× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ

試し読みする!
WEB連載の初回記事をお読みいただけます
 

『今日も珈琲日和』

鶴巻麻由子 著

定 価 本体1,600円+税
判 型 四六判・並製
ページ 224頁(カラー21頁)
発売日 2015年12月7日
ISBN 978-4-486-03795-8

本の紹介
東京の西側、武蔵野の面影が色濃く残る緑豊かな小金井界隈で、道行く人に1杯ずつ丁寧に淹れた珈琲を飲ませてくれる小さなリヤカー屋台のお店。ここには壁も敷居もない。晴れの日も雨の日も、夏も冬も、どこまでもつながる空の下、それぞれの人たちの日常の中に「珈琲屋台 出茶屋」はある。屋台を始めて10年。そんな屋台へと続く道を丁寧に綴る。
著者紹介
[鶴巻麻由子(つるまき・まゆこ)]
1979年千葉県生まれ。「珈琲屋台 出茶屋」店主。2004年に東京都小金井市に移り住む。同年、小金井市商工会が主催する「こがねい夢プラン支援事業」に応募し、リヤカーを用いた「珈琲屋台」のプランが採用される。注文ごとに豆を手挽きし、火鉢と鉄瓶で沸かした小金井の井戸水で心を込めて珈琲を淹れるスタイルで、現在は主に小金井市内3カ所に、曜日ごとにリヤカーを移動させて営業している。
目次一覧
1 軒先を借りるということ
2 山下さん
3 銀杏おじさん
4 19歳
5 大根農家のアルバイト
6 屋台を引く
7 平林家
8 冬支度
9 西荻生活
10 神保町
11 珈琲家 香七絵さん
12 珈琲と淹れる
13 火鉢屋さん
14 枡本さん
15 雨ニモマケズ風にもマケズ
16 一期一会
17 旅
18 つながり
19 子どもたち
20 出茶屋のこれから
担当編集者より
 
NEWSNews一覧へ

2017.10.16

『恋と歌舞伎と女の事情』がもっと面白くなる!【新刊ナビを更新】

2017.10.13

【フランスの花の村こぼれ話】いよいよ最終回!

2017.10.12

【申し込み受付中】「子どもの権利条約」川名はつ子教授が銀座・教文館で講演します

2017.10.09

『フランスの花の村を訪ねる』の著者・木蓮さんが来日しました

2017.10.06

歌舞伎公式サイト「歌舞伎美人」のスマホ版に広告を出稿中です
新刊案内
ページの先頭へもどる