望星 考える人の実感マガジン

会社概要

プライバシーポリシーについて

トップ 月刊望星とは 購読申し込み 投稿・投句 リンク集 メルマガ
ウェブ限定記事
今月の歌壇俳壇入選者
次号のご案内
バックナンバー
書籍
望星eブックス
表紙

『明暗』夫婦の言語力学
小林千草著

女性言語学者が解き明かす、夏目漱石『明暗』夫婦の会話コミュニケーションと百年の日本語の世界。
津田とお延の夫婦の会話と、その周囲の人々のことばの心理に迫りながら、 人と心の関係が織りなす“明”と“暗”をあぶり出していく。
未完に終わった結末に向け、漱石が配した「ことばの伏線」も明らかにする。


2012年12月10日 発売
四六判・並製 336ページ
定価(本体2,300円+税)
ISBN978-4-486-03745-3
購入する

目次

第一章 御帰り遊ばせ

第二章 夫を千里眼で見抜ける?

第三章 突然疑惑の焔が……

第四章 愛と虚偽

第五章 吉川夫人の思惑

第六章 「そりゃ嘘だ」「どうして嘘なの」

第七章 一通の手紙

第八章 湯治場の中心点なる清子

●こばやし・ちぐさ 1946年生まれ、京都育ち。東京教育大学大学院文学研究科修士課程修了。東海大学文学部特任教授。博士(文学)。一九八五年に佐伯国語学賞、二〇〇二年に新村出賞を受賞。千草子の筆名で小説・評論も書く。

戻る

発行・東海教育研究所 発売・東海大学出版部
掲載記事・画像の無断転載を禁じます
Copyright © 2014 Tokai Education Research Institute / ALL RIGHTS RESERVED