× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ
今回のイチオシ記事は・・・
るーが行く!【出版記念トークイベントに潜入する~】 かもめの本棚 広報宣伝担当
カモメのるー
その1 夢の対談「着物×ファッションは無限大」が始まった!
 「かもめの本棚」広報宣伝担当・カモメのるーです。今年もよろしくお願いします! るーの初仕事は、昨年12月8日に東京・霞が関の東海大学校友会館で開催されたシーラ・クリフさんの初写真集『SHEILA KIMONO STYLE』出版記念トークイベントの開催報告です。このイベントで、るーはすっかり着物ファンになりました。そのわけは……ぜひ読んでネ!

シーラ・クリフさん(右)と対談の特別ゲスト・重宗玉緒さん


 当日は快晴とまではいかないけれど、安定したお天気。こんなふうにちょっと寒いくらいのほうが、着物のおめかしにはちょうどよいかも~と、るーの期待は高まります。

「きもの来場特典」は、イギリス出身のシーラさんにちなんで、イングリッシュローズの香りのサシェ。『バラの香りの美学』を監修した「蓬田バラの香り研究所」が特別に調合してくれたんだ!!


 だって、今日は編集部の予想を上回る100人近くの人がこのイベントに参加してくれるんだもの。着物で参加してくれる人には特典も用意したから、大勢、着物で来てくれたらいいなあ……ワクワク!

 開場まであと30分、早くも着物姿の人が集まってきました。
 るーが見たことのない鮮やかな色の取り合わせ、シックな着物にまるで絵画のような絵柄の帯、上品に結い上げた髪に鮮やかな髪飾り、そしてベレー帽の人も……。あれ? ボクがまだ小さかったころ、大磯の浜でエサをくれたおばさまたちとは何かが違う。……そうか!! ひと口に「着物」とまとめられないくらい、一人ひとりが個性的。そして、誰もが自分の装いに自信を持ってキラキラ輝いているように見えるからなんだ。皆さん、本当にステキです!


 お友だちと連れ立ってくる人、カップル、そして1人で来てくれた人。男性は、るーの片足で数えられちゃったから、参加者は圧倒的に女性です。そして、先ほどからボクが目を奪われているように、9割くらいの人が着物姿で参加してくれました。皆、着物に恋しているんだね! ちなみに洋服姿の人も、デザインやアクセサリー使いが個性的でセンス抜群。
 やっぱりシーラさんのファンはおしゃれだ!

 あっという間に会場の席は埋まり、いよいよイベントのはじまりはじまり~!
本日のトークイベントは2部構成。前半は、着物・オブジェ作家の重宗玉緒さんを特別ゲストに迎えての対談です。
 大きな拍手に迎えられて登場したシーラさんは赤、重宗さんは緑を基調にした装い。「何色を着るの?」と、事前に2人で相談して決めたんだって。さすが、華やかなパーティーシーズンにピッタリで、お互いを見事に引き立てています。

シーラさん

 ステージに立つ2人に注がれる会場からの視線はキッラキラ。“恋する瞳”ってこんなんだろうな。カメラマンさん、今日はフラッシュいらないみたいですよ~。
皆さん、こんなにこの日を心待ちにしてくれていたんだね。るーは胸が熱くなりました。来てくれて、本当にありがとう!

 「着物×ファッションは無限大」をテーマにした対談は、「着物との出会い」からスタート。なんと2人とも骨董市やアンティークなど、古い着物を見てどんどん興味を深めていったんだって。なるほど、シーラさんのコレクションには大正時代など昔の着物が多いわけだ。一方、鮮やかな色やポップな柄が持ち味で、ちょっとシュールな重宗さんデザインの着物は、現代的。不思議に思ったボクですが、2人の話を聞いているうちに「そうか!」と思わず羽を打ちました。
 

重宗さん

 シーラさんは言います。「昔から愛されてきた美しい柄や色が、世の中からどんどん失われつつあるように感じます。着物の世界からこれらが消えてしまったら、とても寂しいでしょう」
 重宗さんも、「人間には、装飾したくなる“性(さが)”があるのでは? 自分でデザインしていると、文様や柄には無限大の可能性があると感じます。それを身にまとって表現できるのが着物の面白さではないでしょうか」
 今、街行く男性はもちろん、女性も多くが無地の装い。でも、昔の着物はもっともっと色や柄にあふれていたんだね! シーラさんと重宗さんは、着物にそれを取り戻そうとしているのかも。

 対談の最後を、「華やかな着物を着る人が増えると街も明るくなりそうですね」という言葉で締めくくってくれた2人。大丈夫! 今日、ここに来てくれた人たちの装いは、きっと街を明るくしてくれるはずです。

 こうして前半は終了し、休憩を挟んで後半のティータイム交流会へ。すると瞬く間に長い行列ができました。るーが目を凝らすと、その先にはにこやかなシーラさんの姿が。皆、シーラさんと言葉を交わしたり一緒に写真を撮ってもらいたいと、並んでいるんだ! 対談最後の質問コーナーで「実物にお目にかかれて感激です!」と話してくれた女性がいたけれど、こんなふうに会って言葉を交わした感動は、いつまでも忘れないに違いないよね。

 あっ、ところで皆さん、ティータイムの飲み物に合わせてプチケーキもお忘れなく、ぜひぜひ楽しんでね。ここのデザートはおいしくて、るーも大ファンなんです!

 次回は、写真集『SHEILA KIMONO STYLE』の撮影を担当した写真家のタッド・フォングさんを迎えての「KIMONO撮影裏話」などを紹介するよ。お楽しみに!

会場では重宗さんの作品販売や、「蓬田バラの香り研究所」の香り体験ワークショップも開催

プチケーキやクッキーなどのスイーツも好評でした!



【展示会のお知らせ】


 重宗玉緒さんの展示会が、ラフォーレ原宿で2019年1月23日(水)まで開催中です。今回は、「モダン着物小物梅屋」さんとのコラボによるラフォーレ限定ショップ。シュールで、ポップで、デコラティブな独特の世界観を間近で堪能できる絶好の機会です。ぜひお出かけ下さい。
★ラフォーレ原宿で開催中!「着物 IN LAFORET」の詳細はコチラ⇒
ページの先頭へもどる
【かもめのるー】
[名前] カモメのるー
[所属] かもめの本棚編集部
[年齢] 自称3歳
[サイズ]片手に乗るぐらい
湘南生まれの新宿育ち。「かもめの本棚」の広報宣伝担当。「かもめの本棚」の書籍や記事を皆さんにもっと知ってもらいたい! という思いを胸に、西に東へ飛び回っている。「これからも応援よろしくね」(るー)
新刊案内