望星 考える人の実感マガジン

会社概要

プライバシーポリシーについて

トップ 月刊望星とは 購読申し込み 投稿・投句 リンク集 メルマガ
ウェブ限定記事
今月の歌壇俳壇入選者
次号のご案内
バックナンバー
書籍
望星eブックス
表紙

『働く文学
——仕事に悩んだ時、読んでほしい29の物語』

奥 憲太 著

文学はけっして正解を押しつけない。
あるのは答えではなく、問いそのものだったりする。
だからこそ、
どこかに今のあなた自身がいるかもしれない。
あなたを動かす言葉が、
あなたに見つけられるのを待っているかもしれない。
働くあなたに「働く文学」を――。

2017年6月28日発売
四六判・並製・272ページ
定価(本体1,800円+税)
ISBN978-4-486-03906-8

予約購入する

[内容]

現役会社員で、産業カウンセラー、キャリアコンサルタント(国家資格)としても活動をしている著者が、「社会人という人生初の世界」「孤独について」「同僚・上司・部下」など7つのテーマで、29編の「働く文学」を紹介してゆく。また第一部では、著者が「働くことの意味」を探す労働体験の中で出会った〈働く人々の言葉〉を紹介する。

[目次]

はじめに 働くこととはどういうことだろう?

〈第一部 働くことを探して〉

第一章 仕事を語ることの難しさ

第二章 私が出会った働く人々

〈第二部 読んでほしい29の物語〉

人はなぜ、働く文学を読むのだろうか

PART1 働くことの意味を探して
 「ア・ルース・ボーイ」佐伯一麦/「対岸の彼女」角田光代/「河口へ」佐藤洋二郎/「聖産業週間」黒井千次/「書店ガール」碧野 圭

PART2 社会人という人生初の世界
 「何者」朝井リョウ/「やってられない月曜日」柴田よしき/「フルタイムライフ」柴崎友香/「鉄の骨」池井戸潤

PART3 孤独について
 「ポトスライムの舟」津村記久子/「巨人と玩具」開高 健/「さして重要でない一日」伊井直行/「秒速10センチの越冬」岡崎祥久/「放浪記」林芙美子

PART4 働く情熱のゆくえ
 「風に舞いあがるビニールシート」森 絵都/「闘牛」井上 靖/「ロックンロールミシン」鈴木清剛/「光る壁画」吉村昭

PART5 同僚・上司・部下
 「スローカーブを、もう一球」山際淳司/「沖で待つ」絲山秋子/「狭小邸宅」新庄 耕/「八甲田山 死の彷徨」新田次郎/「十二月の窓辺」津村記久子

PART6 仕事と家庭をめぐって
 「プールサイド小景」庄野潤三/「夕陽ヵ丘三号館」有吉佐和子

PART7 定年後を生きる
 「定年ゴジラ」重松 清/「極楽カンパニー」原 宏一/「楢山節考」深沢七郎/「李陵」中島 敦

あとがき 出会うことから、すべてははじまる

[奥 憲太(おく・けんた)

1969年生まれ。京都府出身。慶応義塾大学卒業。人事・人材開発・経営企画等に携わる現役会社員。産業カウンセラー、キャリアコンサルタント(国家資格)としても執筆・活動をしている。1995年に三田文學新人賞佳作入選。著書に『百年の花』(梧桐書院)がある。

戻る

発行・東海教育研究所 発売・東海大学出版部
掲載記事・画像の無断転載を禁じます
Copyright © 2014 Tokai Education Research Institute / ALL RIGHTS RESERVED