿地で、アヒル、千鳥、イソシギ、鷗、オオフラミンゴなど250を超える種が生息しているということなのでした。
 ヴァールをもっとも象徴する種は「海のつばめ」の異名をもつアジサシです。彼らは春になると、数千キロ向こうのアフリカからやってきて、入り江にうかぶ小島の砂利に小枝や貝殻を目印として並べただけのとびきりシンプルな巣をつくり、このあたりの沿岸一帯を壮大なコロニーへと変貌させます。彼らの群れが優美に宙を入り乱れるようすは出くわすたびにうれしく、紀野恵の〈ことりと秋の麦酒をおくときにおもへよ銀の条がある空〉という短歌を、季節ちがいをはばからずいつも思い出してしまうほど。
 この歌は昼の麦酒もさることながら〈おもへよ〉の一語がすてきです。だってこの命令はいわゆる秋の物思いではなく、それを超えた世界を想像せよということなのですから。からっぽの空をゆく、悲しみに目もくれない鳥。飛ぶものだけが描く、まばゆい〈銀の条〉の痕跡。紀野の作品というのは深い情感をあやなしつつも、たいていこの歌のようなあかるい現(うつつ)の時間が流れています。またその現(うつつ)は〈ことりと〉という初句四音の小さな余白からすっきりと広がる碧天までといったふうに、さまざまなグラデーションの空(うつ)によって織りなされているのです。

(つづく)


【小津夜景日記*フラワーズ・カンフー】
https://yakeiozu.blogspot.com/


(写真提供:著者)

ページの先頭へもどる
【おづ・やけい × すどう・たけし】
◆小津夜景◆1973年北海道生まれ。句集に『フラワーズ・カンフー』(ふらんす堂)。翻訳と随筆『カモメの日の読書 漢詩と暮らす』(東京四季出版)。フランス・ニース在住。

◆須藤岳史◆1977年茨城県生まれ。ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者。オランダ・ハーグ在住。
新刊案内