× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 新刊・既刊案内 お問い合せ
TOKYO偉人さんぽ
イラストレーター(文と貼り絵)
きりたにかほり
第9回 円谷英二

改札を出る前にカメラを構えたのは
大きなウルトラマンと目が合ったから。

この日の祖師ヶ谷大蔵駅には
構内に様々なウルトラマンのポスターが貼られていて、
光の国のヒーローたちに明るくないわたしも
なんだか興奮してしまいました。


「すごいですね、もう、会えましたね!」

熱量そのままに編集さんと合流し、
線路沿いの公園でウルトラマン像を記念撮影。

見上げるほど大きな彼の足下には
テーマソングの楽譜が刻んでありました。

歌詞の下には不思議な記号も。
曲線的で、先端にはひねりがありますが
シルエットはアルファベットに近いような気もします。

これはもしかして……ウルトラ語?


今回歩くウルトラマン商店街は
小田急線祖師ヶ谷大蔵駅を中心とした
3つの商店街の総称。
現在は移転しましたが、
2005年までこの地に特撮の神様、円谷英二が創立した
円谷プロダクションがあったそうです。

縦横に伸びる通りを歩き始めると、
大きな商店街らしく、
角の花屋さんに始まり、おかし屋さん、飲食店、美容院と
華やかなお店が連なっていることに気づきます。

『ウルトラ文字』でオリジナルのはんこが作れるという
はんこ屋さんもありました。
きっとさっきの、あの記号!

謎はわりとすぐに解けました。


道の端にはゾフィーアーチ。
フライング姿勢が美しい彼の下をくぐって車道のほうへ。

お店の少ない道に油断しはじめたところで、
金色の看板を発見。

おいしい予感にガラス戸を押し開けると、
ゆわーん、ふおーんとドライフルーツのいい香り!

白いカウンターの上、重たそうなパンたちが並んでいます。

「この香りはどれですか?」

同じく白い服のスタッフさんは、少し不思議そうに、
でも、シャキッと答えてくれます。

「今、切っていたのでこれですかね。」

「それをください」

店員さんが掲げたのは、水を使わず山葡萄の果汁で練り上げたという一品。
頬が緩むのをこらえながら、
ほかにもいくつかのパンをスカウトしてお店を後にしました。



「この先に、円谷プロダクションの跡地があるそうですよ」

商店街のほうに戻り、地図をもとにゆるやかな坂を下ります。
古そうな家々があって、太い木々がそびえていて、
歩くには心地よい道でしたが
住所を元に探しあてたその場所には、
新しくて白いマンションが建っているのみでした。

うーん。ちょっとざんねん。


元来た方へ戻る途中で
どうぞ、の呼びかけに応じ、おむすびのお店へ。

「鶏そぼろ、おねがいします」

「メニューの文字はどなたが書いてるんですか?」

出来上がるのを待つ間、
スタッフさんに尋ねてみると、
今、にぎっている人が書いていると教えてくれました。

細い筆で書かれた文字から、その人柄を感じます。

「先生が書いてるのよ。横の、なんて書いてあるかわかる?」

「……わからないです」

そこにあったのは書き崩した漢字のようなもの。
草書のような、うねりの多い字を読むことはできませんでした。

「これはね、ヘンタイガナっていうの。」と先生。

「へええ!」

「いろはにほへと、って書いてあるのよ。」

以、路、者。
い、ろ、は。

さっきは読めなかったのに、
たしかに言われてみればそんな気がしてきます。


駅の向こう側もひと歩きして、
にぎやかな特撮の聖地は取材終了。


貼り絵の完成には3分以上掛かりそうです。





※きりたにさんのホームページ「たいようのみやこ」
http://taiyonomiyako.com/index.html
※きりたにさんの連載エッセイ「TOKYO銀座めぐり」
http://www.tokaiedu.co.jp/kamome/contents_i201.html
ページの先頭へもどる
【きりたに・かほり】
1984年秋田県生まれの香川県育ち。熊本県立大学卒業後に上京し、都内制作会社にデザイナーとして勤務。現在は「世界をあたためたい」と絵を描き、関東を中心にイラストの制作や似顔絵屋さんなど行っている。
記事一覧
新刊案内