望星 考える人の実感マガジン

会社概要

プライバシーポリシーについて

トップ 月刊望星とは 購読申し込み 投稿・投句 リンク集 メルマガ
ウェブ限定記事
今月の歌壇俳壇入選者
次号のご案内
バックナンバー
書籍
 
表紙 【望星ライブラリー Vol.5】

『いらない日本、いる日本
論客40人の予言・断言・遺言・提言』

望星編集部・編


豪華著名人がヒントを語るどうする、どうなる、あなたと日本。 西木正明、小田実、筑紫哲也、堀田力、新藤兼人ら豪華論客人が、今後に生きる「ヒント」を語る月刊「望星」の巻頭インタビューが一冊にまとまりました。

定価(本体1,700円+税)
購入する

明日の見えない不安―そんなことが言われ出したのはいつごろからだったろう。明治維新後の近代化と敗戦後の民主化、そして高度経済成長による産業構造の変化によって成り立ってきた私たちの社会は、ここへきて急激な変化に見舞われている。旧来の諸制度の疲労、共通の価値観や倫理の崩壊……。それらは長引く景気低迷のなかで、人々の不安を伴ってますます露わになってきた。日本という国も、私たち個人も、もはやこれまでの進路はたどれず、新たな道を手さぐりしながら進まねばならない時代にさしかかったのだ。

月刊誌『望星』は、そうした時代に少しでも「あらまほしき明日の社会や暮らしの姿」を提示しようと、多くの識者に意見を求め、毎号インタビュー記事を掲載してきた。読者が自分や世の中の「いま」と「明日」を考えるための視点を、あるいはヒントを獲得できるようにと願っての企画だったが、今回その一部を選んで収めたのが本書である。

いらない日本、いる日本―。これからの時代に本当に必要なものは何なのか、そのために何を捨てなければならないのかを、この表題や本書に登場する人々とともに、あらためて考えていただければ幸いである。 月刊『望星』編集長  岡村 隆

第1章 文明・環境
第2章 歴史・戦争
第3章 市民・政治
第4章 社会・制度
第5章 現代の犯罪
第6章 高齢社会
第7章 子ども・教育
第8章 新しい生き方


戻る

発行・東海教育研究所 発売・東海大学出版部
掲載記事・画像の無断転載を禁じます
Copyright © 2014 Tokai Education Research Institute / ALL RIGHTS RESERVED