× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ
石川浩司の缶コレランニング
ミュージシャン
石川浩司
第2回 これは一体なんじゃろな!?(上)
 さてさて、これからいろんな種類のドリンクを大雑把に分けてちょっと書いてみまーす。
 と言っても、あくまでほとんどは独断の種類分けで絶対的なものではないです。何故ならドリンクも長い歴史でいろいろなものがミックスされ、カオスになっていることもあるから。
 僕もこのコレクションを始めた当初は「コーヒー」とか「コーラ」とか「ウーロン茶」とか、単純に種類別にプラスチックのケースに選別して、よいしょよいしょと入れておいた。ところが、そこに突如難問が降りかかったのだ。
 そう。「コーヒーコーラ」や「ウーロンコーヒー」というドリンクが見つかってしまったのだ!

これがテキトー分類の始まりだ!(森永製菓株式会社)
 「デザインが同じなら同じものは1種類しかコレクションに入れない」掟の僕は困惑した。
 まさか2つを「ほおりゃ、これでどうじゃい!」と、やおらバキバキと怪力で引き千切ってコーヒーとコーラのケースにハァハァと別々に入れるわけにもいかない。
 当初、このエッセイの話を編集者とした時に「都道府県別」という案も出た。それも面白いとは思ったが、結局却下。全都道府県のドリンクは、多分がんばれば僕の2万種類のコレクションでなんとかそろえられるかもしれない。
 しかし、2万種類すべてをひっくり返して探さなければならないので、かかる時間の割にその並べ方が読者にとって面白いかどうかは微妙なところもあったからだ。

 そのうえ、必ずしも都道府県的に特徴のあるものばかりが集まるわけでもないかもしれない。滋賀県に鮒寿司ジュース缶が、福井県に越前蟹コーヒー缶が、熊本県に馬刺しスポーツドリンク缶は多分無いだろうしな……(あったら取り急ぎ教えてください。気持ち悪くても飲みます!)。
 さらに、都道府県別だともちろん単純に東京が圧倒的に多くなり、人口の少ない県などは数本しかないかもしれないということもあるだろうから、バランス的にも難しいだろうしね。
 それに、製造業者と販売業者が別の都道府県だったりすることもあるのだ。東京が本社の「キリン」のブランドでメッツという缶ドリンクがあるが、ガラナ味だけは北海道限定で発売されてたりもするので、その場合は地域が本社の東京なのか販売の北海道なのかも迷ってしまうからだ。
 なので種類分けはテキトーである。
 まあテキトーに楽しいことだけやって生きてきた僕らしい、いい意味での「適当」ととらえてもらいたい。

 さて、まずは「これは一体なんじゃろな!?」缶だ。
 ときどき缶を見ても「はて、これは何のドリンクなのだ?」と一発では分からない物がある。たいていは果実系ジュースならみずみずしい果物がかかれていたり、スポーツドリンクはマラソンしてる絵だったり、コーヒーは何故か髭のオッサンが描かれてたり、見た目でおおよそ何のドリンクだかすぐに分かるものがほとんどなのだが、稀にデザインが斬新過ぎて、もしくはネーミングが微妙過ぎて、数秒見てもなんなら数分見ても何味のどんなドリンクか分からないものがある。
 でもこういうの、実は好きなんだよね~。

地方缶もこんな分かりやすいものばかりならいいのだけれど(薄野地麦酒株式会社、企画・石炭博物館)
 缶ドリンクのコレクションをしているとよく聞かれるのが「一番おいしかったのは何ですか?」という質問だけど、これは回答に結構窮する。
 僕はそもそも前回も書いたとおり、カケフオレンジジュースから始まったちょっと変わったデザインに惹かれてのコレクションなので、ぶっちゃけ味にはたいして興味がない。もちろんものすごくまずかったり特徴のある一部の味は覚えてるけど、それ以外はたいてい普通においしく飲めるからね。特に国内だと。
 ちなみにその回答を敢えて言うなら、僕の個人的好みでは国内ではほぼ沖縄にしかポピュラーには売っていないルートビアーというのが好き(世界的には東南アジアでも結構人気がある)。ビアーと言ってもビールではなく炭酸飲料のソフトドリンク。しかしこれは非常に特徴的な味で、一番わかりやすい例えでは「サロンパス味」。さしずめ湿布薬を溶かしたような味で「ウェ~、何コレ。絶対無理無理無理~っ!」と言ってひとくちで吐き出す人もいるくらいの飲み物。でも俺はそれが大好きなのだ。なので味は本当に好みなので「おいしかったもの」と言われても♪困ってしまってワンワンワワンなのだ。

2万本にもなる石川浩司さんの空き缶コレクションから選りすぐりの1本を、「かもめの本棚」公式インスタグラムで紹介中。インスタグラム【今日の空き缶】ぜひご覧下さい。

【石川浩司のひとりでアッハッハー】
http://ukyup.sr44.info/
ページの先頭へもどる
【いしかわ・こうじ】
1961年東京都にて逆子生まれ。神奈川県・群馬県育ち。現在は、2万缶におよぶ空き缶コレクション保管のために埼玉県在住。バンド「たま」にてランニング姿でパーカッション、ボーカル担当。90年に「さよなら人類」でメジャーデビュー。同曲はヒットチャート初登場1位となり、レコード大賞新人賞などを受賞。2003年に解散後はソロで「出前ライブ」などの弾き語りおよびバンド「ホルモン鉄道」「パスカルズ」などで活動中。旅行記やエッセイなどの著作も多数ある。
記事一覧
新刊案内