望星 考える人の実感マガジン

会社概要

プライバシーポリシーについて

トップ 月刊望星とは 購読申し込み 投稿・投句 リンク集 メルマガ
限定記事を公開
今月の歌壇俳壇入選者
次号のご案内
バックナンバー
書籍
特集

100年の遠野物語


『遠野物語』が柳田国男の手で出版されてから
今年で100 年。
流れてきた時間は、物語を読み継ぎ、
語り継いできた人々や、
遠野という土地に何をもたらしてきたのか?
これからも年輪を重ねていく物語の魅力を探りたい。

2010年6月号
発売日2010年5月15日
定価(本体552円+税)


購入する

6月号の目次

口絵

季節を告げる年中行事 水無月の茅の輪くぐりて夏は来ぬ 長沢利明
ハッピーエンドレス 長尾みのる

特集

100年の遠野物語

●現代に何を語りかけているのか

〈対談〉百周年に読む文学としての『遠野物語』立読みコーナー 山折哲雄
赤坂憲雄
●物語の舞台を百年目に歩く
“伝承のふるさと”で暮らす人々 山川 徹
●怪談趣味で繋がった佐々木喜善、柳田国男、水野葉舟
“名作”誕生と、それぞれの〈遠野物語〉 東 雅夫
●物語の向こうに広がる世界
『遠野物語』を楽しむ人への読書案内 三浦佑之
●コラム情報
『遠野物語』の舞台はどんなところか
『遠野物語』とはどんな書物か
編集部
編集部

望星インタビュー この人の“実感”を聞きたい

子育て、しつけは誰のものか?立読みコーナー 広田照幸

ジャーナル

古代史の現場を訪ねる 古代東国の中心地「上毛野(群馬)」 足立倫行
宝の海を取り戻せ! 諫早湾干拓と有明海の行方(上) 早川文象
日英修好通商条約特使が見た日本 北 政巳

連載

●銀輪ノ翁、東都徘徊ス 14 伊藤 礼
●〈新連載〉柳田国男の話 1立読みコーナー 室井光広

連載コラム

●百年の日本語 『明暗』夫婦の言語力学 小林千草
●あの日・あの味 高野秀行
●名作の散歩道 松島駿二郎
●メディア分光器 水島久光
●街の記憶 安房文三
 
発行・東海教育研究所 発売・東海大学出版部
掲載記事・画像の無断転載を禁じます
Copyright © 2014 Tokai Education Research Institute / ALL RIGHTS RESERVED