× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ
子どものこれから
はじめまして、子どもの権利条約 早稲田大学教授
川名はつ子(監修)
第1回 はじめに

イラスト:チャーリー・ノーマン



 皆さまは、「子どもの権利条約」をご存じですか? この条約は、子どもの基本的人権を国際的に保障することを目的に、1989年に国際連合で採択されました。前文と54条の本文で構成され、生きる権利、守られる権利、育つ権利、参加する権利を4つの柱に、子どもたちを守っていこうとするものです。日本は158番目の批准国として1994年4月に批准。2017年3月現在、196の国と地域が締約しています。

 しかし残念ながら、今なお子どもと家庭をめぐるさまざまな困難はなくなってはいません。だからこそ私たち大人はもっと子どもの視点に立って、さらに深く子どもの権利を学び、考えていかなければならないと思うのです。そのための理解を深める一助として、スウェーデンの画家チャーリー・ノーマンさんが描いた「子どもの権利条約」のイラストを紹介しつつ、全54条の中から5つの条文を抜粋。その内容をわかりやすく紹介していきます。



※このWEB連載原稿に加筆してまとめた絵本『はじめまして、子どもの権利条約』が2017年3月25日に発売されました(発行:東海教育研究所、発売:東海大学出版部)。
ページの先頭へもどる
【かわな・はつこ】
1971年、お茶の水女子大学文教育学部卒業。博士(医学)帝京大学。社会福祉士。太平出版社編集部、帝京大学医学部助手、帝京平成短期大学福祉学科講師を経て、2003年4月から早稲田大学。専門は子ども家庭福祉(養子里親制度・障害児)。

【チャーリー・ノーマン】
1972年、国立ストックホルム美術工芸デザイン大学卒業。同大学やスウェーデン国内のデザイン学校などで、グラフィックデザインやコピーライトに関する教鞭をとるかたわら、フリーのイラストレーターとしても活躍。新聞、雑誌、広告、教育教材などに作品を提供している。子ども支援専門の国際NGO「Save the Children」がスウェーデン国内で発行した「子どもの権利条約研修テキスト」のイラストを担当。
記事一覧
新刊案内